« アルキメデスの叫びEurika!の心境・・・赤紫の藤 | トップページ | 次女夫妻に夫婦のあり方を学ぶ・・・女児誕生 »

2014年4月21日 (月)

目の健康に大切な栄養と目の体操

P1050096 【亡父の植えた八重桜】Click please!

 一年で最も温暖な季節になりました。多くの樹木はそれぞれ個性的に花を咲かせてます。写真は庭の八重桜で、樹齢は推定55年ほどです。花弁をよく観察すると白と薄いピンクの二色に咲き分けてます。一般の桜より20日遅れて開花です。自然の色彩はなぜこのように品格があり、目が休まるのでしょう。

  これについてはシャクナゲも同様で、人為的に掛け合わせた西洋シャクナゲはきれいであっても派手であることから、私は自然の色彩を放つ日本シャクナゲに目が休まる思いです。

P1050094 【日本シャクナゲ・・・ツクシシャクナゲ】

 日本シャクナゲの薄いピンクは近くで見ても、遠くから見ても品格に申し分ありません。誠に魅力があります。平地ではどこへ行ってもあまり咲いてません。希少価値の高い品種であることから年間を通じて大切に育てるつもりです。育て方については前回も触れましたが、夏の直射日光が当たると枯れてしまいます。植える場所は水はけのよい木漏れ日が最適です。

 ところで、私たち人間にとっても直射日光は「皮膚や目」など身体に良くないので、必ず、帽子やサングラス、そして水分は必携です。

 私たちが子供の頃は、夏休みが終わると「黒んぼ大会」があって、日に焼けた子供は賞がもらえ、褒められたものでしたが、今考えると皮膚にとって最も悪いことだったことになります。それは有害な紫外線を直接浴びることから皮膚だけでなく、目にも悪影響を与えることになります。

 以前に私は眼科医に診察してもらったとき、翼状扁が出ていることから手術を勧められました。しかし、手術をするかどうかは患者の意志次第といわれました。実は、すでにこの手術を2回行ってます。翼状扁は7~8年で再発とのことで、いずれ手術を受けるつもりでいます。

 先生はそのとき飲み薬を出してくれましたが、何と「ビタミン剤」でした。つまり、ビタミンは目の健康によいのです。ということは平素の食生活で野菜をたくさん摂取することが大切になります。もちろん、私の病変は手術しなくては治りませんが、とりあえず、「ビタミン剤」を出してくれたのでしょう。

 こんなことから、目の健康のために私たちが摂取を心掛けたいものは「ブルーベリー」、「緑黄色野菜」、「赤ワイン」、「赤ぶどう」、そして海産物「エビ、イクラ、カニ、サケ」などに含まれる栄養素で、これらは老眼対策にもよいと考えてます。

P1050033 【日本シャクナゲ】

 ところで、私は時々「目の体操」を行ってます。

 顔を動かさないで1、上を見る(3秒、以下同様)、2、下を見る、3、左を見る、4右を見る、5、ぐるっと大きく1周する(反対回りも)2回。6、軽くまばたきする(5回)、7、ギュッとつぶる(3秒)、8、大きく目を開ける。これを2セットです。

 現代生活はパソコン、スマートフォン、読書などで瞳を大きく動かすことはありません。一点を凝視する生活が多いです。こんなことから「目の体操」は目の血行改善に有効と考えます。また、起床時に水道水で目を洗うようにしてます。 

|

« アルキメデスの叫びEurika!の心境・・・赤紫の藤 | トップページ | 次女夫妻に夫婦のあり方を学ぶ・・・女児誕生 »

anti-aging」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルキメデスの叫びEurika!の心境・・・赤紫の藤 | トップページ | 次女夫妻に夫婦のあり方を学ぶ・・・女児誕生 »