« 仲秋の名月【十五夜】が毎年必ず仏滅である理由 | トップページ | 富士を望む「大間々」の高台から高度を飛ぶ訓練 »

2015年9月28日 (月)

心拍数120以下を厳守・大塩湖一周ウォーキング

P1070288 【群馬県西部の農業用貯水池・大塩湖】・・・Enlarge please!

 近年、叫ばれてるサルコペニア対策とは、特に下半身の筋肉を減少させてはならないと考えられてます。いつまでも行きたいところへ自分の足で歩け、いつまでも行いたい行動が自分自身でできるように、残された人生を「人間らしい日々でありたい」と多くの人が願ってます。

 しかし、その気持ちとは裏腹に厳しい現実もあり、私たちがこれを打破するには元気なうちに、心と体に鞭打って筋力を鍛練しなくてはなりません。しかし、人間の心とは弱いものであり、とりあえず、しなくても変わらないことはせずにいると、下半身の筋力とは次第に衰えてくるものです。

P1070261 【周囲は遊歩道が整備されてる】・・・Enlarge please!

 現在は4人に1人が65歳以上の超高齢化時代であり、現在30代~40代の若い人たちが高齢になる頃は、この割合は3人に1人、やがて2人に1人という厳しい時代に突入することは必至です。

 筋肉が衰えれば今までできたことができなくなります。つまり、私たちは歩くことはもちろん、手を動かすことも、食物を飲み込むことも、呼吸することもできなくなります。すべての行動は筋肉の働きでできます。筋肉がある今のうちに、筋肉が減少しないよう身体を鍛えることこそ未来が「人間らしい日々」につながるでしょう。

 ですから、自由に動けるうちにしっかりウォーキングしたり、筋トレに励むことが「豊かな人生の基盤」と考えます。

P1070264 【湖畔は桜の名所】・・・Enlarge please!

 ウォーキングで、私が注意してる点は「心拍数が120以下」であることです。これ以上に心拍数が高くなると心臓に負荷がかかり過ぎ、近未来に循環器系でマイナス面が現れる可能性が考えられます。これでは本末転倒であり、健康長寿という当初の目標は後退してしまいます。

 一方、ウォーキングを長続きさせるには創意工夫が必要で、時にはコースを変えると気分的に効果があるものです。脳とは目新しいことに活性化し、やる気が起こるモティヴェィションにつながります。

 こんなことから自宅近くのみでなく、「歩きたい場所」へ車で行ってからウォーキングするのも一法です。ウォーキングはできれば1時間はかけ、ある程度のスピードを保ち、前方を直視した姿勢で、軽く肘を曲げ、踵からの着地が骨のために効果があると考えてます。

P1070290 【堰堤に駐車して歩きだす】・・・Enlarge please!

 大塩湖では近隣の方々も、周遊コースをウォーキングしてます。近場にこのようなコースがあるとは環境に恵まれてます。健康を培うには「他人との競争でなく、自分の心との勝負」です。人間とは大きな夢があれば頑張れるものです。

 昨日の大相撲千秋楽では「鶴竜関」が横綱になって念願の優勝を果たしました。責任ある立場からどんなにかホッとしたことでしょう。言葉の分からない異国に来て、継続した鍛錬が報われました。

|

« 仲秋の名月【十五夜】が毎年必ず仏滅である理由 | トップページ | 富士を望む「大間々」の高台から高度を飛ぶ訓練 »

ウォーキングの効用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仲秋の名月【十五夜】が毎年必ず仏滅である理由 | トップページ | 富士を望む「大間々」の高台から高度を飛ぶ訓練 »