« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

ドレーク海峡の不思議

Photo_2  【Earth viewより転記】Click please!

 世界地図を見て、日本の対蹠点=antipodesに近い南アメリカ大陸の最南端ホーン岬と、南極半島の最先端は同じように弓なりの地形を成し、西から何かに押され、東へ引っ張られてるように感じてましたが、最近、海底地図を見て、その成り立ちがより不思議に思えるようになりました。

 この海峡の幅は800Km程といわれます。イギリス航海士ドレーク=S. F. Drakeの名に由来し、1914年完成のパナマ運河開通まで太平洋と大西洋を結ぶ重要な航路であり、世界一幅の広い海峡といわれます。

 ここドレーク海峡は南緯60度付近であることから、南極圏=南緯66°33′39″より少し北に位置し、相当に寒冷で今は真冬であることから、海氷が辿り着くといわれます。有名なマゼラン海峡はドレーク海峡より少し北になります。

 海底地図では、ドレーク海峡の海底は太平洋から大西洋へ押し出されてるように見え、その最先端は浮き上がったように、しかも、弧を描くように散在する小島が数個存在し、これらはサウスサンドイッチ諸島と呼ばれ、その名の通り、太平洋プレートと大西洋プレートに挟まれてるように見え、島々は火山といわれます。

 何千万年、何億年、何十億年前という遠い先史時代の地殻変動によってか、あるいは長期にわたる激しい海流の流れによって、このような陸の地形や海底になったのでしょうか。

Tharpmaplarge 【World Ocean floorより転記】Click please!

 ところで、私たちは海底を見ることができませんが、現在は海底の様子がほぼ分かってるようです。世界の海底の山脈・いわゆる海嶺は、特に大西洋では南北アメリカ大陸に沿って、同時にヨーロッパやアフリカ大陸に平行するように走っており、それはインド洋から太平洋につながってる海底の不思議な山脈です。

 南太平洋で一部ずれてるところが見られます。現代の大陸の生い立ちや、比較的近いことからドレーク海峡の成り立ちに関係してるのでしょうか。

Photo_2 【京都市情報館より転記】

 近年、話題になってる「南海トラフ」の構造も海底地図で理解しやすいです。大地震と海底は大きく関係するので、日本を取り巻く海底地形を知ることは「私たちが住んでる本当の位置」を理解する一歩と言えます。南海トラフは高く長い崖のように見えます。

| | コメント (2)

2013年6月24日 (月)

倉賀野小学校・校歌は極めて秀でたメロディー

P1060161_20191201053201 【群馬県高崎市立倉賀野小学校】

 半世紀ほど前に倉賀野小学校を卒業し、現在も倉賀野町に住んでいることから私はボランティア―活動に取り組み、倉小児童の登下校の安全を期して、時々1時間ほどグループで通学路を巡回してます。

 また、年に数回行われる集団下校にも参加してます。これは全校児童が地区別に幾つかの集団に分かれ、列を組んで一緒に帰宅する訓練です。この集団訓練をしておけば、いざというとき効率良く慌てず、無事に帰宅できることにつながります。一方、私たちはこれらの機会を通して、子供たちと触れ合うチャンスに恵まれてます。

 しかし、この集団下校の光景を目のあたりにすると、本当に少子化なのだろうかと思うほど、たくさんの子供たちの数に驚かされても、国全体では減少しつつあるのでしょう。

 P1030922  ところで、歴史をひも解くと、現在の倉小校歌は中村孝也作詞、井上武士作曲によるもので昭和9年に制定され、その後、歌詞のみ現代用語に改められたものが現在、歌われてます。

 一方、私が倉小のときは、どういう訳かこの校歌を一度も教わりませんでした。おそらく当時の歌詞が原詩であったことから、子供たちに難解だったのではないかと考えられます。その代わりに、何かの式典の折、校歌として歌った思い出の歌があります。

 それは「赤城の山に春霞」の歌詞で始まる歌で今でも覚えてます。おそらく明治・大正時代に倉小校歌として歌われた昔の校歌ではないかと推測します。

P1030930  写真は体育館が完成した頃の音楽教育の表れでしょうか。体育館の外壁の周囲には校歌の音符が一周して掲げられ、大変に珍しい光景です。一般的には校歌の歌詞が掲げられることはあっても、楽譜をこのように体育館の外壁にめぐらす学校は稀で希少価値があります。このアイディアは画期的で倉小教育に芸術的な崇高さが窺えます。

 へ長調4分の4は子供たちの声域に適し、旋律は「チューリップ」「うみ」を作曲した群馬が誇る作曲家・井上武士であることから倉小のために気持ちを込めて素晴らしいメロディーを創作したことが感じ取れます。私はすべての小学校の校歌を存じてませんが、倉小の校歌のメロディーは多くの小学校の中で抜きん出てるでしょう。それは芸術性に非常に富んだ旋律だからです。

 その原因の一つに「ドレミファソラシド」をすべてを使わない日本的音階で出来ていることが考えられます。具体的には音階の「シ」の音=実音Eの音が省かれてます。これが私たち日本人に歌いやすい理由の一つと思われます。

P1030931 ところで、私は一人暮らしであることから家には倉小の子供はいませんが、倉賀野で生まれ、倉小を卒業し、倉賀野で育ったことから暫くは後輩の登下校の交通安全に、地域の一員としてしっかり巡回し、未来輝く子供たちの逞しい成長を期して、これからもパトロールを頑張ります。

  

| | コメント (4)

2013年6月20日 (木)

梅雨時のレース鳩飼育は作出、掃除、馴致で多忙

P1030881【Value pigeon鳩舎作ランボー号の直仔×孫による近親 】

 写真の鳩は12年生まれの♂で自己主張が強く、毎日の観察で頼もしさを感じます。長距離の種として期待の1羽です。現在、6羽目の雛を育てていても疲労してる様子は見受けられません。

P1030876  こちらは昨年度・東日本稚内GN1039Kを記録し、連盟5位になったモザイク号♂で、ご覧のように3番仔を育雛中です。この鳩は飼い主に対して従順で、捕まえるとき逃げません。

 今後はランボー号系とモザイク号の2羽を軸に長距離系の作出に努めますが、交配雌との相性もあるので、血統的裏付けのある♀のセレクトが必要となってます。2羽とも若いのでいろいろ交配を試みます。モザイク号にも6羽目の雛が誕生しており、この中から北海道・デカ橋鳩舎に1羽行くことになってます。

P1030870 【モザイク2世号】

 昨年、モザイク号が稚内帰還後の6月に誕生した♀です。種用に作出したのですが、適当な♂がいなくて今春は種として使いませんでした。母はブラックサハリン号孫なので、今後、長距離系として期待する1羽です。目は鋭く、立ち姿は安定してます。

 立ち姿の良いのは身体全体の重力のバランスが釣り合ってると考えられ、長距離でも疲労が蓄積せず、長時間の飛翔に適してると考えます。この他、スチール号直仔8羽も、すべて若いので暫く作出できます。

P1030872  ところで、タイトルの如くレース鳩飼育は1年中、休みなしです。レースが終わった現在の6月は特に忙しいです。それは雛の作出が最終段階にあり、誕生した雛たちを選手鳩鳩舎に馴致する作業があり、これには神経を使うものです。

 鳩舎に馴らすには特に最初の日が肝心で、鳩を驚かせることがあってはなりません。鳩は大きな音に敏感に反応し、高く飛び上ると戻れないことが起こるからです。

 最初の日は鳩舎の周囲のみで入舎を覚えさせます。初馴致はどんよりした曇りの日が好都合です。生後35日目から40日目であればあまり飛べず、また、下に落ちることもなく、チャンスです。鳩はこれより成長してからも鳩舎に馴れるものですが、成長してしまうと最初から飛び過ぎることになり、戻れないことが起こりやすいです。また、どんよりした天候の日は猛禽の襲来が少ないです。

P1030886 一方、6月~7月ともなると新たな天敵の心配があります。

 レース鳩の天敵は大空ではハヤブサ、鷹など猛禽類で、地上では猫です。鳩舎内ではイタチや蛇の侵入があり、蛇は生まれて間もない雛を狙って、網など狭い穴から侵入します。住宅街でも出没するので油断はなりません。そのほか、蚊の侵入も鳩の健康を害するので、細かな網を窓に張り巡らすと防げます。・・・【写真1番目参照】

 梅雨期の管理では、鳩舎内が湿気やすいので育雛中の巣房を中心に乾燥状態を保つことです。巣房内の掃除はまめに行ない、雛の健康のために巣皿の底を常に乾燥させてやりたいものです。当舎では写真の上から2番目のように工夫してます。

 また、餌については、トウモロコシを中心にカビが生えやすく、梅雨の晴れ間の天日干しは効果があると考えます。梅雨時にあって鉱物飼料の中でもレッドストーンは整腸に有効と感じてます。 

|

2013年6月17日 (月)

極楽浄土のような「ねむの木」・・30年ぶりに開花

P1030858 【クリックしてご覧下さい。】

 子供の頃に「ねむの木」があり、今の地に引っ越してからも両親の好きな「ねむの木」が植えてありました。時折、咲いていたのですが、当時の私は若気の至りで、あまり興味がありませんでした。

 しかし、母の往診に来た医師が高いところを指差し、「ねむの木」が咲いてることを同行の看護婦さんに教えてていたことが思い出されます。

 両親がこの世を去ってから15年ほどして以前の家を解体する折、庭の樹木の一部を伐採する必要から「ねむの木」も切ってしまいました。

 21世紀と共に今の家を新築し、その後、最近になって庭の全く別の場所に幾本か「ねむの木」が生えているのに気がつきました。友人にプレゼントもしましたが、残った1本が近年めきめき成長し始め、それはシャクナゲなど周囲の樹木に水遣りをしたからのようです。

 夕刻になると葉を閉じ、早朝に開く特徴ある性質に魅せられ、それを鑑賞の対象としてましたが、もしかして近未来に開花するのではないかと密かに期待感が生じ、ここ2年ほどはしっかり水遣りしたら、ずいぶん枝が張りました。

P1030868  そして、ついに一昨日6月15日の夕刻咲き出し、心から感動しました。季節は梅雨の真っ最中。写真のように極楽浄土を想わせる何とも例えようのない優雅な雰囲気を醸し出しています。花弁の形態から英語ではsilk treeと表現するのが頷けます。

P1030859  すでに5つ咲いてますが、枝についてる蕾は数え切れないほどで樹勢はいいと感じます。やはり自然に生える植物は自らの適所を知ってるのでしょう。

 植物は種類によって日当りを好むもの、シャクナゲのように半日陰を好むものがありますが、「ねむの木」は日当たりのよいところを好みます。そして、多くの水を与えるとどんどん成長することが分かりました。

P1030857 花のすぐ近くに膨らんで見えるのが蕾です。これから暫くは開花が楽しめそうです。夏にかけて花の少ない時季に有難いプレゼントです。

 それにしても、昔あった「ねむの木」の子孫で、暫くして種から生えて成長し、開花につながるとは生命のバトンタッチほど不思議なことはありません。人間も両親から私の時代に世代交代し、「ねむの木」も30年ぶりに開花です。

 街中ではあまり見られないのでお近くの方はご覧においで下さい。

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

名曲喫茶「あすなろ」の復活に感銘!

P1030846_3  クラシックファンの減少や中心市街地の衰退に伴う厳しい経営により、昭和57年、惜しまれつつに閉店を余儀なくされた高崎市の名曲喫茶「あすなろ」が、この度31年ぶりに復活と聞いて、早速、開店3日目の本日行ってみました。

 学生時代に音楽センターで行なわれた演奏会の帰路に、幾度か立ち寄った記憶があり、当時もクラシックの流れる喫茶店は殆どなく、格調高い雰囲気が脳裏に刻まれたままでしたが、この度「あすなろ」が蘇り誠に嬉しく思う一人です。

 復活といっても、年数が経過したので果たして内部はどうかと気になりました。しかし、全体的な雰囲気はハード面もソフト面も昔の精神が継承され、インテリアは全体的に落ち着いてます。

 店内に入るや聴こえてきたベートーベンの第7シンフォニーに安堵です。店の近くにはシンフォニーロードも走り、音楽の街・高崎市が名実ともに市民のものになりつつあるように感じます。「あすなろ」の建物は市が改修したとのことです。

Dscf0085  現在でもクラシック音楽が聴けるカフェは見当たらず、待ちに待っていた感じです。砂時計と共に運ばれた紅茶を飲みながら一人静かに味わいつつ時を過ごしていると、女性店長Yさんが私のテーブルに来られ、暫し話ができました。

 店長さんが生まれる以前に、昔の「あすなろ」は閉店していることから、その全体イメージの把握は想像に頼るのでしょう。また、往年の客に話を聞くなど「あすなろ」本来の姿を真剣に模索されてるようでした。

P1030844  このcafe「あすなろ」は地元・高崎経済大学学生らでつくるNPO=non-profit organizationが運営し、約40名の学生さんが曜日と時間を決めてバトンタッチして仕事に携わるとのことです。店長さんもOGで、すでに社会人として接客業など経験され、経営は間もなく軌道に乗ることと思われます。

 私がこの女性店長さんに感銘を受けたのは、初対面にもかかわらず、気さくに今後の方針や苦心談を話されました。

 それは往年の文化の拠点復活といっても、現代は客のニーズが異なり、シャンソン、ジャズ、ニューミュージックも流してほしいという客もいるとのことで、その塩梅をどうするかとのことです。また、流す音量の好みもまちまちとのことで、理想と現実の狭間のようであっても、この店長さんなら、必ずや最善の方向性を見いだせるものと感じました。それは豊かな接客経験と、とりわけ明るいお人柄が伝わって来たからです。

P1030843  しかし、やはりここが文化の拠点・名曲喫茶復活の難しいところ。

 これは31年以上前の「あすなろ」も同様だった筈で、今回も、クラシック人口の減少や、厳しい経営から少しでも脱皮するには、客のニーズの音楽ジャンルを時間別に設定たり、あるいは曜日によって応えるなど、クラシック以外を効果的に流す糸口が見つかるのではないでしょうか。客は次第にそれを知って行くようになるでしょう。

 往年の「あすなろ」の最大の特徴はクラシック専門の喫茶店であり、復活後も【同じ時間帯にクラシックと大衆音楽をチャンポンに流さないことが基本】で、例えば、金曜・土曜の夕刻からはクラシック以外も流したら若い人にとっても、クラシックファン以外の方のニーズにも合致するでしょう。

 店長さんのこの点に対するお悩みはいつの時代にも存在し、時代を超越するものです。昔の作曲家たちも、夜は酒場で大衆受けする音楽をピアノで弾いたりして、経済のためには望まないことも渋々取り入れ、家計をやり繰りしたようです。もしかして、現代の音楽家にも似たことはあるかもしれません。

P1030839

 「あすなろ」店内にはインターネットが設置してあり、これはとてもいいアイディアです。また、時折、講演や生演奏の催しもあり、「あすなろ」復活にとてもワクワクする一人です。前途を心より祝します。  

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

19才のシンクロ号♂に血が入る

4169_2 【95東日本チャンピオン翌日記録したシンクロ号】

 昨年は1羽の雛も作出出来なかったシンクロ号に今年は3番仔でやっと血が入り、2羽の雛が生まれてます。1回目と2回目の卵は無精卵でした。脚環は10年ほど前に外しましたが、血統書は取ってあります。シンクロの羽色はアメリカ・フランクキタ鳩舎のブラックイーグル系から来てます。若々しさは飼い主に似てるのでしょうか。

P1030819 【当舎作翔シンクロ号の血統書】

 東日本チャンピオンレース放鳩日の翌日、私は仕事で職場を抜けられず、当時は手動記録器のため打刻は帰宅後の夕方6時頃でした。何時に帰還したかは謎となってます。

 シンクロ号の毛並みは「シルクタッチ」のため肌触りは珍しい感触です。なぜ長寿なのか、理由は思い当たらなくとも内臓が健康なことは確かでしょう。写真は近年撮影したものです。私はレース鳩の健康度については脚の踏ん張りや、全身の姿勢で判断することから、シンクロ号の姿勢は良いように感じます。時折、舎外に出します。

 ところで、私たちがレース鳩から学ぶことは無いとは言えないでしょう。このように長寿で血が入り、しかも、長距離を記録している鳩はあまりいないので健康長寿の秘訣を教わりたくとも話してくれません。神経質でないことは確かです。ウーウー鳴いたり余分な動作はしません。健康だからこそ、羽幌~高崎間930K翔破でき、19才にして血が入ると考えられます。

 この世に生まれてくるレース鳩のおよそ半数は猛禽類の犠牲となって生後1年以内に生命が尽きることや、優勝した鳩でも次のレースで未帰還となることもあり長命とは限らない点を考えると、シンクロ号の日頃の動作、生活習慣から人間が学ぶことはあるように感じてます。

P1030830  一方、こちらが交配鳩で灰の♀です。こちらも今年10才の老鳩です。6月になって今年初めての雛を温めてます。作出者は日本鳩界で著名な茨城県・高塚久雄鳩舎です。父は高塚鳩舎作翔「稚内ブルー号」=02年東日本稚内GN総合3位で、母方の祖母は96年同稚内GN当日総合優勝「ミラクルクィーン号」です。血統としては長距離系で当舎としては貴重な血です。

P1030826  この餌は生後2週間までを目安に与えてる仔鳩用の餌で、豆と小粒主体です。色がくすんで見えるのはベルギー輸入「ミネビタン」を塗しているからです。仔鳩の成長にとって「ビタミンとミネラル」は大切な栄養素と考え、餌に塗すことが効果的な与え方と思います。2週間を過ぎたらトウモロコシの入った混合飼料に変えます。

 このペアは来年は血が入らない可能性があるため、今回生まれた雛2羽は長距離として、しかも、シルクタッチの可能性が高いので種に残す予定です。仔鳩のとき、ビタミンとミネラルを多めに摂取させ、レース鳩として強靭な内臓と骨格を期待したい。

|

2013年6月 6日 (木)

夏至の日に南極大陸はすべて夜ではない

Photo 【友人Samuel Toddさんが水沢山で撮影した今年の初日の出】

 地球が秒速29Kほどの速さで公転軌道上を、北極星側から見て、反時計回りに移動してる日本時間6月21日14時04分の瞬間が夏至と計算されており、この瞬間に太陽黄経は春分から丁度90度になります。

 夏至の日は日本では梅雨の最中にあり、昼の長さが1年で最長であることが実感しにくい面があっても、群馬県前橋市の6月21日夏至の日の入時刻である19時05分から、日の出時刻4時26分を差し引くと昼の長さは14時間39分です。これは1日の61%が昼で、39%が夜です。

 ところが、1年のうちで最も早い日の出時刻、及び最も遅い日の入り時刻は夏至の日ではなく、それぞれ夏至から4~5日ずれてます。

 夏至の日の前橋市の日の出は4時26分で、6月9日~6月17日までの日の出は4時25分と1分早いです。日の出に関しては、夏至より数日前の方が早いです。

 一方、夏至の日の入は19時05分で、6月25日~7月2日までの日の入は19時06分と夏至の日より1分遅いです。日の入りに関しては、夏至を過ぎてから更に遅くなります。

Photo_2 【Earth Viewより転記】本日の日本の日出・Click please!

 今の時季は北極海を中心に北極圏全体が1日中、昼間であり、北極圏に近い地域では白夜です。一方、この時季の南極圏以南は逆に1日中、夜です。

 しかし、南極大陸でも、尾のように飛び出てる「南極半島」はチリの最南端ホーン岬に近く、今の時季でも太陽の姿が見られると考えられます。それは南極圏=南緯66度33分39秒55(2000年時点)より北に位置するからです。

Photo_3  【6月21日北半球が夏至の日の南極大陸】 

Photo_3 【6月21日北半球が夏至の日の南極大陸】

 地球から見て太陽の高さが変化し、四季が起こるのは地軸が公転軌道面に対して1年中23°26′21″45ほど傾いていることに因り、この傾きは人類が生存してる間は変化しないでしょう。

 しかし、今後、何百万年と天文学的な年数を経ると地軸の角度が変化したり、北極と南極の位置が変化することも起こりうることで、この結果、太陽、月、星座の動きが現在と異なり、気象が大幅に異なると推測します。

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

乗れば乗るほど味の出る車・・・Audi TT Quattro

P1030518 【高崎市吉井町の太陽光発電所で】・・・Click please!

 暫くAudi TT Quattroについて記事を書きませんでしたが、購入以来4年が経過しても、走行距離はやっと3万Kです。年数にしては距離が延びません。乗るのは週2回ほどで、仕事やお使いに使うことはあまりありません。車幅184㎝であることから狭い道や混雑してる道路を通過することを避けてます。

 いわば調整のために群馬県内の幅員ある国道や高速道を走り、例えば、最近では関越道で仏岩「鈴の森」温泉へ、また、北関東道を経由し、東北道で那須へ行きました。上信越道も含め群馬県内には4本の高速道が走り、県外へ行くには便利です。

 昨日は高崎市を取り囲むようにある倉賀野バイパスから西へ、城南球場経由で高前バイパスを北上して前橋へ行き、帰路にアウディー高前支店に立ち寄りました。

 現在、高前支店では敷地内に新店舗を建設中で、そのため駐車スペースがあまりなく、珍しく玄関前にバックで駐車し始め途端に、受付嬢の麗しいNさんの姿がバックミラーに映り、丁寧に誘導していただき有難かったです。

 新店舗は秋に完成らしく、完成後の大きな写真が工事現場に飾られ、それはモダンな雰囲気です。職員の方々も新たな職場の早期完成を待ち望んでおられることでしょう。新店舗は高前バイパス側から見ると目立つ展示場になるのではないでしょうか。

 この日は日曜日であることから、店内に客も多く、私は展示してある車を見て回ったり、アウディー車関係の雑誌を見ていたら、先程、誘導してくださったNさんがおいしい紅茶を入れてくださり、少し話ができました。

P1030282 【牛伏山山頂より武尊山・赤城山を望む】

 この車の特徴は動きが機敏であることでしょう。245-40-18の前輪が運転者の気持ちに素早く反応し、空いてる車線への変更や、ダッシュ後、引き続きSに入れると加速に手応えあり、ルームミラーに映る他車が小さくなります。

 一方、四輪すべてが常時駆動することから高速走行では横揺れがなく、安定性は抜群です。デジタル表示の速度計を見ると、予想を超える数値を表示し、すぐアクセルを離しエンジンブレーキで減速です。

 また、オートマであっても、手動に切り替えられることから、高速道においてエンジン内の煤取りは轟音となり、5分ほど心地よい響きが味わえます。その後の調子は一般道においても、なぜか動きが快適で、コレストロールが取れた人間のようです。

 最近では運転に慣れてきたので、タイトルの如く、この車の味わい深さを感じてます。しかし、一方で、このように慣れてきた時こそスピードが最も危険であることを肝に銘じてる日々です。

603 【アルカリ性の猪田温泉】

 私が安全運転のために励行してる点は次の通りです。

 第一に、車間距離です。前方に走れるスペースが十分にあることです。原則は時速と距離の数値の一致です。例えば、高速では時速100Kで車間距離100mです。一般道では前方のみならず横にも後方にも、他車が近くにいない状況を作ります。

 第二に、時間的に早めの発出で、走行は速めず、運転中【心に焦りが起こらない】ようにと事前に洗脳します。常に早め早めのブレーキは追突を受けないための鉄則です。

 第三に、交差点は目的地を異にする車や自転車そして歩行者が出合います。一つのことばかり気を取られていると、他のことが疎かになります。徐行して状況のすべてを把握します。交差点を曲がるときは自転車と歩行者から目を離してはなりません。

 不思議なことに、人間とは【運転すると性格が変わる】ことが往々にしてあるものです。それは他車の動きによって起こりうる心理です。いついかなる時も、冷静さと車間距離は安全運転の核心と思ってます。  

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »