« 健康は築くもの・・・今宵も「バク」まで6K歩く | トップページ | 啓蟄に、茂林寺に広がる湿原地帯をウォーキング »

2017年3月 2日 (木)

空気圧は目測でなく、一ヶ月に1度は計測する

P1020417 【紅白梅をバックに本日撮影】

 購入以来、7年半が経過したAudi TT Quattroは今まで順調に走ってましたが、ここへ来て私の不注意の範囲で、バッテリーが期限切れになったり、昨日、ガソリンスタンドでタイヤの空気圧を計ってもらったら、大分減ってると言われました。
 
 新品タイヤなので空気はあまり減らないと思ってましたが、やはり、一冬経過すると低温により、前輪2.2Kの筈が、1.7程度に、後輪2.0の筈が1.6程度になってるとのことで正常の空気圧にしてもらいました。
 
 一方、「エンジンを清掃せよ」とのランプが寒い朝に限って表示されることから、来週アウディー整備工場で清掃してもらいます。
 
 運転席の計器類があるディスプレイに現在の空気圧、及びバッテリー期限は表示されませんが、どちらも運転上、極めて重要なことであり、今後はもう少し気を引き締め、再発防止に努めたい。
 
 空気圧について私は平素あまり心配せず、常に正常に入ってるものと思いがちで運転前に四輪を目測するだけです。タイヤ銘柄はミシュラン・パイロット・スーパースポーツ、サイズ245-40-18です。扁平率が40%と少ない方でも、幅が245なのでそれほど低く見えません。
 
 しかし、これが勘違いの元で、今回のように空気圧が減っていても、目測だけでは実際の空気圧は分からないものです。少なくても一ヶ月に1回はガソリンを入れるとき計測してもらうべきでしょう。「タイヤは命を乗せている」の教えを肝に銘じたい。
 
 ところで、連日のように高齢ドライバーによる重大事故が多発してます。最近は、事前にそれを防ぐ目的で高齢者による免許返納が増えてると伝えられます。高齢化社会に伴い認知症やロコモ、そしてサルコペニアの人が増え、これからの社会生活は次第に難しい時代になります。
 
 場所によっては車がなければ医療機関に行けず、買物に行けずという状況に陥ります。これは核家族化に起因し、夫婦2人暮らしや、私のように一人暮らしは生活に支障が生じます。
 
 こうなる前から近隣の方々と「お互いさまの精神」で、互いにできることを手助けすることや、元気な今のうちから体力増強をめざし、読み書き、楽器など何でもいいから脳を使う生活を毎日送ること、特に、近隣との交流を密にすることが大切と思います。
 
 ところで、未然に事故を防ぐために日頃、私が運転中、徹底してることは「十分な車間距離」です。その他、「狭い道を通過しない」、「交差点で徐行」、「自転車・歩行者を見たら減速」などです。
 
P1020038【娘の結婚式で】
 
 長かった冬も終わり、いよいよ自然に息吹が感じられる季節です。この春は黄色い愛車で県内外の名所旧跡と温泉を味わいたい。近日中に、ぶんぶく茶釜で有名な館林の「茂林寺」を見学し、近くの湿原地帯を周遊ウォーキングしたいと思ってます。
 

|

« 健康は築くもの・・・今宵も「バク」まで6K歩く | トップページ | 啓蟄に、茂林寺に広がる湿原地帯をウォーキング »

Audi TT Quattro」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康は築くもの・・・今宵も「バク」まで6K歩く | トップページ | 啓蟄に、茂林寺に広がる湿原地帯をウォーキング »