« 今がチャンス!・・・春の大曲線・春の大三角 | トップページ | 今でしょう! »

2013年5月 9日 (木)

料亭の女将が出てくる雰囲気に・・・玄関への敷石

P1030693  一人暮らしの私にとって夢のようなタイトルですが、最近は毎日、玄関への敷石を創意工夫しながら整備しています。石は家を建てたとき庭石の専門家が並べたもので、21世紀と共に造りました。しかし、13年経過し、敷石の周りはドクダミが繁茂し、長野県諏訪近くの切り石という折角の価値ある品が鑑賞に値しなくなっていました。

 一個の重さ推定200Kgほどで、石は素人の力ではとても動くものではありません。周囲を掘って雑草を一掃し、敷石が存在感を表わすように努めても、出土する土の量はかなりあり、その中に「龍の髭」やドクダミの根がはびこっていて、その都度「ふるい」に入れ土と細かな根を選別しました。

P1030695 【右は父が40年ほど前に使っていた「ふるい」】 

 亡父も庭いじりが好きでこの「ふるい」を使っては砂と小石に選別していました。時代が経過し、息子である私が同じことをしているので、親子で似ていると「ふるい」も笑っていることでしょう。左が大変に便利な「三角ホ―」で、先が尖ってるので隅々の草や土をほじるにはいい道具でお薦めです。

P1030690    本日まで、とりあえず作業が終わった所は未だ玄関から庭先までの半分で、明日からまた作業を続けます。しかし、これが思いもよらず良い筋肉トレーニングになってます。というのは大きな「ふるい」に土をいっぱい入れると重く、腕の筋肉や大胸筋を左右に揺り動かし、これを何十回と繰り返すとエネルギーを使います。

 ところで、敷石の周囲をどうするかについては、二通り考えられます。一つは細かなきれいな石を敷き詰めることです。それにより敷石が浮き上がって見えるかどうかです。もう一方は、一面「草花の園」にするかです。

 しかし、草花はどこにも植えられるので、きれいな色の小石を敷き詰めた方がタイトルのごとく「料亭から和服姿の女将がお待ちしてました」と出てくるような感じかなと思います。・・・まるで夢のよう。

P1030698  作業は未だ半分道中なので、明日からまた、埋もれた敷石の周囲の土を掘っては「ふるい」にかけ、敷石が浮かび上がるようにします。

 専門の庭師に依頼せず、素人が創意工夫で行なうのも頭の体操になります。それにも増して、施工費が0円とは何とも魅力で汗もかき筋トレになって、敷石だけに一石二鳥です。・・・座布団2枚。  

|

« 今がチャンス!・・・春の大曲線・春の大三角 | トップページ | 今でしょう! »

エクステリア」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
清々しい汗を沢山かいているようですが、健康的ですね。しかし今日も大変暑くなりました
ので身体きおつけて頑張ってください。
小生も庭木の剪定を始めましたが疲れた・・。

投稿: 0253se | 2013年5月 9日 (木) 19時46分

0253seさんへ
 敷石をきれいに完成させたい目標があるので頑張れます。毎日少しずつにします。続けていればいつかは終わるでしょう。明日は両側を2mほど行います。
今は樹木がどんどん伸びて生き生きしてます。剪定がんばってください。

投稿: カッキー | 2013年5月 9日 (木) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今がチャンス!・・・春の大曲線・春の大三角 | トップページ | 今でしょう! »