« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

高貴な風格漂う「フィリスコーン」の魅力

P1010037 【西洋シャクナゲ・・・フィリスコーン】

 初めてシャクナゲの魅力に取りつかれたのは30年ほど前です。当時、日本シャクナゲと西洋シャクナゲの区別はもちろん、全般的にシャクナゲの種類や知識に乏しく、育て方については殆ど知りませんでした。

 ただ健気に咲く姿に取り付かれ、以来、埼玉県花園や前橋農協花木センターなど、あちこちの植木屋巡りをして、気に入った色彩のシャクナゲを2年に1本ほど購入し、合計15種類ほど手に入れましたが、育て方の無知により5本ほど枯らしてしまった苦い体験があります。

 今回、開花した写真のフィリスコーンは花弁の大きさといい、珍しくクリーム色した色彩といい、気品が満ち溢れ、この花のオーラについ見とれてしまいます。

 早速、気付かれた隣のTさんが庭に入って来られ「このシャクナゲは高貴ですね」と感心され、わざわざ奥様を呼びに行き、お二人でしばらく観賞されてました。

P1010026 【フィリスコーン・・・半日蔭に植えるのがコツ】

 ところで、日本シャクナゲの特徴は概して花の色彩が地味であり、最も大きな特徴は葉の裏が茶色です。シャクナゲ全体では種類が少ないです。しかし、深みある色彩は言葉で何とも表現できない美的魅力があり、心から惹きつけられます。

P1050086 【日本シャクナゲ・・・品種名は筑紫】

 一方、西洋シャクナゲは種類が豊富で、昔から人為的に交配がなされ、一見して華やかな色彩です。花弁の色は多種多様です。

P1000854 【西洋・・・4月上旬に満開、すでに散り、来春の新芽が出てる】

 シャクナゲを購入したら、先ず相応しい場所選びです。半日蔭を好み、土地が多少高めの所が水はけが良く生育しやすいです。真夏の直射日光を嫌い、特に暑い西日が当たらないことです。しかし、冬季は蕾が成長する時季であり、日当たりが良いところが適します。

 この矛盾の答えは簡単です。「比較的大きな落葉樹の下」に植えます。

P1000988【日本シャクナゲ・・・細葉】

 購入後、根回ししてあった袋や紐は土を崩さぬように取り除きます。遵守すべき注意は、「深植えしないこと」です。少し根元が見える程度です。掘った穴の周囲にはピートモス、腐葉土、赤玉土などを入れ、土がふわふわし空気が含まれてる状態が望ましいです。

 水遣りは根の最深部に届く感じにたっぷりです。肥料は5月にお礼肥、秋から冬にかけて蕾が膨らむので12月頃与えます。遠回しに油粕です。

P1000938 【すでに来春の新芽が出てる西洋】

 前述の通り、植木屋巡りは楽しく、気に入った植木との出会いは恰も人との出会いのようです。購入時の鉄則は開花の色彩を確認です。

 シャクナゲに限った事ではありませんが、蕾の状態で購入を決断すると開花したとき、がっかりする場合があります。色彩の確認は大切で、この花とどうしても離れられない心境が購入のポイントと感じます。

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

マイナス金利の効果が出るのは夏以降か

P1010011_2 【情熱的な大ムラサキツツジ・・投資も理性と情熱か】・・・拡大してご覧ください。

 常に世界経済の中心をなし、順調な景気回復が期待されているアメリカ市場でさえ昨年8月中旬より、中国経済の悪化により輸出が低迷し始め、それと共に原油価格の落ち込みで石油関連企業の業績不振となりました。

 今年3月あたりから中国経済に対する不安材料が徐々に薄れつつあっても、今のところ、景気回復の兆候は見えてきません。しかし、徐々にではあるが、原油価格が一時より上昇に転じてる状況にあり、ダウ、ナスダックの動向を注視すると、アメリカ経済に再び回復の期待が高まってるように感じます。

P1050060 【赤紫の藤は満開・・・but日本経済は足踏み】

 ところで、今年1月29日、日銀は突如としてマイナス金利政策を決定し、市場を驚かせました。日銀の狙いは、一般の銀行が日銀へ資金を預ける代わりに「企業への貸出を増やす効果や、融資や住宅ローンの金利低下により市場を活発化させる」ことです。

 一方、「高い金利を求める資金が国内から海外へ流れ、結果的に円安が進む」という狙いがあると考えられます。

 しかし、2月上旬より、その狙いとは逆に世界的な景気低迷や、前述の原油価格低下を背景として、それまでと比較し、1ドル110円前後の円高、日経平均1万6~7千円台の株安が続き、マイナス金利政策の効果は今のところ目に見えるような動きはありません。

 一方、ヨーロッパでは2014年に欧州中央銀行がマイナス金利を導入し、結果的に、ユーロ安になるまで数カ月かかった経緯があり、日銀によるマイナス金利政策が当初の狙いに到達するには、半年ほど市場の動向を見ることになるでしょう。それは夏から秋にかけて徐々に現れる可能性が考えられます。

 【注:マイナス金利とは日銀の一般銀行に対する金利であって、国民の普通預金の金利がマイナスではありません。】  

P1010019_2【各種ツツジの開花・・・投資もポートフォーリオが肝腎か】

 私は経済の専門家ではありませんが、これら世界経済や日本経済、そして為替動向は「一般の国民にとって、無関係ではないという見方」が大切と思ってます。

 「井の中の蛙、大海を知らず」の諺通り、経済においても、私たちは井の中の蛙であってはなりません。狭い知識や狭い見聞に捕らわれる生き方から脱皮しなくてはなりません。 

 現実の広い世界には多種多様の投資対象があることを知らずに、低い金利の国内預金のみに徹してるのでは生活の向上・改善は望めないと考えてます。

 ある程度の資産を持っていても、金利の低い貯蓄へ預けてるのみでは、現実には物価上昇により目減りが考えられます。預金は安全であっても金利が低いことから、資産を増やすには「一部でも投資に回す」ことが有効と考えます。

 投資にチャレンジすると、希望やワクワクする期待感から「認知症には縁のない生活」を送ってる方が多いように感じます。

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

倉賀野町のシンボル巨樹が伐採される・・・無念・・

P1000959 【今となっては貴重な写真となった倉賀野最大の樹木】拡大してください。

 樹齢約400年と推定される倉賀野町上町・須賀喜邸の巨大なケヤキの木(モクノ木)が急遽伐採されることを、近くを歩きながら偶然に知った私は、何と言う「短絡的思考による判断か」と現代人の樹木の見方に失望すると共に、身近な倉賀野の歴史を一瞬にして塗りつぶす一つの行為に憤りを感じざるを得ません。この巨木は高さ30mほどあり、四季を通じて鳥たちのサンクチャリーでもありました。

 須賀喜邸の庭には10才のころ父と一緒に入れてもらったことがあり、当時の印象は倉賀野にこんなに自然が残されてる庭があるのかと子供心に驚いた記憶があります。今回、巨樹の伐採工事で裏門が開いてたので暫くぶりに中に入って眺めてみました。そこは一面、植物に覆われ、昔懐かしい屋根つき井戸がある植物園の佇まいが現存してます。

P1000976

 一方、旧国道17号脇には下のように高崎市がこの巨木を保存樹木として指定してる標識があり、いわば、これに違反してか、無視しての伐採です。落葉や落雷は今に始まったことでなく、その声に対抗しつつ数百年生き長らえてきたのでしょう。

P1000966

 巨木が育つには数百年、しかし、現代の機械による伐採時間は半日足らずです。もう、倉賀野のシンボルツリーは見る影もありません。巨木保護に対する教育の欠如です。

P1000965

 大型クレーン車2台による伐採は、一台は巨大な枝が伐採後落下しないようロープで固定して吊るし、もう1台に木こりが乗って、チェンソウで太い枝を切り落とす方法です。

 枝といっても直径30㎝ほど、チェンソウの轟音は伐採位置が高いこともあり、倉賀野に広く響き渡りました。すべての枝に新緑がついたままで、ついにあっという間に丸坊主です。

P1000975 P1000977 【今後、果たして新たな芽が吹くでしょうか】

 実は最近の倉賀野にはとても寂しいことがあります。それは祭りの激減です。1月の烏川の畔で行われた道祖神祭りは子供の頃の楽しみだったが、その風習はなくなり、7月の通称「ワッショイ」は万灯を持っての町内別行進は迫力があり、他の町内と出合い対面すると万灯を互いにぶつけ合い、時には、ろうそくの火が燃え移り、興奮したものです。

P1060641  一方、こちらも江戸時代から続いてたと想われる8月16日の「閻魔堂」の大祭が昨年は行われませんでした。新たなお堂になり、盛大な祭りを期待した町民は多かったのではないでしょうか。

 高崎市に合併以来、倉賀野には町長・町議など、倉賀野生まれの指導者がいなくなり、延いては倉賀野をまとめる人がいなくなり、事態は悪化してます。近隣の岩鼻町や山名町では夏祭りとしてたくさんの打ち上げ花火が上がっても、倉賀野は町自体はそちらより大きいのに毎年ひっそりしてます。

 これには一つの原因があり、上町、仲町、下町、正六、南町、田子屋、大門、横町、駅前、などと地区別に昔から対抗意識があり、これにより全体をまとめる人物が生まれないところに原因があると考えます。

P1000971【江戸時代の威厳を今に伝える須賀喜邸】

 裏の庭園は自然の宝庫、倉賀野を高きより見下ろした巨木は急遽伐採され、倉賀野の歴史的シンボルツリーがなくなり、空しく思うのは私だけではないでしょう。

 古い歴史を持つ倉賀野は、現在の町民に対し故郷の歴史教育を充実させるべきです。

| | コメント (0)

2016年4月18日 (月)

今の時季、深夜2~3時に火星とアンタレスが接近

Photo 【さそり座の中心の星アンタレス】ウィキペディアより転記・・左上は火星

 古代ギリシャローマ時代と比較しても、現在の天体の動きはあまり変わらないのでしょう。私たちの住む地球から見た場合、有名なさそり座=the Scorpionは一般には夏の星座といわれますが、すべて星座は一日一回地球の周囲を一周するように見えることから、夏のみならず、現在の4月でも深夜になれば「さそり座」は南の空にあり、名が示す通り、蛇行した尾を持つ恐ろしい姿で地上を威嚇してるかの如くです。

 さそり座の首の位置にひときわオレンジ色に輝く一等星が有名なアンタレス=Antaresです。明るいのですぐに分かります。アンタレスの位置は赤経16h29m、赤緯-26°25′であり、毎年12月初めに決まって太陽が近くを通過します。上図の赤い点線が黄道です。

 実は太陽以外に黄道近辺は月を始め惑星たちが通過する軌道であることから、時には火星=Marsがこのアンタレスに接近し、互いにオレンジ色した個性ある明るい星同士が対抗するかの如く見えることがあります。

 実は今年は4月にこのアンタレスと火星が(私たちの地球から見て)接近して見えてます。互いに情熱的な色彩を誇るかの如く、ライバルのように張り合って見えます。もちろん、実際は全く接近せず、二つの星は考えられないほど離れた距離にあります。

 2000年以上の古代より、いや、人類には考えられないほど大昔より、この現象は幾度となく繰り返され、アンタレスという名称そのものが、ギリシャ語で「火星に対抗する」という意味で命名されたといわれてます。

 どうぞ、深夜にほぼ南中してる火星とアンタレスのライバル同士をご覧ください。互いに相手を意識してるように近くで、だいだい色を帯びて輝いてます。もちろん、火星は太陽の光を反射し、火星の表面は酸化鉄で赤みを帯び、このような色彩に見えると考えられてます。

 アンタレスの大きさは太陽の数百倍と考えられことから、惑星である火星とは比べものにならない大きさであっても、私たちの地球から見ると優劣なく見えます。

 なお、現在、火星のすぐ東に土星が並ぶように接近してます。

P1000951 【開花した赤紫の藤】

 ところで、このブログの右上から入れる国際宇宙ステーションから送られてくる映像は誠に感銘します。60年ほど前、当時のソ連宇宙飛行士ガガーリンが「地球は青かった」の言葉を発し、私たちは驚いたものですが、現在は誰でも彼の言った言葉をリアルタイムな映像により確認できる時代であり、科学技術の発展は正に驚愕と言わざるを得ません。

 どうぞ、ご覧になってください。映像は拡大するとISSに搭乗してる気分です。1周90分なので時々地球の夜に差し掛かると真っ暗で何も見えませんが、すぐに夜明けとなり、4台のカメラで見る地球の表面は見ごたえがあります。

 常に白い雲に覆われていても、時には陸地が見えます。夜中に見ると日本は夜なのに、地球の半分は昼であることが認識でき、また、金星なども時々輝いて見えます。

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

果たして「リンゴ」が生るか・・・2本以上植える

P1000923 【咲き始めたリンゴの花】

 昨年から果物をいろいろ植えてます。キンカン、リンゴ、アンズ、ビワ、イチジク、柿、アーモンドです。果たして、宅地で収穫できるでしょうか。

 年間を通じて根元が乾いたら水遣りしてます。最近は車庫の屋根に降った雨水を防火用水に溜め、その水を柄杓で植物にやると自然界を循環させてることとなり、おまけに水道料がかからず何とはなしに気が楽になります。

P1000365 【雨水を溜める高さ80㎝直径60㎝の防火用水】

 夜雨が降ると一杯溜るので、何か得した感じです。もし、母屋の屋根に降った雨水を溜めれば、どれほど有効利用できるか計りしれません。それでも、鳩舎の屋根に降った雨水は築山に流れるようにしてあり、花桃やツツジ、水仙を潤します。

 ところで、以前に前橋農協花木センター内にリンゴが生ってる木を見つけました。見た瞬間、何と風流で華やかな光景かと心を動かされ、以来、リンゴの苗木をあちこち探しましたが、なかなか見当たりません。

 今までは、果物に興味を示さず、花木のみを探し求めてましたが、生ってるリンゴの木を見て心が変わり、今後はリンゴの木や他の果物も植えようと決心です。

 数年も経過すれば、収穫の喜びが体験できるかもしれません。実は果物の木もきれいな花が咲きます。良く知られてるところでは、アンズの花は薄い肌色で魅力があります。

 果たして、宅地でリンゴが生るでしょうか。初めての挑戦ですが、研究しながら手入れをしてみます。受粉の関係で2本以上植えてあります。

P1000918 【品種名・・・ルーズベルト・西洋シャクナゲ】

 四月中旬となり、庭は次第に花ざかりです。ピンクの藤が蕾を膨らませてます。数年間、咲きませんでしたが、ポイントは剪定法であることに気づきました。伸び過ぎた蔓を夏に切ります。

P1030629 【写真は昨年の開花】

 あれこれしても咲かず、失敗を重ねつつ獲得した藤の咲かせ方です。最近は、近所の藤も咲かないので試しに剪定を施したら、今春は蕾がたくさんつき、高齢の女性は大喜びです。

 こんなことでも、人の役に立ったことは嬉しいものです。これからは、何か人が喜ぶようなことに力を発揮したいです。

 私にはソプラノサックス演奏があります。こちらもボランティアで小さな演奏会を開く夢を持ってます。例えば、高齢者施設を訪れ、多くの方が知ってる懐かしい音楽など演奏できたらと思います。

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

チャレンジ精神に年齢は関係ない

P1000910 【二代目しだれ花桃・・・羽衣】・・・Enlarge please!

 4月になり、社会人は入社、人事異動、近隣の子供たちも入学・進級、クラス替えによる新たなクラスメート、新たな担任の先生、授業担当の先生が変わり、これも彼らにとって新たな出会いであり、人生の大きな節目です。

 今回4月の人事異動において、私が最も驚いたのは高校時代の後輩H氏が高崎市の副市長に就任したことです。先日、偶然「炙りやどんどん」でお会いし、その話し方に、先ず人間の大きさに驚きました。私は敬服すると共に幅広い人脈に大物と直感です。

 たまたま、その晩はNHK交響楽団関係者が同席してましたが、これらの方々への対応に、市の職員として自信と芸術への造詣が深くが感じられ、立派な後輩がいるものだと心底より感銘です。

 そう言えば最近知ったことで、私の高校時代の後輩から海外日本人学校の教諭や管理職が生まれており、その数5名がヨーロッパからアジア、中南米と世界各国で活躍され本当に驚きました。海外日本人学校勤務は私が第一号なので、後に続いてくれた人たちがいて本当に嬉しいです。

P1000898 【植物名は春一番・シャクナゲとツツジの交配種】・・・Enlarge please!

 高校時代の後輩たちが各界で活躍してることは、すでに引退した私としては喜びの極みです。

 今回、私が強く感じたことは度量の大きさ、卓越したカリスマ性から、前述のH氏は近未来、本市市長に選ばれる可能性が大であると直感しました。長期にわたり市職にあり総務部を体験されてることから市政に深く精通してることは確実です。

P1000861 【西洋シャクナゲ大輪】

 ところで、一般に退職すると「夢も希望」もなくなるのではないかと考えられがちですが、人それぞれで気持ちの持ちようです。人間いつになってもチャレンジすることはいくらでもあるものです。

 生涯を高校音楽教育に没頭した私への褒美は、現在の「有り余る時間」です。一日をどう計画し、どう実践するかです。今のところ大変なことは、妻の他界により、一万二千回続いてる孤食です。こちらはいずれ解消したいもの。

 毎日、挑んでることは英語のボキャブラリーを増やすことです。英単語が脳に定着するかどうかで最近感じることは、フェイスブックで英作文することが実践英語に近く、外国の方と交流でき、この方法は効果的に感じて、すでに3~4年継続してます。

 同時通訳者・鳥飼久美子氏曰く・・・「英語の効果的勉強法は自分に合った方法をいかに発見するかである。」に実力者ならではの格言と感じてます。

 一方、かつての名横綱・千代富士親方曰く・・・「通り一遍の戦法でなく、いろいろやってみると勝機が生まれる。」の言葉に、英語のボキャブラリーでも多くの分野を対象とし、書いたり、音読したり、訳したり、話したり、聴いたりにチャレンジではないでしょうか。

 このうち体験上、英単語が脳に最も定着するのは「音読」ではないかと感じてます。

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

一日のうちで椅子に座ってる時間を減らしたい

P1000895 【拙いブログ発信基地・・・座ってパソコン作業】

 最近、サルコペニア=sarcopeniaという言葉を耳にしますが、これは「筋肉が減少」する状態を指します。

 学生時代に習った有名な「ルーの法則」は「1、筋肉は適度に使えば発達し、2、使わなければ退化し、3、過度に使うと障害を起す」です。

 学生時代は体育の時間があったり、部活動があり、通学に足腰を使うので結果的に筋肉は意識せず鍛えられましたが、社会人になってからは仕事上、事務職などは座って行う作業が多く、結果的に一日のうちで立ってる時間が少なくなります。

P1000888 【カイドウ】

 サルコペニア対策にどう立ち向かったか私自身を顧みると、比較的立ってる時間を多くするよう努めてました。一日中だらだらテレビを見ることはまずありません。

 どうしても見たい番組は「朝の連続テレビ小説・・・トト姉ちゃん」、「お笑い笑百科」、「笑点」、「新婚さんいらっしゃい」が必見です。これ以外はあまり見ないので受信料がもったいないです。

 前述のルーの法則の2番は「筋肉は使わなければ退化する」です。年齢が増す度に筋肉を落としてはならないことは頭で理解できても、現代社会は「便利すぎる世の中」であり、テレビさえ、動かずにリモコン操作で、歩くことが少なくなってます。

 一方、食生活は昔では考えられぬほど高タンパク、高エネルギー食品が巷に溢れており、スーパーでは一年中、美味しそうに並んでます。つい、購入しがちですが、強い心を持って健康食品を選ぶ習慣を身につけ、可能な限り歩く生活が健康維持につながると考えてます。

P1000259  それどころか、近くにある階段を見つけては昇り降りする習慣を身につけたいものです。歩くこと以上に階段は足腰の筋肉増強につながります。

521【群馬県富岡市・貫前神社の階段】

 私たちは生活の中で椅子に座ってる時間を徐々に減らすよう努め、できることなら写真のような階段を登ることは筋肉増強にかなり効果があると考えられます。また、スピードを保ち、腕を振るウォーキングは足腰のみならず、上半身の筋肉増強に効果が期待できます。

 一方、健康維持に大切なことは身体の柔軟性です。例えば、ラジオ体操するには「両足の幅を1m前後広げて」行うと、身体の動きが変化することに気づきます。どうぞ、確かめてください。

P1050776 【どんどんのマスターは万年青年】 

 週一回夕食に行ってる高崎駅前「炙りや・どんどん」のマスターが座ってることを見たことがありません。その結果でしょう。初めてお会いした30年前と心身ともに変わらぬお方です。

 私たちが、できる限り「座らない生活習慣」を実践するには、結果的に座らない作業を選ぶことです。その点、花木の世話は足腰によく、高いところでの剪定作業は三半規管を研ぎ澄まします。

 季節は一年で最も活動しやすい時季です。老いを遠くに追いやる気持ちで、活動的に生活し、心身ともにアンティエイジングに没頭したい。それには、筋肉を減らさないことです。自分自身とは何かと言えば、それは「筋肉の中に生きてる」と実感すべきです。

| | コメント (2)

2016年4月 4日 (月)

将来、大きな「源平しだれ桃」に育て上げたい

P1000880 【幹がくねってる満開の源平しだれ】・・・拡大してご覧ください。

 3年ほど前、前橋農協花木センターで購入した高さ1m50㎝ほどの「源平しだれ桃」の幼木は今では3mほどの高さに成長し、綺麗に紅白に咲き分けてます。写真では幾分か白が多く見えますが、実際には白の枝に赤が混ざったリ、絞りも含まれてることから色彩的にバランスを保ちつつ成長し、将来が楽しみになってます。

 私はこの「源平しだれ桃」を我が家の一つのシンボルになるよう期待し、築山の最も高い位置に植えました。しだれる枝は低い所に植えると枝が地上に接触してしまうので、高い位置に植えると年間を通じて優しい枝ぶりが観賞できます。

 開花時期は2~3週間であり、いわゆる「旧暦の桃の節句」が含まれます。今年は4月9日です。高い位置に植えれば残りの11ヶ月半は樹形を味わえることになります。花木の楽しみは二つあり、一つは花の色彩を味わい、もう一つは樹形を楽しむことです。美の要素は二つあり、それは「形と色彩」です。

 その点、この源平しだれの幹はヘビのようにくねっており、おそらく植木職人が幼木時に、紐で暫く固定して強制的に曲げていたのでしょう。その成果が今になって味わえるのでプロの技術は有難いことです。幼木時の技がこの樹木の一生のスタイルを決めます。

 同様に、人間についても幼い時に受けた適切な教育こそ、その人の人生を素晴らしい方向へと導くものでしょう。

P1000885 【南側から撮った源平しだれ桃】・・・拡大してご覧ください。

 ところで、この樹木に対して私ができることは「年間を通じ根元に水を溜めること」「5月のお礼肥と、1月の寒肥え」位です。もちろん、樹形を考え剪定を4月下旬に行います。

 この樹木はしだれであることから、高い位置から枝がしだれ、その枝に紅白に咲くように期待してます。それには毎年、開花が終了したら下部の枝を切断し、枝を上に伸ばします。この方法で樹高が伸び、高い位置から枝がしだれます。

 剪定方法は、四方八方から眺めることです。剪定がすべて終わってからでは失敗するので、一枝剪定しては遠くから眺めるようにします。

P1000893 【根元はカルデラ湖のようにする】

 一年中、水遣りは日課です。築山の頂上は富士山のようにコニーデ型をしており、頂上のクレーターに水が溜まるようにしてあります。ここへ朝夕、水をたっぷり与え、最も下の根に到達するよう時間をかけ少しずつ水を流し入れます。

P1000886【以前にあった大きな花桃の実生が成長】

 隣は以前にあった大きな花桃の子孫です。落下した種から成長しました。自然とは、自身が朽ちても優れた方法で子孫を残してることに驚かされます。こちらは「羽衣」という品種で桃色の花のみです。 この木の親はイギリス発行レース鳩月刊誌「ビクトリアル」から鳩舎と共に世界中に紹介されました。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »