« 本日12月1日は、旧暦10月10日で「とうかんや」 | トップページ | 小春日和は五感を回復させるウォーキングを! »

2014年12月 4日 (木)

27年度の海外派遣教員壮行会で任国国歌を贈呈

P1040789【カルカッタのビクトリアメモリアル】

 毎年、海外日本人学校派遣教員壮行会に出席し、派遣者はもとより国際理解教育研究会の先生方との交流を楽しみにしていましたが、何せ、私がインドのカルカッタ日本人学校に勤務し以来、やがて半世紀が経過します。

 こんな昔に現地の学校に赴任したことから、もう、そろそろ壮行会への出席をためらっていました。しかし、本日、会長であるA校長先生より出席の依頼があり、4月に世界の日本人学校へ派遣される数名の若い先生方の壮行会に出席し、心より激励する決心がつきました。

 私が赴任した頃は海外旅行も一般的に珍しく、ましてや身近なところで、海外滞在する人をほとんど聞いたことがありませんでした。ところが、人生は思ってもない方向へ発展するもので、大学卒業と同時にインド行きが決まり、初月給はインドのお金でルピーでした。

 学生時代に通学はすべて親元からでしたが、それが急に家から離れ、インド行きとは考えてもみなかったことです。

 なぜ、結果的にこの道を選んだかと言えば、思い当たる節が無くは無いです。子供の頃、ラジオで「海外日本人学校便り」の番組があり、モスクワ日本人学校などが紹介された記憶があります。いわば憧れのように聴いていました。また、高校時代より英語と音楽がなぜか好きな教科であったことから、これを生かせる職業に就きたいとも思ってました。

P1050985 【青年教師時代の小生・・・カルカッタ日本総領事館で】

 初めての就職は何もかも初めてのことばかりで、4月に赴任したら5月が真夏で夏休みとはラッキーでした。インド国内旅行でオリッサ州のプりーに行き、ベンガル湾で海水浴をしました。

 仕事面では、たまたま、上司である校長先生が群馬大学附属小学校経験者であったことから、授業研究会を幾度となく開いてくださったことが幸いし、意外と早く、授業の進め方に慣れました。

 授業研究会の晩はカルカッタのモキャンボという高級レストランで慰労会をしてくださり、授業研究とリラックスの場を交互に行ってくださり、お陰さまで心のバランスは取れていました。

P1050987 【真夏に咲き続ける火炎樹】

 ところで、27年度の海外日本人学校派遣教員壮行会では、私は会長から二つの仕事を仰せつかってます。それは派遣される先生方へ任国国歌の楽譜をプレゼントすることです。その後、国際理解教育研究会の歌を合唱して、エールを贈ることです。

 若き日、日本人学校へ赴任した当時のことを思い出し、この度、赴任される若き先生方に心から応援したい気持ちでいっぱいです。先生方におかれましては、教育と共に、滞在中に何でも見聞してやる、何でも体験してやる気持ちで、与えられた千載一遇のチャンスを生かされますよう願ってます。   

|

« 本日12月1日は、旧暦10月10日で「とうかんや」 | トップページ | 小春日和は五感を回復させるウォーキングを! »

海外日本人学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日12月1日は、旧暦10月10日で「とうかんや」 | トップページ | 小春日和は五感を回復させるウォーキングを! »