« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

100日集中すれば、まとまった勉強ができる

P1030548 【源平しだれ桃】…花はすべてClick please!

 私が今までの人生において最も真剣に集中したのは数学でした。それは大学入試の受験準備で12月1日から3月中旬までのことです。その期間、丁度100日。

 というのは、それまでは入試科目に数学のない大学を希望していたからで、数学から殆どかけ離れていました。

 入試の数学は全くの0からのスタート。担任であった数学の先生に事情を伝え、勉強法を教わり、それからは明けても暮れても数学中心の日々が続き、毎晩午前3時頃までやり、1ヶ月もすると何となく分かり始め、目鼻がついてきたように思います。

 その間、昼間は他の科目である国語、世界史、英語、ピアノの練習などをやり、これらの科目はひたすら問題をやりました。

P1030544 【雪柳】

 数学は積み重ねなので集中してやったのは良かったと思います。お世話になった数学の先生はすでに他界し、今では心で感謝するのみです。

 実はそれから、20年ほどして今度は日本鳩レース協会による「距離測定試験」を受けるに当たって、再度、平素使ってない数学の問題に取り組むことになりました。それは私の苦手な対数計算が殆どです。大きな桁の掛け算は対数を使うと計算が楽とのことですが、本当に難解です。

 例えば、問題は「稚内駅から群馬県・高崎駅までの直線距離」を求めるもので、地球が球体なので球面三角法を使います。

 地方において講習会はありませんでした。自ら問題を想定していろいろ作り、2点間の北緯・東経の度、分、秒、その下の位までによって、2点間の直線距離を筆算で計算するものです。

 試験日が8月下旬だったので、このときも6月から勉強をはじめ、夏は1週間ほど苗場の山にこもって、ひたすら距離測定の問題を解きましたが、桁が多いことから、どうしても不注意でミスが多く、机の前面に、ミスしやすいことを箇条書きにして答えを出すように努めました。

 前述と同様、このときも数学は集中学習と感じました。それに比べて英語は集中して行っても、なかなか身につきません。こちらは勉強法の工夫が肝心で、100日では全然足りません。次から次へと新たな単語が出ては忘れ、再度覚えるわけですが、現実に使って覚えるなど工夫がポイントに感じてます。英語は生涯にわたり続けなくてはなりません。どうなるでしょう。

P1030538  努力の甲斐あって、距離測定の試験に合格したときは本当に嬉しかったものです。早速、乾杯です。やはり、100日間の集中は、誰でもひたすらやれば、物事に上達するのではないでしょうか。

 そういえば、全く弾けなかったピアノのバイエルも100日ほどで終えました。その後、クラシックギターも集中してやったことがあり、有名な「禁じられた遊び」が中間部の難しい部分も含め、一応、弾けるようになりました。

P1030546【カイド―】

 実は、先日の読売新聞に数学者の秋山仁先生の記事が掲載され驚きました。それは私が感じてることと全く同じだったからです。

 先生曰く「100日間ひたすらやれば、誰だって少しは上達する。」 「楽器も、語学も、数学も同じ、努力のあとに才能はついてくる。」「新たな挑戦に年齢は関係ない。」というもの。

 秋山先生は隠れた才能として、何とアコーディオンの名手です。東日本大震災の被災地で開かれた子供向けの算数教室や、フランス・パリ大学での講演会でも、弾き語りを披露されたとのことです。

 アコーディオンもずいぶん集中して練習されたのでしょう。先生の「私はまだ66歳の若者、青春真っただ中ですよ。」の生き方に、私も久々に感動を覚え、やる気が出てきました。

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

根分けして増えた君子蘭の饗宴・・・元は1本

P1030535  これが3年ほど前、隣のTさんに一鉢プレゼントしていただいた君子蘭です。

 その後、植木鉢の中に子供が毎年生まれ、ある程度成長した頃に根を出して鋸で切って親と根分けしました。それぞれ大きく成長し、今では写真の君子蘭に孫まで生まれ、それぞれが花をつけ始めてます。

P1030526 Click please!

 一見、どれが元の君子蘭であるか、また、子や孫の区別ができなくなってます。実はこれ以外にも10鉢ほどあり、ガレージの中で過ごし蕾を持ってるものもあります。全部で18鉢ほどあり全部咲くのは来年かも知れませんが、再度それぞれに子が生れれば鼠算のように増える可能性があります。

 私としては今少し増やして、人にプレゼントできるようにしたいです。すでに友人Samuel Todd宅に1年前に差し上げたところ、管理がよいのでしょう。素晴らしく成長し、やはり脇に子が生まれているので、嫁ぎ先でも増える気配です。

 ところで、こんな君子蘭であっても、育てるには不断の努力が欠かせません。その第一は【夜間の寒さに当ててはならない】ということです。秋から冬にかけての夜間の低温は成長に最もマイナスとなり、葉が枯れてしまいます。

 冬季は家の中の暖かな場所で過ごせば、場合によっては年間に2回の開花が楽しめます。私の家はもうすでにたくさんあるので、それほど入れられず、冬季期間、ガレージで過ごさせたところ、やはり夜間が寒くて葉が枯れました。冬季は家の中で過ごさせるべきと反省してます。

 土については「君子蘭の土」をホームセンターで売ってます。水も不断の努めに入ります。与え過ぎず、不足しないよう、よく観察すれば分かります。植木鉢の下におく受け皿に水を入れて下から吸い上げるように与えるといいように感じます。

P1030531  こちらは庭先にある「しだれレンギョウ」で今が盛りです。来客もこの下をくぐって玄関へ向かうようになってます。元々今は亡き父がどこかで仕入れてきたものですが、きっと、見事な咲きぶりに感銘して手に入れたのでしょう。水は年間を通じて豊富に与えてます。植物の栄養には適温と水が最もいいようです。

P1030533  こちらの水仙も父の遺作です。主人は30年前に他界しても、子孫はこのように生き続けるのですから、植物には永遠性があります。庭中にあったものを昨年、一か所にまとめました。

 ところで、鶏糞の取り扱いですが、注意を要します。決して与え過ぎないことです。鶏糞は強過ぎて枯れてしまう植物があります。大切なものには与えない方が賢明です。肥料は何気なく遠巻きに、ほんの少しです。どうしても与え過ぎてしまいます。

 同様のことは、結果を求め過ぎてしまう私たちの人間生活にも似てます。

 「離れ過ぎず」「近づき過ぎず」は成人した子供との接し方に似てます。何気なく、常に忘れずにいることを示し、会うときは笑顔で迎えてやりたいと考えてます。私は独立した娘たちと2ヶ月に1度位、高崎のお店で飲み会をするようにしてます。しかし、会計はこちら持ち。でも、損した気持ちがないのですから親子はいいものです。

 植物の親子に負けず、ますます絆を深めたいと君子蘭の親子から教わる日々です。  

 

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

世界へ羽ばたく先生

800pxmtkinabalu_view_from_kundasa_2  【マレーシア・キナバル山4095.2mウィキペディアより】

 先日、群馬ロイヤルホテルで開催された在外教育施設派遣教員壮行会にOBとして出席しました。平成25年度の任国はフィリピン(マニラ日本人学校)、インドネシア(クアラルンプール日本人学校)、マレーシア(コタキナバル日本人学校)2名、オーストラリア(シドニー日本人学校)、中国(大連日本人学校)の5ヶ国に6名の先生が派遣されます。

 日本から遠く離れ海外で生活してる日本人子弟の教育のために派遣される先生方にとって、気候、食事、風土、言語、宗教など異なる環境での3年間の学校業務と生活はきっと充実する日々になることでしょう。

 学習活動を通して、子供たちと触れ合う日本人学校での業務が第一ですが、休日などは「何でも見てやる」「何でも体験してやる」の意気込みで生活されると、海外生活がより豊かなものとなり、後々の国際理解教育にプラスになると考えられます。

P1030511  平素の学習活動を通じて、ぜひ、将来、世界で活躍できる日本人の育成をめざしてほしいです。

 これからの時代はグローバルな環境にあって、堂々と自らの意見が言える人物が求められます。正しい日本語習得と共に、語学に秀でることは国際社会では必要不可欠です。

 滞在は千載一遇の機会なので、現地の言葉を使って生活される姿が子供たちにプラスに影響すると思われます。それには現地の方々との交流が効果的です。

 拙い経験では、カルカッタ(現・コルカタ)滞在中、刺激の多い日々故に、日本のことを忘れてくる現象がありました。当時は現在の派遣制度と異なり、学校を卒業するや否やの赴任だったので、すべてが初めてのことでした。

 初月給は日本円でなくルピーで受け取り、教えることも初めて、親元を離れたことも初めて、インド料理も、ヒンディー語を聞くのも、インド音楽を聞くのも、インド女性と友達になったことも、何もかも初めてで正に別世界に漂う青年教師でした。

 今回の先生方の任国は多くが赤道近くや南半球であることから、日本と緯度がかなり違います。結果的に天体の動きには目を見張るものがあるでしょう。太陽や月が北側を通過するもの素晴らしい体験で、北極星が見えなかったり、オリオン座がほぼ真上なったり、南十字星はもちろん、シリウスに次ぐ明るさと言われる有名な恒星「カノープス」を見られるとは日本人として幸せなことです。

 ところで、私が担任した当時の児童は現在、商社に勤務し、海外が仕事場で、まさにcosmopolitan=国際人と言えます。日本人学校の児童生徒は将来、海外で活躍する可能性が高いです。

 赴任する先生は、気候と食事の違いから健康に留意され、ぜひ「国際理解教育の最先端にいる誇り」を胸に約1000日間、新天地である海外日本人学校でのご活躍を祈念いたします。

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

北京国際放送局アナウンサーの声に驚きと感動

P1030505 【しだれレンギョウ】

 以前に群馬県の地元紙・上毛新聞「ひろば」に掲載された拙文を記述します。

 先日、夜中にAMラジオで海外の日本語放送を聞こうと思い、何気なく選局したら、途端に聞き覚えのある声が耳に入ってきました。遠く海外からの放送に乗ったその声は、私が高校教員時代に吹奏楽部で教えた坂本めぐみさんです。

 以前に本紙で彼女が北京国際放送局アナウンサーになる記事が掲載されたので、そのことは知っていましたが、実際に海外からの電波に乗った学生時代と変わらぬ懐かしい声を耳にした瞬間は驚きと彼女の生き方の立派さにただただ感動でした。

P1030510 【君子蘭】

 先日の放送では、日本人向けに北京で旅行中に物を紛失し困った場合は、すぐに公安委員会に相談するのがよいことや、中国の民族音楽を解説して流していました。

P1030504【花梅・思いのまま】

 環境の異なる北京では一人で生活することさえ大変でしょうが、学生時代に明けても暮れても吹奏楽の練習に没頭した集中力と強い意思、音楽を通じての自己表現力とが後の彼女の生き方につながり、それが海外でのアナウンサーという職業に結実しているなら教師として望外の喜びです。

坂本めぐみさん、放送を楽しみにしています。   

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

果たして記念樹となるか・・・「源平しだれ」

P1030487 【Click Please!】

 先日、散歩を兼ねながら前橋農協花木センターで植木をあれこれ見ていたら、思わず目に飛び込んだのが写真の「源平しだれ」です。幹の曲がり具合や枝ぶりに魅力を感じつつも、そのときは購入するか迷いました。私としては築山に植える樹木はもう少し大きいものを考えていたからです。

P1030444  しかし、「源平しだれ」は数あれど、枝ぶりのいいものに巡り会う確率は低く、その後2~3日、家でどうするか迷ってました。

 一般論として、樹木を選ぶ基準は花の色とともに幹の形や枝ぶりが大きな比重になります。樹木の姿については1年のうちで開花期間は2週間ほどで、樹形だけ見る日々が9割以上だからです。

 この「源平しだれ」がずっと気になっていたことから本日、再度見に行ったら人に買われず無事に立っており、家で考えてたより結構大きく見えました。今度は迷いなく購入する気持ちになり、運搬するアクティーバンを花木センター内に入れました。

P1030495  「これを逃したら」の気持ちで本日は全く迷いがなかったです。代金は高崎駅前「どんどん」に数回行くほどです。暫く、お酒を飲みに行くのは我慢しましょう。

 ところが、車に載せようとしても大きく重たくて私のバンにはなかなか入りません。後ろのドアーを開けたままで枝を後ろ向きで積みました。大きな植木鉢に入ってるので推定重量は60Kほどです。

 載せるときは係の人が手伝ってくれても、家に着いてからはすべて一人で作業しなくてはなりません。車から降ろすのも一苦労。車から玄関前の築山まで約10m。途中、木々の中を通るには、「しだれ桃」の枝を痛めず引きずります。やっとのことで無事に築山の頂上まで運べました。

 蕾を持ってるので花が咲き終えるまで、このまま植木鉢に植えておき、5月になってから築山に直に植えようと思います。紅白に咲き分ける「源平しだれ」の原産地はイラン、アフガニスタンと言われてます。

340  ところで、今まで約25年間楽しませてくれた大きな「しだれ桃」(写真上)は、イギリスレース鳩月刊誌「ビクトリアル」の表紙に鳩舎と共に掲載されました。しかし、老木は昨年の猛暑と蟻により、ついに枯れ残念でしたが、生物には寿命があります。この「しだれ桃」は両親から私たちの時代になった記念樹として植えましたが、妻も8年前に亡くなり、その役目を果たし終えたのを知ってるかの如くです。

 そして、今度は「源平しだれ」を植えました。大きくなるには年数が必要です。記念すべきことより記念樹を先に植えましたが、新たな人生の節目としての「記念樹」になるでしょう。

 前述の通り、樹木も巡り合わせがあり、よいものは確保しておく必要があります。記念になる対象と順番が逆ですが、そのうち答えが出るでしょう。

P1030485  現在、庭は梅林の如く色彩豊かさを呈していますが、近未来は、これが咲き終わると桃の節句に「源平しだれ」が咲くでしょう。桃の節句はあくまで、旧暦の3月3日頃なので今年は4月12日前後に咲くと想われます。

P1030500  追伸:翌日天気が良かったので植木鉢から出し直に植えました。黒土と腐葉土の築山です。これから成長を見守ります。

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

自分が書いた英文がネイティヴの音声になる

P1030470  【庭に咲く満開のしだれ紅梅】

 最近はフェイスブックに慣れましたが、日本語と英文で書くようにしてます。それは一瞬にして世界の隅々へ広がるフェイスブックでは、日本語が占める割合は約2%と推測されるからです。以前に私の家にホームステイしていたニュージーランドの友人ともフェイスブックで交流してます。

 英文で書くことは英作文です。学生時代は難しい英作文の問題を解くものでしたが、実は、英作文は英会話に極めて共通する要素であるように思えてなりません。英会話上達には平素から英作文をすることが意外と効果があるかもしれません。

 英作文も英会話も自らの意志を英語で伝える点では同じで、一方は文字で、一方は音声で伝えることです。両者は手段が異なるだけで発信という面では同じです。英会話上達には自らの意志を英作文にすることはとてもよいと思います。

P1030474 【紅白に咲き分けてる思いのまま】

 ところで、英作文と言っても、近年はコンピューターに優れた翻訳機能があり、驚きを隠せません。機械が人間の意志を多くの言語に翻訳してくれます。

 【なお、驚くことはネイティヴによる音声付きです。】

 そのお陰でしょうか。このブログの管理画面を開くと、時々オランダやフランスなどからのアクセスが認識できます。おそらく、拙いブログを自国の言葉に翻訳して読んでくださってるのでしょう。誠に嬉しい限りです。英語圏からは毎日アクセスがあります。1日400~500件のアクセス中、外国人からと想われるアクセスが1割ほどです。

 言葉の壁がなくなりつつある時代でしょうか。しかし、本来は機械に頼らず、自らの言語中枢を鍛えて日本語以外に1ヶ国語を自由にしたいものです。1ヶ国語でも遠大で、自由に使いこなすには果てしない茨の道となり、生涯を通じて取り組むことになります。

P1030475 【1本の木が紅白に咲き分けてます。私たちも2ヶ国語は自由できたいもの】

 しかし、翻訳機能を効果的に活用すれば、自らの意志が世界の人々に伝わることになり、夢のような現実があります。このブログのサイドバーに「グーグル翻訳」があります。

 例えば、このブログの文章の一部をドラッグしてコピーし、「グーグル翻訳」をクリックし、左の枠内に張り付ければ、右枠内に英文に翻訳されます。下のスピーカーをクリックでネイティヴによる音声が聞ける優れものです。

 私はフェイスブックの英文のところをネイティヴの発音で楽しんでます。おまけに、スペルミスなど直してくれます。自らの英作文がネイティヴの音声で聞けるとは誠に嬉しいものです。

P1030461  現代は日本にいながらにして努力次第では英語が上達する環境にあるのではないでしょうか。辞書は優れたものが備わり、後は外国の方と交流する積極性や勇気と考えられます。VOA learning Englishなどコンプューターの優れた機能を享受するとともに、生の人間に触れて交流する両面がいいと考えます。 

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

TOPIXが1000の大台に乗る・・・4年5ヶ月ぶり

P1030458 【庭の花梅・鹿児島種】

  リーマンショック前の水準(2008年9月12日終値12214円)に迫る日経平均株価は本日、12000円台で推移してます。

 一方、全銘柄の値動きを示す東証株価指数TOPIXは昨日1003となり4年5ヶ月ぶりに1000の大台に乗りました。

 本日・午前中は1009で推移しており、この勢いは景気の持ち直しに期待がかかり、投資マネーが株式に流れている結果と考えられます。

 P1030459 【しだれ紅梅】

 ところで、7日のニューヨーク株式市場【日本時間8日午前6時】のダウ平均株価は14329.49ドル、ナスダックは3232.09を示し、連日・大幅高となってます。

 このようなアメリカ株高背景にはFRB=Federal Reserve Board=米国連邦準備制度理事会の金融政策報告でバ―ナンキ議長が先週、金融緩和を続けることを明らかにし、投資家に安心感が広がったのでしょう。

 同時に、日本でも日銀の次期総裁候補・黒田氏が所信聴取で「すで決められた金融緩和では不十分」とデフレ脱却に強い決意を示したことから、市場では緩和策に大きな期待が高まっていると考えられます。

P1030465 【白梅しだれ】

 関連して、最近では不動産株が値上がりの様相を示し、連動してJ-REITが値上がりの気配となり投資家の注目を浴びてます。

 世界経済は日本の深夜に刻々と推移します。連日の動向を観察すると、世界株価の推移は特にインドの結果が大きく作用すると見受けられます。

 それが欧州各国へ連動し、そしてアメリカへと日本時間午前6時に、一連の世界経済の流れが認識できます。3時間後はドル円の為替推移と相まって日本経済が動き出します。

P1030456  TOPIXが1000を超えたことは本当に暫くぶりです。これは日本のみならず、低迷していた世界経済が徐々に持ち直す指数とも言えそうです。

 Abenomics=Abe首相のeconomicsは日本経済のみではないようです。世界まで景気回復への期待が高まってると見ます。

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

寒冷のため例年より1ヶ月遅く交配・・・レース鳩

P1030451_2 【昨春・稚内を記録したモザイク号は種鳩に】

 当地・群馬県も低温の日々が続き、レース鳩の交配を3月1日に行いました。例年は立春開けの交配でしたが、ずいぶん待ちました。それでも季節は三寒四温を繰返し、日照時間が伸びてるためでしょう。♂がグーグー鳴き始め動作を観察すると、すでに気配は交配の時季に到達しているようです。

 年末から最近まで、交配の組み合わせを考えてました。主眼は、長距離系(700K~1000K)には長距離系を、短距離系(200K~400K)には短距離系を交配し、中距離500K~600Kは両系統に頑張ってもらいます。

 当舎では「スチール号」の直仔や孫が多いので、近親になりやすく気を付けてますが、余り近くなければいいとしました。今回はスチール号の「孫×直仔」及び「曾孫×直仔」の組み合わせがあります。それほど近い近親ではないので選手鳩として作出します。

 ウィキペディアによると、【競走馬では4代前祖先(6.25%の血量)と3代前祖先(12.5%の血量)が共通の馬となる場合「4×3のインブリード」といい。そのときの血量は6.25%+12.5%=18.75%となり、これをとくに”奇跡の血量”と呼ぶ。】といわれてます。

 レース鳩ではだいぶ薄い近親ですが、代が下がったら実践する価値があります。あるチャンピオン鳩の曾孫(孫の子)と玄孫(孫の孫)で交配します。  

P1030449_2  巣房の決め方は昨年♂が使った巣房を同じ♂に使わせると楽に決まります。♀も昨年の巣房を忘れずにいるものです。元の巣房に戻るようであれば、べニアで以前の巣房を一時的に隠すと効果があります。そして幾度も出入りを繰り返せば新たな巣房に愛着が生まれます。

 飼育者は交配したら【2~3日間はよく観察】し、確実に巣房を覚えさせるよう教え込まなくてはなりません。さもないと大混乱に陥り、ひどい場合は大切な卵を割ることにつながります。

 当舎の巣房の配列は3段5列です。5列は幅があるので、ご覧のように途中に仕切りをつけてあります。これで「2と3」や「7と8」は間違いません。また、巣房に馴らすには順番に馴らします。

 閉じてある巣房は中で待機中です。これを交互に行い、離れた巣房の入口を次第に開けていきます。この方法で3日もすれば全部が己の巣房に愛着を持ち産卵まで混乱することはありません。

P1030447 これは北側の巣房です。左側の巣房の中は巣皿が高い位置にあります。この方法はお薦めです。四角の木の枠に巣皿がはまっているだけです。巣皿が落ちたことはありません。

 理由は巣皿の底が乾くためであり、巣皿の底に吸血虫が住みつくことが予防できます。巣皿の下に板があると、どこから来るのか吸血虫が入ります。

 それでは主な長距離系5交配を記します。

1、モザイク号(稚内記録連盟5位)×香山氏作ネナ号(バルセロナ・ペルピニャン上位記録)直仔

2、ランボー号(04年バルセロナIN総合優勝)2重近親・ミスバルセロナ号(バルセロナIN総合優勝2重近親・バルセロナアルド号(バルセロナIN総合優勝)の集大成ピジョンクレ―ジ―鳩舎作×香山氏作デ・ヨング89号(バルセロナ・ベルピナン上位)孫・スチール号孫 

3、ベストテ―レン号直仔×スチール号近親系 

4、ボルドーマーチン号直仔×スチール号直仔

5、ブラックサハリン号孫×スチール号直仔

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »