« 普及したい「浮かび上がる横断歩道」・・目の錯覚 | トップページ | ウォーキングに最適・・・広くなった倉賀野緑地 »

2014年3月20日 (木)

太陽が【赤経0h、赤緯0度】を通過する春分の日

Photo 【群馬県・水沢山山頂から見た日出・友人Samuel Toddさん撮影】

 今年の春分の日=Vernal Equinox Day は3月21日です。これは日本での場合です。というのは春分の瞬間は日本時間3月21日午前1時57分と計測されてることから、このとき多くの外国ではまだ前日なので春分の日は3月20日ということになります。南半球では秋分の日=Autumnal Equinox Dayです。

 私たちの地球から眺めると、宇宙には無数の恒星が見えます。その距離は太陽系の惑星や月とは比べものになりません。

 太陽は毎日東から上り西に沈みますが、実は日中であっても太陽の背景には星座があり、1年を通した太陽の通り道には、お馴染の誕生日の12星座があり、その星座の間を縫うように移動していきます。

 それらは「うお座」「おひつじ座」「おうし座」「双子座」「かに座」「しし座」「おとめ座」「天秤座」「さそり座」「いて座」「やぎ座」「水がめ座」です。

 皆さんが生まれた日に、太陽の後方に皆さんの星座があったのです。ですから、自分の星座は半年後なら夜なので夕刻から明け方まで眺められます。半年後でなくとも、実際には誕生日の3ヶ月前後なら日出前や日没後の短い時間に観察できます。

Photo_2 【ウィキペディアより】

 中央の星座はインドの形に似てる「うお座」です。点線は太陽の通る道で、北半球から見た場合、太陽は右側から左側へ進みます。太い横の線が天の赤道です。天の赤道は地球の赤道の真上です。

 春分点とはこの二本の線が交差したところです。ここが赤経0hで赤緯0度です。この交差点を太陽は日本時間3月21日午前1時57分に通過です。

 空には春分点を示す何の印もありませんが、10月頃「うお座」が日本上空へ来ることから、この図を頭に入れておけば、秋に「春分点」の位置を確認できます。

 太陽は春分点を瞬間的に通過し、その後は、前述の12の星座の中を通り抜け、先ず、「うお座」の中を横切り、次は3月下旬から4月中旬に「おひつじ座」へ向かいます。途中、:夏至点、半年後に秋分点を通過し、その後、有名な「さそり座」など回り、冬至点を通過し、1年後にまた春分点にやってきます。

 しかし、これは私たちの地球が秒速約29kmというものすごい速度で23°26′21″ほど傾いたまま、北極星側から見て反時計回りに、公転軌道上を移動してることにより、結果的に太陽の背景にある星座が次から次へ変化していくということです。【実際には眩しくて見えません。】

 一方、二十四節気と赤経は一致してます。すなわち、太陽の位置が1h【15度】移動すると次の節気に移ります。春分の日は太陽の赤経が0hで、4月5日の清明は太陽の赤経が1hであり、4月20日の穀雨は太陽の赤経が2hというふうに結び付いてます。

 ところで、春分の日における北極点と南極点では、1日中、それぞれ同時に太陽が地平線に半分ずつ顔を出し、上りもせず、沈みもせずという日です。しかし、太陽の進行方向は逆です。北極点では日本で見る太陽と同方向に移動し、それは東~南~西~北の順で、南極点では見かけ上、東~北~西~南へと逆方向に移動します。  

|

« 普及したい「浮かび上がる横断歩道」・・目の錯覚 | トップページ | ウォーキングに最適・・・広くなった倉賀野緑地 »

天体」カテゴリの記事

コメント

アラスカにオーロラを見に行きました。オーロラは見えましたが、北緯65度あたりでしたので、太陽も星の位置も日本とは違います。
丁度春分の日でしたので、日没、日の出、星の位置など、正しい知識を得たいと思い検索していてこのページにたどり着きました。
読み進むと、天体だけでなく、とても幅広い知識の凝縮したページで、興味つきなく、時間を忘れて読ませていただきました。
まだ全部は読めませんでしたので、これから少しづつ読ませていただきます。楽しみが増えました。

投稿: 九内 千沙 | 2014年4月 7日 (月) 21時38分

千沙さんへ
 コメントに感謝いたします。最近、体験された北緯65度とは日本の最北端である稚内市より約2200キロも北極に近くなり、素晴らしい旅行でしたね。一方、恥ずかしいながら北海道も行ったことがない群馬県に住んでる私が体験したのは北は北緯40度までで、南はインドに滞在してたことから北緯13度【マドラス市】までです。
 ご指摘の通り、緯度によって天体の位置は変化し、南へ行けば、日本では見られない星座を見ることができるはずです。
 今後も地球の動きの本当のところを研究していくつもりです。拙いブログの記事数は1100を超えました。頭の体操で書いてますが、科学的なことは真実であることが最も大切と肝に銘じています。
 これからも遊びにいらして下さい。コメントをお待ちしております。

投稿: カッキー | 2014年4月 8日 (火) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普及したい「浮かび上がる横断歩道」・・目の錯覚 | トップページ | ウォーキングに最適・・・広くなった倉賀野緑地 »