« 夫婦の絆は何気ない会話から | トップページ | 集中力を高める辞書の活用 »

2013年2月18日 (月)

小長谷先生の鳩舎訪問記に掲載されました

P1030392 【記事はdouble clickしてお読みください】

 レース鳩雑誌に登場は、イギリス・レース鳩月刊誌「ビクトリアル」に掲載されたことはあっても、日本の「愛鳩の友」誌に載ったことは殆どありません。今回、獣医師・小長谷先生が遥々群馬県高崎市の当舎を訪問され、レース鳩の疾病予防についてスライドを交えてのご教導を頂くことができ、レース鳩の健康について改めて深い刺激を受けました。

 世に犬猫の獣医師が多い中、レース鳩のみを専門とする獣医師は小長谷先生がお一人かもしれません。こんな専門の先生に直々に訪問して指導いただけることは感謝の極みであるとともに、これほど光栄なことはありません。

 今回は同じ群馬県内の鳩友ピジョンクレージーさんのお取り計らいにより先生の鳩舎訪問が実現し、久々にレース鳩の内臓に関する疾病に改めて深く研究すべきと悟りました。

P1030402  今回は愛鳩の友誌2013年3月号の138ページに載りました。身に余るタイトル「人に歴史在り」及び「人に夢有り」との見出しで、私が趣味の一つとしている英語を媒介したレース鳩による国際交流を記事にしてくださり、それは中国内モンゴルとの交流、及び「ビクトリアル」の表紙を通じて、世界の競翔家にご覧頂いたことについてです。

P1030400 鳩舎に掲げてある看板はレース鳩を飼育する私の目標であると同時に、住宅街であることから近隣の方々に、レース鳩飼育にご理解をいただくためです。このため鳩舎の外観はイメージが大切なことから周囲の樹木に溶け込むよう緑色にしてあります。

 看板の目標に沿って、それでも、昨春は「モザイク号」1羽の参加で、東日本稚内グランドナショナルレースを帰還し、連盟5位となり、目標に少し近くなってます。稚内は参加が難しいです。それは事前に700キロを体験しなくては帰還の可能性が低いからです。ですから稚内を帰還させるには「如何に700K経験鳩を作るかが前提となり」、今春もそれをめざしています。

 今回、小長谷先生のご来訪を節目として、見えない体内の状況を把握すること、そしてその対処を通じて、目先の勝負に拘らず、深遠なレース鳩の長距離からの帰巣性を磨ける飼育者でありたいと改めて感じています。小長谷先生には心より感謝しております。

|

« 夫婦の絆は何気ない会話から | トップページ | 集中力を高める辞書の活用 »

愛鳩の友に掲載記事」カテゴリの記事

コメント

カッキー先生 こんばんは。

愛鳩の友 本屋さん経由で毎月購入ですが昨日は本屋さんが休みで土曜日に読みます

小長谷先生の記事楽しみです hamanako鳩舎は昨年の3月号に載りました

昨日はトリプルワンダー号が届きました

八郷委託と昨年のゴールド賞鳩舎&連盟最優秀鳩舎へ委託します

投稿: hamanako | 2013年2月18日 (月) 21時46分

hamanakoさんへ
コメント有難うございます。いつも貴ブログを拝見しています。作出時期となりトリプルワンダーも加わって充実した交配ですね。
こちらは次回3月2日が一の関350Kです。
今年は若だけなので700Kが一つの目標です。

投稿: カッキー | 2013年2月19日 (火) 04時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫婦の絆は何気ない会話から | トップページ | 集中力を高める辞書の活用 »