« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

果樹園づくり第一号として「キンカン」を植える

P1070493 【キンカン=金柑=cumquat】

 昨年、地続きの土地を12坪ほど購入したことから、その用途について考えてましたが、果物類を植え、小さな果樹園にします。場所は比較的、日当たりがよく、近くに井戸水の蛇口があり、水を簡単にやれます。

 昨日、前橋農協花木センターで購入したのは「大実キンカン」の幼木です。続いて本日も同所から「普通のキンカン」の幼木を購入し、結局、種類の異なる2本の「キンカン」を3m離して植えました。費用は飲みに行くのを2回休めばいいだけです。飲むのはその時だけ、キンカンには我々に健康を与え続ける永遠性があります。

P1070483 【普通のキンカン・・・すでに実がなってる】

 すでに80個ほど実がなってます。画像を拡大して見てください。早速、日当たりのよい場所に深さ30センチの穴を掘り、穴の底に堆肥と少々の油粕を敷き植えつけました。根の周囲にも土と混ぜた堆肥を巡らし、ご覧のように根元をクレーターのようにし、水を与えやすくしました。

 植えつけるには、四方八方から木の立ち姿を見て、どちらか一方に傾いてないか確認します。何事もそうですが、離れて見ると正しい判断ができるものです。ここは北風が当たらず、キンカンに適した場所です。

P1070492 【実が鈴生り】

 キンカンの歴史について調べてみると、原産地は中国・揚子江の中流域といわれ、日本に渡ったのは鎌倉時代ころではないかと伝えられます。現在、国内の生産高では、宮崎県が70%を占め、断トツトップです。次が鹿児島県の23%です。

 栄養面では、ビタミンC、カルシュームが多く含まれ、キンカンは皮ごと丸ごと食べられることから、栄養を逃がさずに摂取でき栄養満点といえそうです。効用は、風邪予防、のどのために良いとされてます。

 実は、事前に黄色くなった実を1つ食べてみました。あまり酸っぱくなく味がよく、安心して購入しました。花木の場合は開花した色を確認して購入することと同様、果物は味を確かめることが購入時の鉄則です。

Dscf0497 【以前に購入した実】

 キンカンはおやつ代わりに2~3コ食べるといいでしょう。これから毎年、初冬から食べられるとなると健康維持の一つとして貴重になります。2本もあることから近未来、樹木が大きく生長し、一人では食べきれなくなるでしょう。その時は、梅の実同様、平素、お世話になってる近所に配りたいです。

 それには、植えたままでなく、日々、樹木の健康管理をしなくてはならず、当分は様子を見ながら乾燥しないよう朝夕水を与えます。

P1070488 【根の周囲には石のない砂を入れる】

 ご覧の篩で石を取り除いた砂を根の周囲に入れます。根が自由に張り出せるためでフカフカしてる土は根の生長に大切です。この篩は亡父が50年前から使っていたもので、他界してすでに33年経過、暫くぶりに本日その役目が蘇りました。やはり、植物の生長に篩は欠かせぬ道具であると父を偲びつつ悟りました。

 P1070484【左が一般のキンカン、右が大実キンカン・葉の色が多少異なる】

 暫くは生長を見ながら毎日、水遣りです。すでに実がなってるので、黄色くなる時季が楽しみです。大切に育てよう。

| | コメント (1)

2015年10月26日 (月)

久々に肉体労働・・・重さ40K程の玉石を並べる

P1070469 【庭石の並べ方は素人にしては及第点か】・・・Enlarge please!

 秋晴れの本日午前中、かねてから懸案であった庭先から玄関への道の一部を自らの手で改修しました。2~3年前に一応完成してましたが、一部個所の玉石が小さかったことから、比較的大きな石に入れ替えました。石は家にあったものを利用です。

 というのは、昨年、東に地続きの土地を12坪ほど購入しました。この土地は50年以前は田んぼであったことから、宅地になるとき、当時の持ち主が埋め立てに土のみならず、どこから運んだのか、多くの石や岩石を埋め立てたことから、今回、私の土地として掘り起こすと、「ここ掘れワンワン」のように掘れば掘るだけ、セメントのかけらや大小様々な石や瓦かけが出てきました。

 不要なもので自然環境を破壊しない石のみ近くの一級河川に捨て、良い石は残して庭作りに使ってます。石とは水で洗うと、本来の美しさに生まれ変わります。今回は、比較的大きく美的な石4つを使ってご覧の道の一部を改修しました。

P1040075 【両サイドの玉石と白川砂は自ら施工】

 この写真は2年前に完成したてのものです。中央の大きな敷石は家を建てたとき業者による施工ですが、プロだけあって微かなワインディングが川の流れを彷彿させます。

 ところで、庭作りを自分で施せば「費用はかからず」、「肉体活動になり」、「庭がきれいになり」、一石三鳥です。

 「肉体活動」といいましたが、最近、考えてる健康法の一つは、私たちの筋肉は生命維持にとても重要であるという結論です。それは筋肉の中にたくさんの動脈と静脈、そして毛細血管が通過してるからです。

 このため、平素より、筋肉を柔軟にしておくことが血管を柔軟にし、延いては動脈硬化予防につながったり、血圧安定につながるのではないかと考えてます。ですから、日々、身体を取り巻く筋肉を充分に働かせて生活することが健康のポイントであり、例えば、ウォーキングのときも、腕を少々曲げて前後に振ると肩甲骨を包み込む筋肉が大きく動くことが認識できます。私たちは筋肉の中に生きてるという自覚が要ります。

P1070476【石の文様は千差万別】・・・Enlarge please!

 ところで、作業しながら感じましたが、石の形と紋様は同じものはないでしょう。石は350万年の人類誕生の歴史とは比較にならない太古の昔から殆ど変化せず、生成されたときの紋様をそのまま現代に伝えていると推測します。

 庭作りは庭を大きなキャンパスに仕立てた、石や樹木による芸術的な創造です。これからも業者任せにせず、剪定も含め、自ら創意工夫し、「必ず離れた角度から眺めることです。」これにより修正すべき点が分かります。

 何事においても、私たちは自らの判断にもう一人、客観的見方ができる自分が必要であり、高齢化社会では、その見方こそ自らへの指導者となり、次の課題へ導きます。  

| | コメント (0)

2015年10月23日 (金)

英単語の記憶は必ず発音を確認

P1070447 【菊=chrysanthemum】

 私の職業は大学卒業と同時にインドに渡り、カルカッタ日本人学校勤務に始まりました。滞在中、街中を歩いても日本語は耳に入らず、近隣のインド人との交流は英語を媒介にせざるを得ず、生来、日本語の生活であったのに日々の言語生活が一変しました。

 2年目になり、ヒンズー語も片言なら通じるようになりました。しかし、当時は現在のようにインターネット情報網はなく、新たなニュースを伝える日本の新聞もありません。英単語ボキャブラリーが少ない私は、現地の代表的な英字新聞The Statesman やThe Hindustanを辞書と睨めっこで読むしかありませんでした。

 学生時代の英語は、どちらかというと教科の一つとして存在し、勉強は単位修得のためでした。それがインド生活になり、英語本来の姿である交流のために変わった気がします。インド人の殆どが日本語を話しません。このため英語を介しての交流になりました。

 拙いこの体験からでしょう。今でも英語の「ボキャブラリーを増やす」必要性を痛感してます。ボキャブラリーは「正しい発音」とともに果てしない道であり、単語とは覚えても覚えても忘れる茨の道です。ところが、チャンス到来で交流があると、使って通じた単語は嬉しくて脳に定着する傾向で、この感覚が次への学習継続につながってます。

P1070455 【ピラカンサ=pyracantha】

 ところで、苦心してることの一つは「英語の綴りと発音の関係」です。この関係にはルールがあっても例外もあり、実際にはその都度、覚えざるをえません。写真の花名は日本語でピラカンサですが、英語の読み方はパイラカンサに近く、(caの音はæ)そこにアクセントがあります。写真や実物を見ながら幾度か発音すると定着の確率が高まるものです。

 私たち日本人は子供のとき習ったローマ字の読み方が頭に浸みこんでるので、新たな英単語に接すると、無意識のうちにローマ字的な読み方に陥りがちです。

 英語はローマ字式の読み方とは異なり、一つ一つ確認し、正しい発音で覚える必要があります。それは私たちが小学生の頃より学んだ漢字のように、その都度、正しい発音を覚えるしかないでしょう。

 また、英単語では綴りの中に発音してはならない文字(黙字)があり、逆に、文字がないのに発音すべきものもあります。

P1020954 【秋の色合い=autumnal tints】・・・Enlarge please!

 例えば、mnemonics(記憶術)は最初のmを発音しません。同様に、awe(畏敬の念)はw、Ptolemaic(地動説)はp、skewer(串)はw、adjunct(非常勤)はcを発音せず、概して、Thumb(親指)など「mbで終わる単語はbは発音しません」が、例外もあり、numb(しびれた)という形容詞の比較級はnumberなのでbを発音せず、同じスペルでもnumber(数)のbは発音します。また、isthmas(地峡)のthは発音せず、同様にasthma(喘息)のthも発音しません。

 wについては、answer(答える) sword(剣) power(力) owing to(~のために)のように、単語の中にwがあってもwを発音しないものや、逆に、cuisine(料理) equator(赤道) choir(聖歌隊) bilingual(2言語話す)のようにスペルにwがなくてもwを発音するものがあり、やはり発音して覚えるしかありません。以上はほんの一例です。

 結局、例外や、注意すべき発音は、その都度、確認し、実物を見たり、聴いたり、発音して身体で覚えることになります。

P1070453【みかん=tangerine】

 こんなことから(私の場合は毎日だが)、新たなボキャブラリーに出合ったときは英和辞典で発音記号を確認し、電子辞書あるいはインターネットでネイティヴの発音を確認したり、自らも発音して覚え、それを実際に使うと脳に定着しやすいと思います。実際に使うとは、会話はもちろん、英作文も意味します。

 私は、自ら体験した「感想や考えを英作文にする」とボキャブラリーに有効と感じてます。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

11月6~8日、午前3時~5時に金星、火星、木星のランデブーに下弦の月が加わる

P1070430 【収穫したザクロをジュースに】

 すっかり秋になり、空が澄み切ってます。星座や惑星の動き、そして、月の満ち欠けを観察するには絶好の時季です。

 すでにご覧の方もいるでしょうが、最近、日の出前の東の空には金星、火星、木星の接近した光景が見られます。これは地球とこれらの惑星群がほぼ一直線に並んでいる現象です。

 国立天文台発表によると11月6日、7日、8日の午前3時~5時にかけて東の空に壮大な天文ショーが見られます。それは金星、火星、木星の集団に細い下弦の月が仲間入りします。

 6日は月が惑星群の上にあり、7日は月が惑星群の中に入り、8日は月が最も下になります。【これは南半球で見た場合も同様】 

 このため、華やかなランデブーが見られるので今からワクワクしてるのは私だけでなく、地球人にとって正にOnce in a blue moonと言えます。

P1070438 【今が盛りのマユミ】

 ところで、地上に目をやると、植物は紅葉が始まってます。私の群馬県内でも山間部は紅葉の真っ盛りで、高山など場所によっては盛りを過ぎようとしてる頃です。今年は夏の猛暑が幸いし、先日、登った西上州の角落山(1393m)でもきれいな色合いが堪能できました。

P1070416 【角落山頂付近の紅葉】

 標高100mの私の庭でも、ドウダンツツジが紅葉を始めてます。平野なので色濃くなくても季節の移り変わりが実感できます。

P1070443

 ところで、四季の移り変わりは「地軸が23°26′傾いた地球から見た太陽の位置が黄道十二星座の内、どの星座に達してるか」によります。現在の太陽は乙女座から東へ移動し、天秤座方向へ向かってます。

Photo 【国立天文台より転記】・・・Enlarge please! 

| | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

若き日より念願であった角落山1393mに登頂

P1070388 【家から見える角落山(つのおちやま)、右の高い山は浅間隠山】

 10月15日、群馬県は快晴に恵まれ、絶好の登山日和になりました。同行者は近所のOさんご夫妻です。Oさんは日本百名山をすべて登頂した方で、私は大船に乗った気持で本格的な登山に心が弾みます。

 朝7時に倉賀野を車で出発、高崎市街地~旧榛名町~倉渕町まで榛名山や妙義山など西上州の山々を眺めながら西へ西へと進みます。

 途中、便利なコンビニで食料をゲット、「はまゆう山荘」の反対側にある角落山入口から入り、烏川を渡り、いよいよ女坂の登山口に着きました。

P1070396  ここから林道を約1時間歩きましたが、地震や台風の影響でしょう。あちこちに崖崩れがあり、大きな岩石が道を完全に塞いでます。私たちは崩れたたくさんの岩石をよじ登り前進しました。どうも崩れた直後であったらしく、岩石の表面は新しいように見えます。未だ、管轄する倉渕支所の職員は知らない可能性があります。

P1070397  その後も、林道は落石が起こりやすい状況が続き、路面はゴロゴロしてます。危険回避のため上を見ながら進みましたが、葛折りを繰り返しながら標高を稼ぎます。

 近くを流れる烏川の支流のせせらぎのみで静寂さが漂います。林道を歩いても歩いても女坂の入り口になかなか辿り着きません。

P1070399  いよいよ本格的なトレッキングです。豪雨の爪痕でしょう。登山道らしきものは見当たらず、渓谷の大小さまざまな岩の足場を確かめ確かめ登ります。足を踏み外せば、捻挫や身体を打撲です。

 途中に湧水があり、次第に谷の流れとなっていきます。暫く足場の悪い個所を過ぎ、やがて登山道がはっきり分かるようになって、どんどん登るとやっとのことで希望を与える標識が見えました。

P1070421  目的地の山頂まで、あと400mに心は踊り、改めて頑張る気持ちが湧いて来たのも束の間、落ちれば一巻の終わりを感じさせるクサリ場の連続で、冷や冷やしながら下方50mはあろう地獄を見ないよう、クサリを持ちながら足場だけを確認し、恐る恐る前進あるのみの緊張感です。

P1070400 【右下方は千尋の谷】

 道は狭く、落ちれば蟻地獄、どこまでも滑り落ちる深さが目に入り、ここは邪念のない真剣勝負。頼るのは握る力だけの生死の分け目。

P1070402【左下方は千尋の谷】

 お粗末な道に体重をかけて大丈夫だろうか。余裕のない心にも鎖の設置者に感謝の気持ちを持ち、谷側を見ず、前方の樹木を見て前進。この時、一人暮らしである平素の心配事などどこかに吹き飛んでいました。

 それどころではありません。登山道は益々険しさを増し、岩をよじ登る「三点確保」の連続で、登山道の両端は絶壁。近くの樹木がその恐ろしさを隠し、ほんの少し緩和してくれます。

P1070404【Oさん曰く、百名山はここより楽な山がずっと多い】

 実は角落山の頂上近くの稜線は美しくあっても、現実は馬の背です。稜線の長さは400mと表示されてても、一歩一歩の歩幅は20~30㎝であり、登っても登っても頂上への道は険しく遠い。

18116_raw 【二度上げ方面から見た角落山】

 「頂上は本当に存在するのだろうか」と疑心を抱くかせるほどの急こう配は疲労も次第に蓄積。細い登山道の両側の樹木の根っこや、篠などにつかまり、身体を持ち上げての前進も、馬の背であることから体の重心が道の真ん中になるよう心がける。そして、ついに憧れの角落山山頂を示す標識が目に入りました。

P1070409 【古い祠と頂上を示す標識】

P1070415 【近未来に佳いことがあるよう鐘を鳴らす】

 そして急に目に入ったのが大パノラマ。西上州の山嶺はどこまでも偉容を誇る。画像を拡大してご覧ください。

P1070405 【頂上から見える浅間隠山は天を突くような姿】

 西に目を向ければ20代に5回登頂した懐かしい浅間山の出迎えで、この日は珍しく噴煙が立ち上ってません。

P1070407 【青春の思い出・浅間山】

P1070412 【東に目をやれば荒船山を彷彿させる山も】・・・Enlarge please!

P1070417 【紅葉が始まってる】

 帰路はもと来た「女坂」のコースを辿り、次第に指先や大腿部に痛みが走りますが、登りに比べれば、帰路は心臓への負荷が無く楽に感じ、何箇所か腰を落として滑るように降ります。それにしても、行きはこんなに歩いたのかと思わせるほどの帰路の距離です。

 ところで、往復6時間のトレッキング中、登山者は我々3人のみで他の登山者に一人も会わず、珍しいことです。これは角落山があまり注目を浴びてない山であり、また、険し過ぎることが一因と思われます。しかし、山頂からの光景は超一級であるとことに間違いありません。

P1070413 【角落山山頂・後ろは推定300mの絶壁・・危ない所に立つ小生】

 今回、若き日より、その雄姿を眺めつつ、いつかは登頂したいと常に心にあった念願の角落山に登頂し、この感激は生涯忘れません。また一つ、群馬の自然美に心が焼きつけられました。これからも、足腰を鍛えるとともに、脳が活性化するよう日々の生活に新たな刺激を与え、充実した精神生活をおくりたい。

| | コメント (0)

2015年10月12日 (月)

意図的に毎日身体を動かす・・生活習慣病の予防

P1070270 【群馬県富岡市にある大塩湖内】・・・Enlarge please!

 厚労省の調査によると、日本人の平均寿命は男80才、女86才です。しかし、私たちがめざすのは【何でも自分ででき】【どこへでも自分で行け】【得意な分野で創造性が実践できる】健康長寿です。これは高齢者のみならず30代~40代~50代の方々も例外ではないでしょう。

 現在、日本では糖尿病と糖尿病予備軍の合計が2050万人といわれ、これは国民の5人に一人となります。これを打破するには国民の一人ひとりが意図的に毎日、身体を動かす習慣を身につけることでしょう。

 それには、まず【椅子に座ってる時間を減らすこと】と考えます。

P1050776  週に一度ほど夕食に行ってる高崎駅前「炙りやどんどん」の店主が座ってることを私は一度も見たことがありません。平成の始めから推定1300回ほど訪れてます。こんな回数を行っても、マスターは常に立って作業され、店内で座ってる光景を未だ一度も拝見してません。初めてお目にかかった頃と全く変わらず常に溌剌と仕事に邁進されてます。

 本当にお元気で「万年青年」という言葉がぴったりです。これは常に立って作業をしてることや、最高の状態で料理を提供することに気を配られ、結果的に身体のすべての筋肉を使うことになり、これが若さの秘訣につながってるのでしょう。ご自宅にあっては、愛犬の散歩を習慣とされてるとのことです。

P1070283【大塩湖には桜並木と周遊道路がある】・・・Enlarge please!

 ところで、私たちが行うウォーキングのポイントは「快いスピード」でなくてはなりません。遅い速度では心拍数が上がらず、時間もかかり、全身の血流にとって変化が少ないでしょう。

 多くのスポーツがそうであるようにウォーキングも前方を見ながら一定の速度を守ることが有酸素運動=aerobic exerciseの本質です。

 一方、筋肉は下半身に全筋肉の70%が集中しても、全身を網羅してることから、歩くことだけでなく、身体中の筋肉使って新陳代謝を促すことが大切です。

 例えば、大きな樹木の剪定は全身のバランス感覚を磨き、両腕の筋肉を使います。このように平素、可能な限り、生活の中で意識していろいろの筋肉を使うことが望ましく、それを習慣にしたいものです。基本的には一日のうち【立ってる時間を増やすこと】です。

437 【数年前、友人Samuel Toddさんと登頂した尾瀬の至仏山頂】・・・Enlarge please!

 そのための理想的な一つは標高1000~2000m程の低中山の登山があります。坂道を登ることはウォーキングと異なる部位の筋肉に負荷をかけます。

 今週は群馬県倉渕町に聳える「角落山」1393mに近所の方と登る予定です。いつかは登りたいと20代頃から眺めてた山です。

 同行者は日本の百名山をすべて踏破した人です。途中クサリ場があることから油断せず登頂を目指します。片道1時間30分とのことで頑張れるでしょう。頂上からの光景では、若き日5回登頂した浅間山の雄姿を期待してます。 

| | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)

全身を伸ばすには「ぶら下がり健康法」も大切

P1070371 【階段にぶら下がる所あり】

 地上に住んでる私たちは生を受けた瞬間から今までずっと重力に支配され続けてます。例外的に無重力を感じるのは水泳をしてるときでしょう。こんな時間はほんの一時的で珍しく、普通は生活してる100%の時間、身体は重力の影響下にあります。、

 このため下半身は四六時中、上半身の体重を支え続け、生まれてから50年も経過すると、多くの場合、くるぶし、腰、膝に不具合が生じたり、6~7kgある重たい頭蓋骨を支えてる頸椎や背骨が歪んだり、多少、猫背になってきます。

 一方、私の場合、ジムにある筋トレの器具を使用しても、物によっては腰を痛めたことがありました。それはボートのように漕ぐマシーンです。重たくし過ぎました。筋トレでは負荷の調整で軽過ぎず、重過ぎずの範囲内で行うべきで、軽めに設定して回数で補う方が効果があると感じます。

 ところで、一時的にブームになった「ぶら下がり健康法」ですが、今ではあまり顧みられなくなってます。しかし、この運動は筋肉や背骨、そして多くの関節、血管、内臓の諸器官に関して、他の運動と異なる働きがあります。それは縮まってものが重力に逆らって伸び、平素とは対極的な状態になります。

 特に肩関節を中心に上半身にきつくても、運動後は肩がすっきりする感覚になります。また、常に圧迫されてる腰や股関節辺りが伸びることからこの辺一帯のリラックスにつながります。

 「ぶる下がること」自体はそれほど面白いことでないので、これを中心にせず、一日1~2回を目安に家の内外でぶら下がれる設備を作り、身体を伸ばせば、全身の血管も伸びるので年齢とともに硬くなってる血管の柔軟性も期待でき、他の運動では得られない対極的な効果があると考えられます。

P1070372 【階段を登り切ったところ】

 ここではアキレス腱、ふくらはぎを中心に鍛えます。ハムストリングも伸びます。この運動名はcalf raiseです。階段を登りきったところで、縁を使ってつま先立ちとなり、25回ほど踵を大きく上げ下げします。くるぶしも鍛えられます。

 この他、一般的な筋トレで簡単にできるのはダンベルです。私は玄関の靴入れの上に常時置いておき、外出する前に10回ほど持ち上げたり、肘に負荷をかけたりします。このようにわざわざ筋トレの意識を持たずしても、生活の中で、軽い気持ちでできる環境作りも効果があり、何より気が楽です。

P1070373 【玄関の靴入れの上に置くダンベル】

 健康とは常に正しい姿勢に配慮し、身体を伸ばしたり、逆に筋肉を使ったり、時には心拍数を110~120にしたりして、一日一回は汗ばむよう身体を動かしたいものです。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

秋の一日を除草と石拾い・・・果物の収穫を夢見る

P1070358【東側の塀と庭】

 昨年、東に地続きの土地を少し購入しました。その後、今年5月になって今まで右側にあった塀を撤去し、ご覧のように、同じ塀を広くなった土地の左側(東側)に造りました。 塀の上部の装飾としての金属は従来のものが使用でき、実はこの金属が意外と高価なことから再利用できて良かったです。焼きべスロックはそれほど高価でないことから全体の費用は想定内でした。ただ業者は今までの塀の解体に手間取ったようです。

 広くなった土地は元々田んぼだったことから、以前の土地の持ち主が50年前に埋め立てました。ところが、素人が埋め立てたので石が多く、以前にも一度行いましたが、本日、私がかなりの石やコンクリートの破片を拾い、やっと、きれいになりました。。

 広さは13坪ほどですが、このような作業を一人でするのは大仕事です。草むしりや石拾いは腰を落として行うので腰を痛めやすいです。時々は腰を伸ばしました。

P1070369 【塀は私の敷地内に建設】

 季節柄、草はもう生育しないので暫くはきれいな庭が維持できるでしょう。ここの使途は今のところ空き地です。当面、近所の方々との「ふれあい」に使いたいです。

 暫くして近未来は植物を植えたいです。家の庭は花木が中心で果物は柿とザクロだけですが、あまり甘くないです。このため、実のなる楽しみを与えてくれる果物の木を植えたいです。日当たりもよく、水も与えやすい場所なので土地を改良すれば生育するでしょう。

P1070362 【現在の柿・・・あまり甘くない】

 一般的に、桃栗3年、柿8年、ゆずは9年などということから、私としては実がなるまであまり待てないので、柿とゆずはやめます。

 その代わり、今考えてる果物は例えば、キンカン、スダチ、ミカン、アンズ、ビワ、レモンなどです。多くは柑橘類で自然からの免疫を体内に取り入れるには良いでしょう。

P1070365【実生によって生育したザクロ】

 早速、埼玉の花園へ行って、これらや他の良さそうな果物の樹木を手に入れたいところです。私としては小さな苗より、ある程度、成長したものを探したいと考えてます。それは早めに実がなるからです。こんなことでも夢は広がります。 

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

富士を望む「大間々」の高台から高度を飛ぶ訓練

P1070303【放鳩地として見晴らしは最高】・・・Enlarge please!

 ここは私のレース鳩訓練基地としてお気に入りの高台です。すでに30~40回ここから訓練しても未だ一度も猛禽の出現がありません。大間々の市街地から150mほど上がった高台であることや、周辺が開け、近くに森がないからでしょう。

 放鳩して100mも上昇すると、大間々の地上から、200~300mの高さを飛翔することになり高度を飛ぶ訓練になります。

P1070299 【遠望に富士山】・・・Enlarge please!

 方向判定には高度を飛ぶ方が有利と考えられます。こんなことから一般論として、山間部での個人訓練の放鳩地は高い地点から放鳩することが猛禽対策や方向判定のため何かと有利と考えてます。

P1070309 【放鳩後、上空200~300mの高度を飛ぶ】・・・Enlarge please!

 今回、訓練した鳩は「稚内モザイク号」から今春生まれた直仔や孫が多く、羽色にモザイクが多く、飛んでいても分かります。

P1070306  先日、ブログのコメントを通じて、鳩友ピジョンクレージーさんから連絡が入り、今秋、北海道北部の連合会で400K1羽帰りが出たとのことで、この鳩は「ホープGN号」の直仔です。つまり、当舎の「稚内モザイク号」と兄弟になります。

 2015年・春は「稚内モザイク号」の孫が北海道・デカ橋鳩舎で東舞鶴GN総合7位になったとの連絡をいただいたことから、今後も「稚内モザイク号」を種として活躍させたいと思います。

P1040777【稚内モザイク号】

 ところで、10月になってトヤの終了時期が近づいてます。健康な鳩は早めにトヤが終わったり、あるいは、トヤ中であることが分からないほどです。今ほどレース鳩の健康度を判定するのに分かりやすい時季はないでしょう。

 如何にもトヤの真っ最中であるようなみすぼらしい姿の鳩はレースや作出による回復力が遅く、内臓が不健康と考えます。早くトヤが終わった鳩が選手でも種でも何かと有利でしょう。

095 【トヤ中は時々水浴を実施】

 また、種の管理は今が大切な時期で、栄養が過多でも、不足してもよくありません。特に他鳩舎から導入し、舎外ができなくて年齢が増した♀は太りやすい傾向で、時々は手に持って下腹に肉がつき過ぎてないかチェックします。

 塩土や鉱物飼料は新鮮なものを与え、古いものは思い切り捨てます。種は分離中であるので、当舎では、混合飼料にカビのない大麦を1対1で混ぜてます。

P1070311 【雨天が続いた後は大麦を天日干し】

 種鳩の管理では、来春の作出に対し、すでにスタンバイの時季であるとの認識を持ち、秋から冬にかけ換気の調節、鳩舎の床は常に清潔で乾燥させておきたいものです。

P1070318 【餌は一度に購入し過ぎない】

 餌は保管場所が大切で、湿気対策や、虫が湧かないよう多くを買いだめせず、当舎では母屋内の桐の物入れに保管してます。 

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »