« 倉賀野小学校・校歌は極めて秀でたメロディー | トップページ | 多くの水が必要な鉢植えの藤・・・本日植え替え »

2013年6月27日 (木)

ドレーク海峡の不思議

Photo_2  【Earth viewより転記】Click please!

 世界地図を見て、日本の対蹠点=antipodesに近い南アメリカ大陸の最南端ホーン岬と、南極半島の最先端は同じように弓なりの地形を成し、西から何かに押され、東へ引っ張られてるように感じてましたが、最近、海底地図を見て、その成り立ちがより不思議に思えるようになりました。

 この海峡の幅は800Km程といわれます。イギリス航海士ドレーク=S. F. Drakeの名に由来し、1914年完成のパナマ運河開通まで太平洋と大西洋を結ぶ重要な航路であり、世界一幅の広い海峡といわれます。

 ここドレーク海峡は南緯60度付近であることから、南極圏=南緯66°33′39″より少し北に位置し、相当に寒冷で今は真冬であることから、海氷が辿り着くといわれます。有名なマゼラン海峡はドレーク海峡より少し北になります。

 海底地図では、ドレーク海峡の海底は太平洋から大西洋へ押し出されてるように見え、その最先端は浮き上がったように、しかも、弧を描くように散在する小島が数個存在し、これらはサウスサンドイッチ諸島と呼ばれ、その名の通り、太平洋プレートと大西洋プレートに挟まれてるように見え、島々は火山といわれます。

 何千万年、何億年、何十億年前という遠い先史時代の地殻変動によってか、あるいは長期にわたる激しい海流の流れによって、このような陸の地形や海底になったのでしょうか。

Tharpmaplarge 【World Ocean floorより転記】Click please!

 ところで、私たちは海底を見ることができませんが、現在は海底の様子がほぼ分かってるようです。世界の海底の山脈・いわゆる海嶺は、特に大西洋では南北アメリカ大陸に沿って、同時にヨーロッパやアフリカ大陸に平行するように走っており、それはインド洋から太平洋につながってる海底の不思議な山脈です。

 南太平洋で一部ずれてるところが見られます。現代の大陸の生い立ちや、比較的近いことからドレーク海峡の成り立ちに関係してるのでしょうか。

Photo_2 【京都市情報館より転記】

 近年、話題になってる「南海トラフ」の構造も海底地図で理解しやすいです。大地震と海底は大きく関係するので、日本を取り巻く海底地形を知ることは「私たちが住んでる本当の位置」を理解する一歩と言えます。南海トラフは高く長い崖のように見えます。

|

« 倉賀野小学校・校歌は極めて秀でたメロディー | トップページ | 多くの水が必要な鉢植えの藤・・・本日植え替え »

地球」カテゴリの記事

コメント

ドレーク海峡は私も不思議に思ったので調べてみたのですが、
サウスサンドウィッチ諸島の東に南アメリカプレートの沈み込み帯があるため、大西洋拡大に伴う南アメリカの西進に取り残された領域という解釈のようです。

Wikipediaでも スコシアプレート、サウスサンドウィッチ海溝あたりに記載がありました。

投稿: ななし | 2018年9月24日 (月) 17時36分

ななし様・・・ドレーク海峡についてコメントを戴き有難うございます。日本からは最も遠方の所です。それにしても、サウスサンドイッチ諸島は海底の地形が押し出されたように見え、海上に顔を出したところに弓なりに並んでおり、昔から不思議に思いました。いつかは行ってみたい気持ちがありましたが、気候が意外と寒冷で、南極が夏でも温帯育ちの私にはいられないかもしれません。
学校で習わなかったことが地球上でも、太陽系でもあるので、少しでも真理に近づきたく思い、拙いブログでいろいろ考えつつ発表しています。これからも宜しくお願い申し上げます。こちらは群馬県高崎市から発信しています。

投稿: カッキー | 2018年9月24日 (月) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉賀野小学校・校歌は極めて秀でたメロディー | トップページ | 多くの水が必要な鉢植えの藤・・・本日植え替え »