« 自然界に合わせ四月の交配・・・ランボー号系など | トップページ | 大腸は「第二の脳」・・・便秘にならない食生活 »

2017年4月 6日 (木)

強靭な呼吸筋が姿勢をも正しくする

P1020647 【開花した西洋シャクナゲ大輪】・・・拡大してご覧ください。

 二十四節気の一つ「清明」となり、公転軌道上を行く地球から見る太陽は「魚座」の中に入ってます。古代バビロニア人の喩えのように、この星座は恰もチグリス川とユーフラテス川のような形をなし、現在の太陽はこの両河川の間にあるメソポタミアに当たる位置に来てます。
 
 何故これが言えるかは、半年前の10月8日「霜降」の午前0時に「魚座」は南中してたからです。
 
Photo【国立天文台より】
 
 このチャートを見ても、実際に夜空を見ても10月8日「霜降」の午前0時に「魚座」が南中してます。このとき、太陽~地球~魚座に並んでいましたが、半年経過した現在、地球は公転軌道上を半周したので、地球~太陽~魚座の関係に並んでます。現在、地球から見ると太陽と魚座は同じ方角にあります。
 
P1010541【鏑川と烏川の合流点にある土手】
 
 「清明」である今の季節は私たちにとって一年でも最も希望に満ち、地表の植物は青々と生命力に溢れてます。
 
 ところで、二十四節気は古代中国で考案されたと伝えられ、当時、太陰暦のため暦と季節にずれが生じ、農耕などに不便があることから二十四節気が生まれたと歴史は伝えています。やがて、この二十四節気が日本へ導入されたのは江戸時代になってからのようです。
 
 二十四節気は太陽の位置がそれぞれ赤経=Right Ascensionの各hに一致し、春分=0h、清明=1h、穀雨=2h、立夏=3h、小満=4h、芒種=5h、夏至=6h、小暑=7h、大暑=8h、立秋=9h、処暑=10h、白露=11h、秋分=12h、寒露=13h、霜降=14h、立冬=15、h小雪=16h、大雪=17h、冬至=18h、小寒=19h、大寒=20、立春=21h、雨水=22h、啓蟄=23h、春分は基点であるので0h又は24hとなり理解しやすいです。
 
P1020652 【源平しだれと緑の鳩舎】
 
 ところで本題です。自然の恩恵の中で生きてる私たち人間は、酸素を肺に吸入し、肺でガス交換することにより、血液の中に酸素を取り入れ、不要となった二酸化炭素を体外に放出する一連の呼吸を誕生した瞬間から繰り返しつつ生命を維持してます。
 
 この呼吸という大切な生命維持作用を無意識のうちに行ってるのが肺の周囲にたくさん存在する呼吸筋です。故に、私たちは元気なうちに弾力性に富み、かつ強靭な呼吸筋の発達をめざし、この大切な筋肉を鍛練しておくことがanti-sarcopeniaにつながり、生命をいつまでも維持するため断然有利と考えます。
 
 呼吸筋を鍛えるには、身体を捻るとき「息を絞り出す気持ち」でたくさん吐き、呼吸筋を伸ばす感覚です。胸を開くとき、両肩を上げるときたくさん吸い、やはり呼吸筋を伸ばす感覚です。力を抜いてすべてリラックスするとき呼吸筋が縮む感覚です。
 
 ウォーキングの場合、有酸素運動なので呼吸を意識して歩く習慣が大切です。通常、ウォーキングでは4歩で一呼吸です。つまり、2歩で吸い、2歩で吐きます。また、私はソプラノサックスを吹くので瞬時に息を吸い、可能な限り長い時間をかけて吐きます。管楽器を吹くことが呼吸筋の鍛錬につながれば、演奏と共に一石二鳥です。
 
P1020622【しだれレンギョウ】
 
 一方、ラジオ体操は体験上、殆どの動きが呼吸筋の伸縮に結びついてます。ラジオ体操の時間帯は朝6時30分だけでなく、8時40分、正午、午後3時からの一日4回放送してるので利用し、ぜひ「呼吸筋の伸縮」を意識して体操したいものです。
 
 尚、背中の呼吸筋を強靭にすると、結果的に背中の筋肉が鍛えられるので、正しい姿勢につながります。姿勢が正しければ呼吸がしっかりできます。これからの季節は野山に出て、骨を丈夫にする意識=anti-osteoporosis、筋肉を増やす意識=anti-sarcopenia、呼吸筋=respiratory muscleを鍛える意識が高齢化社会における「健康の基盤」と考えてます。
 

|

« 自然界に合わせ四月の交配・・・ランボー号系など | トップページ | 大腸は「第二の脳」・・・便秘にならない食生活 »

Anti-locomotive syndrome」カテゴリの記事

anti-sarcopenia」カテゴリの記事

コメント

以前コメントさせていただいた豪州の逍遥です。シャクナゲの写真が添付されていますが、今年の花ですか、ちょっと時期的に早い気もしますが。うちの裏庭にあるシャクナゲと同種のようですから早咲きかもしれませんね。こちらのシャクナゲはどうにか酷暑を乗り越え、一本も枯らすことなく秋を迎えました。夏季の強い日差しに遣られ葉が落ち寂しくなった株もありますが、どうにか来春の開花期は迎えられそうです。

投稿: 逍遥 | 2017年4月11日 (火) 08時17分

Mr.逍遥in Australia
遥々南半球からコメントいただき嬉しいです。添付されてる西洋シャクナゲは現在、私の庭で咲いてるものです。このシャクナゲは他のシャクナゲより、開花時期が若干、早いです。おそらく状態が良いのでしょう。調子が悪いと、どうしても開花が遅くなります。
ところで、シャクナゲが最も嫌うのは、鶏糞など強い肥料です。これらを与えないように気をつけたいものです。私の場合、根元から遠回しに年2回、油粕を与えてます。6月のお礼肥と12月の寒肥えです。なお、開花時期については一般的に日本シャクナゲは遅く、今のところ蕾はあまり大きくなってません。おそらく4月下旬か5月上旬の開花と想われます。オーストラリアはいよいよ秋ですね。

投稿: カッキー | 2017年4月11日 (火) 08時45分

4月上旬でここまで開花していますか。我が家のシャクナゲも10月中に満開になりますので、どうやら同種のようです。未だ寒いうちに開花する早咲きの種類は平地でも結構綺麗に咲きますが、遅咲きのものは次期が遅い分、気温が高く日差しの強い影響で平地では花付きが悪いように思います。シドニー近郊の高地帯で11月上旬から数百種のシャクナゲが色とりどりに開花する場所もありますが、1000mm位の高地であり時期が遅くても気温もさほど上がりません。私の住んでいるシドニー近郊ではでは11月以降気温が30°近くに上昇し、朝夕もあまり気温が下がらりません。その分遅咲きのシャクナゲがきれいに咲くには厳しい条件なのかもしれません。

投稿: 逍遥 | 2017年4月11日 (火) 12時00分

Mr.逍遥in Australia
日本シャクナゲの品種「アヅマ・シャクナゲ」と「ツクシ・シャクナゲ」の蕾が膨らんできました。もう直に開花です。
シドニー郊外にお住まいとのことですが、仕事の関係で滞在されてますか、それとも永住されてますか。
ところで、私は星座にも興味があります。そちらではシリウスに次ぐ明るさを持つ1等星「カノープス」が見られる筈ですが、良く見えますか。日本ではまず見えません。同様に南十字星についてもいかがでしょう。オリオン座は北に見えますね。北極星はもちろん、カシオペアも見えませんね。

投稿: カッキー | 2017年4月13日 (木) 03時02分

豪州に来てからかれこれ30年になりました。このまま永住かどうか未だ決めかねておりますが、定住するようになったのは今の場所〈都心から北に4キロ)に住むようになってからですからかれこれ20年ほどたちます。シドニーもとうとう人口が500万人を超え、残念ながら都市部では街燈などの明るさに邪魔され星を観察しようという気持ちも余りわきません。昔メルボルンに住んでいたころ南十字星や偽十字を見上げていたころが懐かしいです。星座といえば昔ニュージーランドのロトルアで見た天の川には感動した記憶があります。町の街燈も少なく空気も澄みわたっており、それこそ文字通りのmilky wayでした。
ところで話は変わりますが、写真のシャクナゲ秋にも一部開花する事は無いですか?拙宅の裏庭の木は大きくなった蕾が10個程(年によって数は違いますが)秋に開花することがあります。冬に近づき寒くなると全開しなかった蕾はそのまま開花を中断、春まで蕾の先がピンク色をしたまま残り、幸運であれば早咲きの花として開花してくれます。

投稿: | 2017年4月13日 (木) 07時56分

Mr.逍遥in Australia
コメント有難うございます。仰せの通り、ツツジの場合は一部が秋に咲くことがあります。シャクナゲも昨年、フィリスコーンという種類が1つ咲きました。これらは日本でいう狂い咲き=blossom out of seasonというもので、おそらく秋に気温が上がったり、養分が豊富に蓄えられると秋に一部が咲くことがありました。
現在、庭はしだれ桃、シャクナゲなどで色とりどりで、今暫く1年で最もよく咲く時期が続きます。

投稿: カッキー | 2017年4月13日 (木) 09時37分

花が咲き乱れる今の季節は良いですよね、羨ましい限り。10年程前に拙宅の裏庭を造る際、全ての季節で花が楽しめるよう造園したはずだったのが、今は垣根以外殆どツツジ科に代えてしまいました。春に咲く草花から感じる季節感は大きなアクセントになるからかもしれません。以前私の家にも桃やスモモの木があり春先の開花を楽しみにしていたのですが、5年ほど前に虫(カミキリ虫)に食い荒らされてしまいました。今はつつじ、さつき、シャクナゲばかりです。シャクナゲに限らず花のページの更新また楽しみにしております。

投稿: 逍遥 | 2017年4月13日 (木) 11時21分

Mr.逍遥in Australia
いろいろの植物を植えると、年間を通じて、それを見る人間の心の充実につながると感じてます。これは丁度、食事に似てて、いろいろのものを少しずつ食した方が健康になることと似てます。「種類は多く量は少なく」です。人間はこれに有酸素運動を加えることで体内の血流が良くなり、この二つは「健康の基盤」と考えます。
いろんな種類の花が咲くと心のバランスに良いと思ってます。こんなことから植木屋巡りは私の趣味の一つなってます。

投稿: カッキー | 2017年4月16日 (日) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然界に合わせ四月の交配・・・ランボー号系など | トップページ | 大腸は「第二の脳」・・・便秘にならない食生活 »