« 光合成を終えた落ち葉に感謝しつつ、道路を掃く | トップページ | 癒しを与える「花桃の里」を夢みて実生を育てる »

2016年12月 1日 (木)

「バク」まで6Kウォーキング・・・・М先生に巡り会う

P1070028【高崎市にあるバク】

 高崎市街地にある小料理屋「バク」へ行くとき、天気が良ければ倉賀野から高崎線に沿って6Kをウォーキングします。実は、このお店は11月いっぱいで一時的に閉店し、12月中旬から隣の二階で新装開店になります。慣れ親しんだお店の最後の日に私は歩いて夕食に行きました。
 
 私が普通に歩くスピードは1分間に100mで、信号待ちも含め、ここまで65分かかりました。このため距離は6Kmと推測でき、誤差はあまりないでしょう。
 
 これは度々ウォーキングする鏑川の土手4kを速ければ33分台で歩き、ちょっとスピードを緩めれば38分台で、気楽に歩けば40分なので、1Kを10分以内で歩くことになります。
「バク」までの距離6Kは浅間山など群馬西部の山並みを眺めながら、快く汗ばみ、美味しいビールを脳裏に描きつつ腕を振って前進します。
P1020061
 
 途中、通過する電車にすれ違い、歩きやすいアスファルトの道を西へ西へと歩きます。休憩はしません。腕を90°に曲げるウォーキング法で呼吸に合わせて前後に振ります。この動作では呼吸筋の弾力性が鍛えられます。肺を取りまく呼吸筋ほど生きるために大切な筋肉はないと考えてます。
P1020064 【有名なH菓子工場の前を通過】
 
 ウォーキング中は必ず鼻呼吸を心がけます。平時でもこれを習慣にすることが大切でしょう。高齢者が最後に罹る病気の三分の一は肺炎といわれるので、私たちは平素から口呼吸をやめ、鼻呼吸により細菌が肺に侵入しない生活習慣に努めるべきと考えます。
 
 一方、生涯見ることができないのが血流です。動脈、静脈を通過する血液のスピードを適度に上げることが血管を刺激し、スムースな血流につながると考えます。成人の心拍数は70前後で、ウォーキング中は約105です。これは平時の1.5倍なので、血流はかなりのスピードになります。
 
 ところで【人間の血液量は体重の約13分の1といわれることから65Kの体重の場合、血液量は5リットル程と考えます。また、成人の場合、心臓は1分間に5リットルの血液を送り出すといわれることから、私たちの全血液は1分で体内を一巡することになります。】ウォーキング中はおそらく40秒ほどで一巡すると考えられます。
P1070031【懐かしいバクの雰囲気】
 このお店の最大の良さはママさんの人柄です。料理が美味しいのみならず、どんな話題でも相手になってくださり、相談にも乗ってくれます。常に笑顔での接客は男性客のみならず、女性客にも常連客が多いです。
 
 すでに100回ほど訪れてる私は数人の常連客と知り合いになり、中でも、広い意味で同僚であることが分かったМ先生とは心から寛げる間柄になってます。これは「バク」のお陰で、日々一人暮らしを余儀なくされてる私にとって彼との出会いは楽しさの極みです。
 
 彼は時折、上毛新聞「ひろば」へ投稿され、掲載された日は必ずママに報告に来られ、何万という群馬県民に読まれてる心の充実に浸りつつ、お酒を味わい、こんな日は誠に幸せそうです。
 
 文章を書く彼の生き方に刺激を受けてる私は、このブログ内容の一層の充実に努め、必ず現場に足を運び、自分の目で確認し、自らの感想や意見の文章化を彼から学びます。
 

|

« 光合成を終えた落ち葉に感謝しつつ、道路を掃く | トップページ | 癒しを与える「花桃の里」を夢みて実生を育てる »

血流の促進」カテゴリの記事

コメント

 2016年12月1日ブログに「バク」が初登場。ついでに小生もご相伴に預かったという感じです。
 投稿は、臆病と羞恥心を抱えながら、自分をさらけ出し、自分を向上させる勇気のいる行動だと思います。
 露出度が増すと、最初のころと違って、時に、キツイ正直な感想もあります。その一例が「最近載った文章は、いいものと、つまらないものがはっきりしている」。こう批評するのは、近所に住む愛すべき読者である同級生です。
 無責任な感想意見にならないように、この目で確認し、調べることも心掛けています。
 小生の中では「言葉」への関心は強いものがあります。英語も日本語も言葉です。先生と私を取り持つ縁は、酒肴の間に飛び交う「言葉」の往来です。


 

投稿: 松村哲夫 | 2016年12月 3日 (土) 09時56分

哲夫先生へ…コメントを賜り驚きました。平成の初め頃、上信電車での通勤で偶然にも先生と席が隣になり、この時お会いして以来、およそ四半世紀が経過し、久しぶりにバクでの再会となりました。
実は偶然ですが、今回のバクの記事でブログは丁度1400回目の文章になりました。文章を書く上で取り組むカテゴリーを広げたいですが、私の脳に柔軟性や弾力性が不足することが障害になってます。これを打破するため、あちこち歩き、多種の文化から刺激を得たいです。今後もいろいろに自らの感想や意見を持って書きたいのでよろしくご指導を賜りたいです。コメント有難うございました。新装開店するバクでの再会を望んでおります。

投稿: カッキー | 2016年12月 3日 (土) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光合成を終えた落ち葉に感謝しつつ、道路を掃く | トップページ | 癒しを与える「花桃の里」を夢みて実生を育てる »