« 英語のボキャブラリーは生涯かけて増やすもの | トップページ | 「バク」まで6Kウォーキング・・・・М先生に巡り会う »

2016年11月28日 (月)

光合成を終えた落ち葉に感謝しつつ、道路を掃く

P1020047【白モクレンの落ち葉】

 平野でも11月下旬となれば、落葉樹の葉は北西の季節風と共に落ち、山岳地帯ではそのまま自然の肥料となって、翌春は息吹とともに新緑に覆われます。この一連の繰り返しは人類誕生以前より何億年と続いてる素晴らしい自然の循環です。
 
 一方、私たちの生活範囲では、道に落ち葉があっては、歩きにくく、滑ることがあり、ゴミとして扱われます。このため、毎日、前の道の落ち葉を掃いてます。集めた落ち葉はゴミ収集車に出さず、庭に戻し、時間の経過を待ちます。やがて、落ち葉は小さくなり、暈が減り、再度集めて穴を掘つて埋めたり、土地の低い部分に置き、上から土をかけます。これで山岳地帯同様、自然に還り、次第に樹木の栄養となって再度、翌春の新緑へとつながります。
 
 燃すことは二酸化炭素の排出になり、可能な限り私たちはこれを慎まなければ子々孫々の首を絞めることになります。
P1020054【イチジクの葉の裏側】・・・拡大してください。
 
 ところで、タイトルに「感謝」とあります。この表現に驚かれる方がいるかもしれません。しかし、この感謝は事実だからです。植物は花を咲かせ、実を生らせ、私たち人間の食物や動物たちの餌になります。
 
 しかし、もっともっと感謝しなくてはならないことは植物は樹木のみならず草も「光合成」=photosynthesisを行い、結果的に私たちが生きる上で必要不可欠な「酸素」を大気にを放出してることです。このお陰で私たちは肺でガス交換でき、生命を保持してる事実があります。
 
 光合成は太陽からの光エネルギーを化学エネルギーに変えます。光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素からデンプンなどを合成し、水を分解する過程で酸素を生じさせ、大気に供給します。このことを私は中学時代に炭酸同化作用と教わりましたが、その後は「光合成」と生物の授業で習いました。しかし、当時、植物がこんな大切な役目をしてるとは実感がなく、試験のために覚えたものです。
 
P1020051 【常緑樹である枇杷の木】
 
 最近の私は若いときより健康について考えてます。自分でできることは「血液循環のスピード」です。これにはある程度の速度を維持するウォーキングです。心拍数110ほどをキープし、週に2回は実践してます。私の場合、ウォーキング速度は100mを1分ほどです。心拍数110は平素の1.5倍です。
 
 口から細菌が侵入しないよう鼻呼吸を心がけ、これは取りも直さず、良い酸素を肺に入れ、二酸化炭素を体外に放つ有酸素運動です。
P1000537【お気に入りウォーキングコース・・・鏑川の土手】
 
 ところで、上から二枚目の写真「イチジクの葉」の裏側を見ると、葉脈が恰も動脈と毛細血管のように葉の隅々まで広がってます。土から吸い上げた水分を葉に送り、葉の表側から太陽光エネルギーを取り入れ、光合成を行い、前述の通り、二酸化炭素からデンプンなどを合成し、水を分解する過程で酸素を生じさせ、大気に放出してと考えられてます。
 
 人間は酸素なしでは1分と生きられません。こんなことから光合成を終えた落ち葉に感謝を込めて掃いてます。
 
 高齢化社会にあって妻を亡くした私は一人暮らしが12年も続き、どうにか生きてます。心掛けてることは精神的に「自立する生活」、そして「自律する生活」です。独立した二人の娘に頼る気持ちを捨て、自分のことはすべて自分でする精神力を身につけたいです。

|

« 英語のボキャブラリーは生涯かけて増やすもの | トップページ | 「バク」まで6Kウォーキング・・・・М先生に巡り会う »

地球環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英語のボキャブラリーは生涯かけて増やすもの | トップページ | 「バク」まで6Kウォーキング・・・・М先生に巡り会う »