« 新暦7月7日を七夕とするのはもう変更すべき | トップページ | 夏の一日を榛名湖で涼み、「石段の湯」で潤す »

2013年7月 9日 (火)

呼吸筋を鍛えるには「ラジオ体操」が最適

P1030910【サボテンの花は一年で一日の命】 

 例年より10日以上早い梅雨明けになりました。これからの2ヶ月は一日一日を充実させ、心身ともに健やかに過ごしたいものです。夏は体力増強月間と考えましょう。

 勉強や読書は朝の涼しいうちに行なうと効果があると考えられるのは、就寝が終わり脳に受け入れ態勢が整ってるからです。時間的に軌道に乗せると勉強は習慣化しやすいものです。

P1030858_2 【ねむの花】Click please!

 という私の朝は、書くほどのことではありませんが、新聞に目を通し、英語のVocabulary=語彙、の拡充に当てます。一方、レース鳩を飼育してることから舎外運動や、舎内の清掃、飲水の取り換え、給餌が一大事です。

P1030914  ところで本題てすが、私たちは普段、呼吸してることを忘れてます。無意識に行なう呼吸回数は一分間に18回前後で、計算すると1日に約25000回です。

 一方、呼吸により取り入れた酸素を動脈を媒介にして全身に循環させる心臓の動きは1分間に70前後、1日に約10万回です。1回呼吸する間に脈拍は4回平均です。

 なぜ、呼吸できるかといえば生涯見ることはできませんが、肺を取り巻くたくさんの筋肉がゴムのように「伸び過ぎては縮み」、「縮み過ぎては伸びる」運動を繰り返してるからで、この絶え間ない不思議な反復運動が生命を維持します。

 このように肺の前後、上下、両横に取り巻くようにある筋肉を「呼吸筋」といい、この筋肉を弾力性あるものにすると呼吸が楽になると考えます。それには呼吸筋のストレッチが効果があるでしょう。

 日頃、私たちは度々ストレッチをしますが、それは手や足腰が中心ではないでしょうか。この夏はぜひ呼吸筋をストレッチに加えることをお勧めします。

P1030959【アバガンサス=紫君子蘭】 

 その点、毎朝6時30分から行なわれてるNHKkのラジオ体操は、動きの殆どが呼吸筋をストレッチします。今度、意識して行なってみてください。なるほどと思われるでしょう。

 特に横胸を伸ばす運動、勢いをつけて全身を捻る運動、後ろに反る運動、肩の上下運動など、いずれも肺を取り巻く筋肉を伸ばすものばかりです。これからはラジオ体操するとき呼吸筋が伸びることが意識できるでしょう。

 ラジオ体操は面倒になってやらないことが多いですが、このように息が楽に出来ることを目的にして行なうと長続きでそうです。

 ところで、私はサックスを吹きます。教則本はフランスのマルセル・ミュール著です。近年、彼は100歳で世を去りましたが、吹奏楽器を吹くということは別な角度から見れば、常に呼吸筋をストレッチしてることになります。彼が長命であった理由の一つは呼吸筋に弾力性があったからではないかと感じてます。それほど、呼吸筋のストレッチは大切であると認識しています。

|

« 新暦7月7日を七夕とするのはもう変更すべき | トップページ | 夏の一日を榛名湖で涼み、「石段の湯」で潤す »

若さの維持」カテゴリの記事