« 英文による案内標識は正確で分かりやすく | トップページ | 高塚鳩舎作翔「稚内ブルー号」の貴重な直仔 »

2014年5月12日 (月)

いつまでも黒い頭髪でいるための研究

P1050178 【スズラン】

 植物の樹勢を活発にして良い花を咲かせようと試みると、同時に、自分の肉体についても「如何にしたら、より健康体になるか」考えるものです。植物も人間も生物であることから、生き生きとした姿になるためには、何かしらの手立てを継続的に施すことが基本と思ってます。

 私も初期高齢者の一員となり、増してや、一人暮らしであることから「健康の維持」と「経済の安定」、そして「夢中になれるもの」が人間らしく生きる基本ではないかと悟ってます。

P1040791  「夢中になれるもの」については、例えば、クラシックな音質を求めるソプラノサックス演奏、道北から帰還をめざす長距離レース鳩飼育、そして希少価値となってる日本シャクナゲを主とした花木の生育、また、英単語のボキャブラリー開拓、目的を血流の速さに絞ったジムでの筋トレがあり、これらに没頭することはそれぞれが「脳を刺激する」と考え、認知症=senile dementiaに縁のない状況で生活してるのではないかと密かに自負してます。

 ところで、本題の髪についてですが、如何にしたらいつまでも黒々と、できればふさふさと維持できるかについては古来より人類の課題であったことでしょう。若いときは無関心であった髪が50才前後から気になり始めました。

 私は髪の健康についても年齢だから仕方ないという前に、いろいろ工夫したり、良くない習慣を避けたり、試行錯誤してますが、最近、一つのことに思い当たりました。それは櫛です。

P1050188【柘植の櫛・・・木に樹脂が含まれてる】

 一般的に使用されてる櫛の殆どは合成樹脂=synthetic rezinが多いと想われます。しかし、私は昔から使われてた「柘植の櫛」が髪の健康に最適と感じ、日々これを使ってます。

 というのは、柘植の木=box treeを燃して分かりますが、バリバリと大きな音を立てて燃えます。他の植物を燃しても音を立てることは殆どありません。昔から柘植には脂が含まれてることが知られ、櫛に加工され髪をとかしたのでしょう。

 今では柘植の櫛は希少です。私は合成樹脂の櫛より、柘植の櫛の方が自然で櫛に含まれてる油が髪に付着すると考えてます。これなら、男性の場合「ヘアーリキッド」は少量で済むか、要らないように思います。

P1050176 【ヘアートニック】

 一方、以前は、ヘアトニックを使う意味が分からなかったので使いませんでしたが、最近はリキッドの代わりにヘアトニックをよく使います。使ってみると感じがいいです。髪がふんわりして髪が黒くなってる感じです。やはり、髪の健康に効果があるようです。大瓶であることから暫くは、積極的に使ってみます。

 このように外的な手立ての他に、内的な、つまり食物から髪に良いと想われるものを摂取します。例えば、以前と違ってることの一つに豆乳を毎日コップに2杯ほど飲んでます。

 また、これも昔から言われてることで海藻類を食卓に並べてます。朝食では、海苔、スープや味噌汁、トン汁の中にワカメをたっぷり入れます。 夕食ではモズクや、めかぶを酒の肴にします。また、時折、ナンコツを食べるようにしてます。

 年だからと諦めないで、いつまでも黒くふさふさした髪を目指したいものです。それには日々手立てを行ない、髪の栄養補給は外からと内からの両面で実践した方が、より効果が期待できるのではないでしょうか。

 もうすぐ、倉賀野中学校の同級会が開かれます。果たして、旧友から「カッキー若いね」といわれるか。

|

« 英文による案内標識は正確で分かりやすく | トップページ | 高塚鳩舎作翔「稚内ブルー号」の貴重な直仔 »

anti-aging」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英文による案内標識は正確で分かりやすく | トップページ | 高塚鳩舎作翔「稚内ブルー号」の貴重な直仔 »