« 今年は「雨水」と旧暦1月1日が重なる | トップページ | 春の到来を告げる紅梅・白梅をご覧ください »

2015年2月23日 (月)

牛伏ドリームセンターの美味しい「おきりこみ」

Dscf0253 【牛伏山頂から高崎市街方面の光景】  Click please!

 高齢者にとって、冬季は家の風呂が危険と言われます。それは概して風呂場が寒い北側にあり、「低温の脱衣場」と「熱い浴槽」の温度差による血圧の急激な変化で心筋梗塞や脳卒中が起こるとされてます。私のように一人暮らしでこの状態になれば、いつになっても発見されず、日にちが経過してしまいます。

 全国では年間19000人ほどが風呂場で命を落としていると推定されてます。この数字は交通事故死の4倍程です。最近、私の知人2人も入浴中に亡くなりました。私たちは「寒い脱衣場の危険性」について、その重大性を認識しなくてはなりません。

 この対策は脱衣場と浴室の温度を事前に温かくしておくことです。真冬に裸になることは考えられないほど危険なことです。しかし、私たちは習慣上、寒い脱衣場でも衣服を脱いでしまいます。

 以前に拙いブログで記述しましたが、今後、新築する場合、発想を転換し、風呂場の位置は南側の温かな所が理想と考えます。しかし、最近の家を調べても、日本の長きにわたる風習で風呂場は北側の隅の寒いところが定番になってます。

 という私も15年前に家を建て、当時、この考えがなかったことから風呂場は最も北の寒い位置になってます。このため、危険性に気がついた後は、夏場のシャワー以外は家で入浴することはありません。銭湯などを利用してます。

 これから新築する若い人は将来のことを考え、事故を未然に防ぐため、風呂場は南側の温かな所に作り、高齢になったら入浴時刻は夜間でなく日中にすべきです。

P1060181 【ドリームセンター内】

 ところで、週に1~2回行ってる吉井ドリームセンターは町内のゴミ収集基地であり、それを燃して入浴に使用してることから、とても暖まります。ドリームセンターは全館が適温に保たれ、脱衣場が寒いと感じたことはありません。

 P1060178【ゴミ焼却の高い煙突】

 この施設は宿泊が可能であることから、ゴミ焼却をしない夜間はボイラーを使用してます。東北大震災では避難された方々が暫くの期間、この施設に滞在されました。

 近くには牛伏山(491m)が、その名の通り、牛が伏せたような形で聳え、低山でも界隈は関東平野の西端であることから、周囲の景色は抜群です。おそらく群馬県高崎市内で最も見晴らしの良いところでしょう。

P1060179【ドリームセンターの二階は宿泊棟】

 家から車で25分ほどのドライブです。以前にここで旧友と宿泊を伴う会が行われ、私は倉賀野からここまで歩いて行き、3時間かかりました。その甲斐あって風呂では足が癒され、懇親会では一段と酔いが回り、友との語らいは充分に堪能できました。

 ところで、平素一人で行く時は昼食をここで済ませます。私のお好みは群馬が誇る伝統食「おっきりこみ」です。これはお勧めです。

P1060187 【量もたっぷりな・おきりこみ】

 時々はジムで汗を流した後や、牛伏山山頂や界隈を自然散策してからここで汗を流すと、心身ともに充実します。ウォーキングとはある程度、坂を登ることが足腰の鍛錬になり、ロコモ対策に一段と効果が感じられます。

|

« 今年は「雨水」と旧暦1月1日が重なる | トップページ | 春の到来を告げる紅梅・白梅をご覧ください »

群馬の日帰り温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は「雨水」と旧暦1月1日が重なる | トップページ | 春の到来を告げる紅梅・白梅をご覧ください »