« 今年も3分の2が経過・・・太陽は「しし座」付近に | トップページ | 「仲秋の名月」を見て、その距離や大きさを再認識 »

2014年9月 4日 (木)

今年も収穫できたミョーガ

P1050653 【庭で採れたミョーガ】

 庭には多くの植物が植えてあっても、殆どは花梅、シャクナゲ、花桃などいわゆる観賞用樹木で、春に開花を味わうものばかりです。初秋の現在はサルスベリ(百日紅)が満開で、その名の通り、来月上旬まで100日間咲くでしょう。花が咲く樹木は身体の栄養にはなりませんが、日々、心に充分な安らぎを与えてくれます。

P1050660  庭にあって収穫できるものは梅の実とミョーガと柿です。これだけでも収穫の喜びは大きいです。将来は果物の収穫を目指し、東にある土地を有効に使いたいと思います。

P1050661【後1ヶ月で収穫できる柿の実】

 梅の木は6本あることから今春は友人Samuel Toddさんにプレゼントしたところ、研究熱心な彼はインターネットで作り方を検索し、梅ジュースを作られました。

 先般、お宅でいただきましたが、予想を超えた余りの美味しさに驚きました。飲んで如何にも健康によい気がしました。これが我が家で採れた梅の実のジュースかと、梅の素晴らしさを再認識です。毎年、梅は収穫し過ぎて処置に困り、近所に分けたり、落ちたままにしておきました。無知であった今まではもったいないことをし、いわば、宝の持ち腐されでした。

 来年こそは梅ジュースを作る決心です。スッーと口当たりがよく、飲むと長生きできる感覚です。来季から一つの夢が広がります。

P1050658 【夕食には必ず摂取してるショーガ】 

 今回、収穫した「ミョーガ」は「ショーガ」とともに、私は薬味として大好物です。これらは日本人にとって、古代より食していた大切なものであったと推測できます。

 ところで、今朝、捥いだ「ミョーガ」は刻んで麺類の薬味として使います。「ミョーガ」にはカリウム、カルシューム、マグネシュームなどが含まれ、効用は血流促進と考えられますが、生で食べ過ぎると強いことからお腹を壊すことがあり、少量が良いと思います。

 「ミョーガ」は日本人に馴染みがありますが、原産地はおそらく中国南部やインドではないでしょうか。ミョーガは多年草であることから、毎年、必ず芽を吹き8月下旬から9月に収穫でき、特に世話しなくても収穫できる優れものです。

 一方、「ショーガ」はほぼ年間を通して出回ってることから、私は毎晩のようにすり下ろしたものを生ワカメや冷奴にかけてます。このためでしょうか、年齢にしては髪は殆ど黒いです。

 「ショーガ」は血行促進に役立ってる感じです。「ショーガ」の一般的な効用は、免疫力、殺菌力、身体を温め、血行促進などが考えられます。多くの食品と併用すると味を一層風味あるものにし、やはり食欲を増す優れものです。今夜も、生ワカメに塗していただこう。

|

« 今年も3分の2が経過・・・太陽は「しし座」付近に | トップページ | 「仲秋の名月」を見て、その距離や大きさを再認識 »

健康食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も3分の2が経過・・・太陽は「しし座」付近に | トップページ | 「仲秋の名月」を見て、その距離や大きさを再認識 »