« 全身を伸ばすには「ぶら下がり健康法」も大切 | トップページ | 若き日より念願であった角落山1393mに登頂 »

2015年10月12日 (月)

意図的に毎日身体を動かす・・生活習慣病の予防

P1070270 【群馬県富岡市にある大塩湖内】・・・Enlarge please!

 厚労省の調査によると、日本人の平均寿命は男80才、女86才です。しかし、私たちがめざすのは【何でも自分ででき】【どこへでも自分で行け】【得意な分野で創造性が実践できる】健康長寿です。これは高齢者のみならず30代~40代~50代の方々も例外ではないでしょう。

 現在、日本では糖尿病と糖尿病予備軍の合計が2050万人といわれ、これは国民の5人に一人となります。これを打破するには国民の一人ひとりが意図的に毎日、身体を動かす習慣を身につけることでしょう。

 それには、まず【椅子に座ってる時間を減らすこと】と考えます。

P1050776  週に一度ほど夕食に行ってる高崎駅前「炙りやどんどん」の店主が座ってることを私は一度も見たことがありません。平成の始めから推定1300回ほど訪れてます。こんな回数を行っても、マスターは常に立って作業され、店内で座ってる光景を未だ一度も拝見してません。初めてお目にかかった頃と全く変わらず常に溌剌と仕事に邁進されてます。

 本当にお元気で「万年青年」という言葉がぴったりです。これは常に立って作業をしてることや、最高の状態で料理を提供することに気を配られ、結果的に身体のすべての筋肉を使うことになり、これが若さの秘訣につながってるのでしょう。ご自宅にあっては、愛犬の散歩を習慣とされてるとのことです。

P1070283【大塩湖には桜並木と周遊道路がある】・・・Enlarge please!

 ところで、私たちが行うウォーキングのポイントは「快いスピード」でなくてはなりません。遅い速度では心拍数が上がらず、時間もかかり、全身の血流にとって変化が少ないでしょう。

 多くのスポーツがそうであるようにウォーキングも前方を見ながら一定の速度を守ることが有酸素運動=aerobic exerciseの本質です。

 一方、筋肉は下半身に全筋肉の70%が集中しても、全身を網羅してることから、歩くことだけでなく、身体中の筋肉使って新陳代謝を促すことが大切です。

 例えば、大きな樹木の剪定は全身のバランス感覚を磨き、両腕の筋肉を使います。このように平素、可能な限り、生活の中で意識していろいろの筋肉を使うことが望ましく、それを習慣にしたいものです。基本的には一日のうち【立ってる時間を増やすこと】です。

437 【数年前、友人Samuel Toddさんと登頂した尾瀬の至仏山頂】・・・Enlarge please!

 そのための理想的な一つは標高1000~2000m程の低中山の登山があります。坂道を登ることはウォーキングと異なる部位の筋肉に負荷をかけます。

 今週は群馬県倉渕町に聳える「角落山」1393mに近所の方と登る予定です。いつかは登りたいと20代頃から眺めてた山です。

 同行者は日本の百名山をすべて踏破した人です。途中クサリ場があることから油断せず登頂を目指します。片道1時間30分とのことで頑張れるでしょう。頂上からの光景では、若き日5回登頂した浅間山の雄姿を期待してます。 

|

« 全身を伸ばすには「ぶら下がり健康法」も大切 | トップページ | 若き日より念願であった角落山1393mに登頂 »

生活習慣病の予防」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全身を伸ばすには「ぶら下がり健康法」も大切 | トップページ | 若き日より念願であった角落山1393mに登頂 »