« 啓蟄・・・太陽は「水がめ座」から「うお座」方向へ | トップページ | 「花は咲く」のソプラノサックス用楽譜を作る »

2014年3月10日 (月)

大雪の重みに耐え、開花を始めた紅梅・白梅

P1040842 【しだれ白梅と手まえは思いのまま】・・・画像をクリックし臨場感を味わってください。

 3月になり日照時間がかなり伸びてます。現在、我が群馬県の日の出時刻は6時03分、日の入り時刻は17時46分であることから昼の長さは11時間43分です。日の出前の明るさと日没後の明るさを加味すると、実際には昼と夜の長さがほぼ同じになっています。

 因みに、昨年末の冬至には日の出時刻が6時52分、日の入り時刻は16時33分だったので昼の時間は9時間41分でした。冬至頃と比較するとすでに2時間も長くなってます。

 もちろん、日照時間のみならず、太陽の角度が20度ほど高くなってます。太陽はあと十日で赤道の真上に達します。因みに太陽の角度は冬至と夏至では47度も開きがあり、ずいぶん異なるものてす。

P1040816_2 【紅梅・・・高い位置で咲かせるので剪定済み】

 枝先には蕾がたくさんあります。これらの花梅の購入先は埼玉県花園グリーンセンターや前橋農協花木センターです。当時の愛車いすゞ117クーペのトランクに根元を入れて運んだのですから、その光景を想像すると40代は植木に夢中であったことが思い出されます。

 本当のところ、この気持ちは現在も全く同じです。しかし、もう植える場所がないので困っていたところ、運良く隣の土地が12坪ほど買えたので、また、若いときのように花木センター巡りをする楽しみが増えました。私が心してることは、開花の色彩を確認して手に入れることです。その色彩や樹形に心がノックアウトされたときのみ購入します。

P1040824  こちらは室内の襖です。庭と同じく白梅と紅梅の柄になってます。建具やさんによれば京都から仕入れたとのことで、室内の紅白梅は1年中でも庭の紅白梅との饗宴は3月の今だけです。

 ところで、梅の良いところは剪定がどうにでも可能であり、翌春はかなり違った風貌になります。また、実もなることから梅ジュースや梅酒を作る近所の方へ分けてます。私はそれができないので花の観賞のみです。

P1040856 【紅梅しだれ・・・幹がくねっている】

 実は、先日の記録的な大雪に持ちこたえられず、ついに幹が南側に傾いてしまいました。降りしきる中、夜中に起きて幾度も揺すって落としても、翌朝まで降り続いた雪の猛威に太刀打ち出来ず、今春は傾いたまま辛そうに開花です。

 おそらく地中の根が引っ張られ傷つき、栄養の不足から他の梅より開花が遅くなってます。開花が終わり4月になったらロープで北側へ引き起こします。雪とは重いことを再確認しました。

P1040819 【品種は鹿児島】

 深紅です。咲き始めたのが最も早く2月下旬です。色が濃いので目につきます。今年は寒肥えを施したからでしょうか、色彩は概して濃いです。また、逆に大雪の利点で水分は充分です。この鹿児島は巨木になる気配です。剪定をうまく施し鑑賞にたえる樹形こそ主の仕事です。

 咲き終わったらお礼肥を、年末には寒肥えを施し、花が散ったら四方八方から眺め樹形を整え、翌春を期待します。

 花梅の下にテーブルがあるのでお茶をお入れします。花梅を見に来られる方は春分の日頃までにお出で下さい。4月になると「源平しだれ」など花桃になります。

|

« 啓蟄・・・太陽は「水がめ座」から「うお座」方向へ | トップページ | 「花は咲く」のソプラノサックス用楽譜を作る »

花梅」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
タイトルの「梅」には関係ない話ですが、
『117クーペ』いいですよね。
イタリアのインダストリアル・デザイナーであるジウジアーロのデザインでしたよね。カッコよくて美しい車は、レース鳩のフォルムと共通点が多々あると感じるのは私だけでしょうか?

投稿: INOUE | 2014年3月11日 (火) 00時50分

INOUEさんへ
コメント有難うございます。
拙いブログの2007年1月18日の記事をご覧ください。右サイドのバックナンバーをクリックしますと、この日の記事につながります。私も再度読み、新潟県へ行ったことが思い出されました。

投稿: カッキー | 2014年3月11日 (火) 06時07分

 バックナンバーに気付かず申し訳ありません。しかし117クーペもボディカラーはイエローなんですね。
 走行距離ですが私も通勤等で1日100km走っていた頃は2台続けて20万km超えでした。もちろん廃車までワンオーナーでした。そこまで乗った車と別れる時は非常に淋しかったです。
 カッキーさんとは異なり私は浮気性なのでメーカー、車体の色等は結構変わりました。
 初代はMR-2(白),2代(台)目は妹のお下がりのファミリア(赤),3代目はサイノス(黒)=鳩の籠が入らず不便でした。4代目はファンカーゴ(黒)=この車が一番籠が積めました。そして現在は(たぶん最後の新車?)HVのフィットシャトルで色は年甲斐もなく赤を選んでしまいました。燃費も良く,たくさん籠も積めるので気に入っています。
 ガソリンが高騰しているこの時代にリッター20km以上走る車なのでお財布にも優しいです。

投稿: INOUE | 2014年3月11日 (火) 14時42分

INOUEさんへ
26万K走った117クーペはこの車ではありませんでした。アイボリーでしたが、気分転換に全面塗装し水色でした。概して明るい色できれいに乗ってれば走っていて目立ちますね。
アウデーはこのまま黄色を再度ガラスコーティングして乗ろうと思ってます。
HVのフィットシャトルいいですね。最近ガソリンが高騰してるので今の時代に適してるでしょう。レース頑張ってください。

投稿: カッキー | 2014年3月12日 (水) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓蟄・・・太陽は「水がめ座」から「うお座」方向へ | トップページ | 「花は咲く」のソプラノサックス用楽譜を作る »