« 小長谷先生の鳩舎訪問記に掲載されました | トップページ | 築山を改修し記念樹を植えたい »

2013年2月21日 (木)

集中力を高める辞書の活用

P1030419 【しだれ白梅の開花】

 学校を卒業した後、勉強は独学になります。この時に欠かせないのが各種の辞典・辞書で大きな役目を持ちます。辞書は先生代わりとなり、必要に応じてその個所を引くことになります。これにより知らないことを知ったり、不確かであったことを再確認したりします。

 私が高校1年の時、3年生の卒業式で今は亡き当時の校長先生が式辞で話されたことが鮮明に思い出されます。会社に就職しても、初めは自分の机がないかもしれないが、【常に国語辞典だけはそばに置き、決して誤字を書いてはならない】というのです。誤字をかくと教養が疑われたり、仕事における信頼関係まで左右するとの教えであったのでしょう。

 どうしたことか校長先生のこの言葉は半世紀以上経過した今でも、しっかり頭に残り、現在でも辞書を使わない日はない私です。

P1030408  左から和英辞典、英和辞典、国語辞典、漢和辞典です。どれ一つなくても困ります。

 1年前に始めたフェイスブックは、文字通り、自分の顔や自ら書いた文が日本のみならず、地球の東西南北の隅々まで直結しており、不思議なことに外国の方とも簡単に友達になれる優れものです。

 私は日本文で書いてから、同じ内容を英文で書くように努めてます。これは問題を解く英作文ではなく、自分の意志を述べる生きた英作文となり、このとき、和英辞典は確認そして再確認のため不可欠なものとなります。これを今後10年間も続ければ言いたいことの多くは英語で言えるようになるかもしれません。後10年くらいは生きられるだろう。

 【自由英作文と英会話力】は連動すると考える私です。

P1030409  学生は今でも和英辞典を使うより、英和辞典中心の学習らしいですが、学校教育も「発想を転換」し、これを逆にしたら日本人はかなり高い英会話力が身につくのではないでしょうか。英語購読と同じくらい英作文に没頭することです。結果的に発信型英語力が高まると考えられます。自分で言いたい内容を英文にする鍛練です。

 ブログを書くとき、漢字や言い回しについては時々、国語辞典で確かめて記述します。それでも誤謬は起こり、気づき次第、校正します。漢和辞典は書物を読むときに出くわす読めない漢字や、難解漢字に大いに役立ち、手放せません。一つの漢字でも音読みと訓読みがあり、生涯にわたり読み方と意味、そして用法を学ばなくてはなりません。

P1030421 【君子蘭の蕾】

 最近は小学生の集中力を高めるのに辞書引き学習が広まってるようです。これは自ら学ぶ意欲を育み、好奇心を刺激し、驚くほどの集中力を発揮するようです。その都度、漢字の読み方を親に訊く必要がないようルビ付きの国語辞典が便利で、これで今までより学習時間が継続し、言葉への興味が高まり言語生活が飛躍的に充実するでしょう。

 家族みんなで日常的に辞書を引くと新たな発見があり、家族内の話題が豊富になり、生活や学習の喜びにつながりそうです。

 子供に限らず、私たち大人も、日々辞典を引く生活は受動型生活から能動型生活に転換できるのではないかと考えます。 

|

« 小長谷先生の鳩舎訪問記に掲載されました | トップページ | 築山を改修し記念樹を植えたい »

集中力を高める」カテゴリの記事

コメント

 最近、校内でも電子辞書を使う人が大半を占めていますが、紙の辞書は紙の辞書なりに良い点があり、辞書の重みは勉学の励みになっています。
 さて、以前お伝えしましたように、定期演奏会が3月31日に行われます。(3月8日のぐんまよみうりの一面を飾りました!)
 カッキーさんのアドバイスもとりいれ、とても力強い1812年が出来上がっています。自分は右ステージでベースを左手にがんばりたいと思います。
 また、自分は高校生英語スピーチコンテストでの副賞としてバンクーバー研修を今週の土曜日から行って参ります。日付をまたいで帰国2日後に定期演奏会を迎えるという超ハードスケジュールです汗。
 学校で培った英作文能力を駆使していい経験をつんで生きたいと思います。

投稿: m | 2013年3月21日 (木) 20時39分

mさんへ
 暫くです。スピーチコンテストの結果については新聞で写真入りで知りましたが、副賞として1週間のバンクーバー研修とは驚いています。音楽と英語は受信型と発信型の両方があるので、今のままバランスを取っていくと効果があると考えてます。
私は電子辞書よりも従来の辞書を使用することが多いですが、このブログの右サイドバーにある「グーグルの翻訳」も英文の音声が出る優れものです。単語のみならず、文章も読んでくれるので、自分で英作したもの読んでくれ、ワクワクします。間違いは訂正してくれます。
3/31の定期演奏会は楽しみに伺います。

投稿: カッキー | 2013年3月22日 (金) 03時25分

グーグルの翻訳はとても便利なので、助かっています。また、ネットを渡り歩くと、ネイティブの人が3日以内で無料で添削してくれるサイトもあるらしく(ALTの先生から教わりました)英語の勉強は大変役立っています。

話が変わりますが、交響曲を毎回振って下さった先生が異動となってしまいました。おそらく桐女と並んで群馬の音楽の先生が一度は行きたい学校のオーケストラで指揮を振ることができる物理の先生は相当幸せな人だと思います。そんな思いも裏にこめられた定期演奏会になりそうです。

投稿: m | 2013年3月22日 (金) 21時05分

mさんへ
 中身の濃いバンクーバー研修になるよう祈念しております。その直後に定期演奏会とは日程的に忙しいですが、これは充実ということでしょう。

投稿: カッキー | 2013年3月23日 (土) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小長谷先生の鳩舎訪問記に掲載されました | トップページ | 築山を改修し記念樹を植えたい »