« 「頑張らない運動」が大切・・・還暦を過ぎたら | トップページ | 玄関への敷石を歩きやすく・・・白川砂を補充 »

2015年5月28日 (木)

期待したい米国政策金利の引き上げ

P1060733【倉賀野駅の北側に広がる太陽光発電】

 2年半前まで続いた民主党政権下では1ドル77~78円の円高から抜き出せなかったドル円の為替レートは、自民党との党首討論において当時の民主党党首が解散する意向を発言するや否や、その日の後場から停滞してた為替レートが生き返ったかのごとく急激な動きが起こり、政治の変化を待ってたとばかり、円売り、ドル買いが入り、すぐに1ドル80円となり、経済界が如何に自民党政権を待ち望んでいたかが分かります。

 その後、安倍自民党政権下では当初に比較し、驚くべきことに、現在の為替レートは45円も円安となり1ドル123円台で、およそ7年ぶりです。また、日経平均株価は20500円台の高値で推移してます。

 同様に、アメリカ経済では2009年リーマンショック直後の失業率は9%台であったが、その後、徐々に改善がみられ、現在では5%台へ低下し、個人の景況感も改善傾向にあると伝えられます。

P1060739 【矢中町刈り入れ直前の麦・・・正に麦秋】

 ところで、先日、M金融機関で経済講演会が行われ、私も参加しました。講演の中心テーマは「米国の利上げ予想」についてでありました。以下その内容です。

 「現行0.250%の低金利政策を長く続けていたアメリカは、いよいよ本年半ば以降に、暫くぶりの利上げ開始の機運が高まっており、当初、その時期は5月と期待されたが、実施時期は早ければ「秋から遅くとも年末」ではないかと予想されてます。

 米国の金融政策を決定する最高意思決定機関FOMC=Federal Open Market Committeeの構成員は17名であり、2015年3月時点での構成員の予想される意思は次のようです。

 2015年末の政策金利予想について、2名が現行の0.25%に据え置き、1名が0.5%に利上げ、7名が0.75%に利上げ、3名が1%に利上げ、1名が1.25%に利上げ、2名が1.5%に利上げ、1名が1.75%に利上げ、の意思を持つと予想され、2名のみが現行の0.25%で据え置く考えらしいことから、米国で利上げが実施される見方は強いようです。

 FOMC構成員による予想される利上げの幅は0.5%から1.75%までです。

 私が単純に構成員17名の金利平均値を算出すると、0.897%となり、低く見積もると7名が支持する0.75%辺りではないかと推測できます。しかし、実際の金利はどうなるでしょう。利上げが待たれます。

 過去の米国金利引き上げ局面での米国株式はいずれも上昇したことから、次回の利上げによって世界の通貨が米国へ流れと考えられることから、米国では更に株高となる可能性があり、これは日本にも影響を与え、為替変動や、株価上昇につながる可能性があると考えられます。

P1060673 【カルミア】

※【経済とは、本当のところ全く先が読めないものです。運用にあたっては、投資者本人が判断し、運用結果の損益については、すべてが投資者に帰属します。】   

|

« 「頑張らない運動」が大切・・・還暦を過ぎたら | トップページ | 玄関への敷石を歩きやすく・・・白川砂を補充 »

私の経済展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「頑張らない運動」が大切・・・還暦を過ぎたら | トップページ | 玄関への敷石を歩きやすく・・・白川砂を補充 »