« 【落ち葉はゴミ】の概念を捨て、肥料に使う | トップページ | 大腸の健康維持に野菜を多めに摂る »

2014年11月24日 (月)

衆院選挙後の肝心なこと・・・経済成長を止めない

P1050970 【今後の経済成長を暗示するかの如く力強いピラカンサの実】

 インターネットにより、世界経済は日本の深夜に推移してることが分かります。拙いこのブログでも右にある【リアルタイム世界株価】に深夜にアクセスすると、その動きは一目瞭然で、4時間後の日経平均株価の前場をある程度予想できるものです。一方、NHKラジオ深夜便を聴いても、ダウ・ナスダック及びドルやユーロの為替レートは逐次発表されてます。

 「米国株高と円安」が今のまま推移すると、世界経済は2014年から2015年にかけて緩やかながらも着実な景気回復が見込まれると考えられ、これは一見、リーマンショックから次第に立ち直ってることになりますが、それであっても、リーマンショックの後遺症はまだまだ尾を引いている現実があります。

 為替レートは2年前、衆院選挙を行うと決まった当時の党首会談を境として、停滞してた円高77円台はその日の後場から生き返ったように見る見る動きだし驚いたものです。2年経過した現在では予想を上回り40円も円安に触れ、現在は117円~118円で推移しています。

Photo 【12年12月から現在までのドル円為替レート推移・ヤフーファイナンスより転記・以下同様】

 最近の為替【円安】は「歯止めがつかない状態が続く」気配で、この推移に連動するかの如く、米国ダウ・ナスダック及び日経平均株価も上昇し続けてます。

Photo_2 【12年12月よりのニューヨーク・ダウの推移】

Photo_3 【12年12月より日経平均株価の推移】

 経済とは、先ず、大企業が収益を上げて、その後、時差はあっても中小企業から一般国民に次第に還元されるものであり、経済発展がなければ私たち一般国民にも、その恩恵は認識できるものではありません。

 民主党政権時代に長く続いた出口が見えなかった「円高不況」のことを考えると、現在の「円安傾向」は暫く続いてほしいものです。

 当初伝えられたよりアメリカの利上げが早まることを考えと、世界のお金がますますアメリカに流れ、【ドル高=円安の構造】は今までにない推移になるかもしれません。

 衆院選挙が近づいてます。すべての国民にとって共通することは経済の安定と、更なる増収が第一です。私たちの貴重な一票は飛躍的な経済成長を成就できる党に入れたいものです。

|

« 【落ち葉はゴミ】の概念を捨て、肥料に使う | トップページ | 大腸の健康維持に野菜を多めに摂る »

私の経済展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【落ち葉はゴミ】の概念を捨て、肥料に使う | トップページ | 大腸の健康維持に野菜を多めに摂る »