« 「ラジオ体操」で血行促進と背骨の歪みを正す | トップページ | 雪解水の流れを見ながら露天風呂・・・鈴森の湯 »

2015年4月 2日 (木)

花梅の剪定は樹形を頭に描いて

P1060392 【今朝、剪定した花梅】

 花梅は種類によって開花時期がずれたり、花の色も異なることから2月~3月にかけて楽しめましたが、ようやく終わりました。今朝は庭先の3m以上ある背の高い花梅の枝を梯子をかけて剪定しました。

 花梅は1ヶ月近くにわたり開花を続け、寒くて殺風景な庭に希望を感じさせる植物です。

 この花梅は記念樹として植えましたが、今まであまり剪定しなかったので枝が四方八方に伸び、この花梅の特徴である縦長の樹形でなくなりました。

P1010968 【横に広がり過ぎて開花】

 前述の通り、開花は約一ヶ月で1年のうちで9割以上は枝と葉のみであることから、庭木とは「樹形に重きを置く」必要があります。それは花がない時季でも、それなりに幹の形と枝ぶりが観賞に値するので、年間を通じて、角度を変えて眺めては剪定する必要があります。

P1010973 【最初はこのように背の高い梅でした】

 今回、剪定しましたが、これから5月~8月にかけて芽を吹くので徒長枝がでたら先を詰めます。剪定のポイントは、細かい枝がたくさん発芽することをめざします。そうすると来春、蕾がたくさん付きます。如何にたくさんの花を咲かせるかが、剪定する人間の腕の見せ所と言えるでしょう。

 一方、花が咲き終わったら、5月頃にお礼肥として油粕を根元から離して施します。また、来春良い花をたくさんつけるためには夏に水を朝晩与えます。出来れば、根元の回りをクレーターのように掘り、水が溜まると根に吸収しやすいでしょう。植物にとって水ほど不可欠な栄養素はありません。

P1060387【七分咲きの西洋シャクナゲ】Double click please!

 庭は梅からシャクナゲの季節に変わりつつあります。この他、花桃、雪柳、しだれレンギョウが今を盛りに咲いてます。お近くの方は華やかな西洋シャクナゲの色彩を、ご覧にお出ください。  

|

« 「ラジオ体操」で血行促進と背骨の歪みを正す | トップページ | 雪解水の流れを見ながら露天風呂・・・鈴森の湯 »

花梅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ラジオ体操」で血行促進と背骨の歪みを正す | トップページ | 雪解水の流れを見ながら露天風呂・・・鈴森の湯 »