« 「小満」を過ぎ、脳と身体の活動も早朝から | トップページ | アドールボーイ直仔×稚内モザイク直仔による雛 »

2017年5月25日 (木)

胃の内視鏡検査結果にホッとする・・・5年ぶり

P1020958【新緑に覆われ生き生きしてる西洋シャクナゲ・・・私たちの内臓も斯くありたい】・・・Enlarge please!

 私たちは生物であることから、新緑の植物と同じく、健康のために身体を生き生きした状態に維持したいものです。目に見える皮膚や手足ならば、その状態は直ちに分かり、良くない個所があれば自ら処置することもできます。
 
 一方、生命維持にとって肝心な内臓の現状について、良いか悪いかについて自らは分かりません。自身の感覚で何か兆候が出たり、度々、不快感を感じるときは病変が進んでる場合があります。
 
 現在、私たちは有難い時代に生まれてることから、最先端の現代医学の恩恵に預かれば早期発見が可能となり、生命を維持することができます。
 
P1020017【八ッ場ダム湖上を跨ぐ大橋】
 
 昨日は群馬県北部「八ッ場ダム」に近い吾妻脳神経外科循環器科において、自らの意志で胃の内視鏡検査を受けました。以前は職場などでバリウム検査を行い、精密検査の場合のみ内視鏡検査でしたが、近年は最初からすぐに、胃カメラ=gastroscopeを飲む検査です。恰も、胃を取り出して見るかの如くで、胃壁の皺の隅々まで明白に分かります。
 
 以前に三回ほど胃カメラを飲みましたが、いつも病変は無しとのことで、近年は暫くサボってました。しかし、お酒が好きで一人暮らしであることから自覚症状がないうちに思い切って胃カメラを飲む決意をし、私の住む高崎にも検査医院はたくさんあっても、わざわざ遠方の吾妻脳神経外科まで行きました。
 
 このK院長先生とは20年前から知り合いで、実は勤務してた県立前橋高校では当時、創立120周年記念行事として、学校から赤城山の地蔵岳山頂まで、全生徒による夜間歩行訓練があり、その時の救護班として、卒業生であるK院長先生をお願いし、私が先生と赤城山へ同行したのが知り合ったきっかけです。
 
 それ以来、血圧を中心に診察をお願いしてます。そんなことから、今回、肝臓、膵臓、腎臓などの超音波検査と共に、胃カメラによる胃の検査をお願いしました。
 
Photo  【胃カメラ】
 
 検査は喉からカメラの管を入れる方法と、鼻からの方法がありますが、私は喉からを選択しました。事前に喉に麻酔液を入れ、胃カメラがスムースに喉を通過するようにします。10分ほどして、いよいよ胃カメラを飲み込みますが、特に苦痛はなく、ものを飲み込む要領です。
 
 横になって受けます。目の前にあるディスプレイには、すぐに食道内部の様子が手に取るように分かり、カメラは下へ下へと進みます。カメラの先端に明かりがついてることから、食道の内壁、そして胃の内部が明るく映し出され、ピンク色をした神秘な世界です。
 
 カメラの先端が胃壁の粘膜を写しだし、胃の中は皺だらけです。カメラは胃の奥まで入り、検査医師の判断でとくに病変がなかったのでしょうか。カメラの先端が元来たところへするすると戻り、あっという間に口から出てお終いでした。その間、10分ほどで、苦痛はなく、何と言っても、検査医師の「病変はありません」の言葉に心底から安堵です。
 
 急にお腹が空いてることを思い出し、1時間半かけ帰宅した13時が朝食になりました。
 
P1040209【透明度ある湖水・・・赤城山・覚満渕】
 
 今後の食生活について私は、「口当たりのいい美味しい食べ物を第一優先とせず」、常に「胃がさっぱりするもの」を食材として選ぶ技術を身につけ、「胃腸こそ第二の脳」と考え、生命維持の源である健全な食材を求めます。
 
 英語の諺Hunger is the best sauce.の如く、スピードを伴ったウォーキング習慣により、「お腹が空く幸せ」を感じつつ、毎日、孤食であっても人生に夢を描いて生活したい。
 

|

« 「小満」を過ぎ、脳と身体の活動も早朝から | トップページ | アドールボーイ直仔×稚内モザイク直仔による雛 »

胃の内視鏡検査」カテゴリの記事

コメント

西洋シャクナゲ開花後の新芽が伸び青々としていますね。枝も別れて樹勢も良いようですが、これは早咲きのものでしょうか。来年の開花が楽しみですね。拙宅の西洋シャクナゲ(多分同種)は現在150程蕾を付けており、10月上旬の開花に備え蕾を膨らましております。本来間引きした方が来年の花には良いのでしょうが、今年はこのままやり過ごし全部開花した後の芽欠きで新芽がどれ位増えるか試してみようと思います。現在いかに樹勢を良くするため新芽を増やすかにシャクナゲ栽培の重点を置いております。

投稿: 逍遥 | 2017年5月29日 (月) 09時02分

逍遥さんへ・・・シャクナゲは種類によって開花時期が異なるようですが、一般的に、やはり、調子のよいものほど早く開花する傾向も感じられます。また、調子がよいほど花が大きく色彩も濃い感じです。開花は一年間の管理の結果なので、年間を通じて世話しています。日本は夏を迎え、毎日、朝から観察と水遣りです。オーストラリアはこれから冬ですが、シャクナゲの世話をがんはってください。
ところで、星の話ですが、シリウスに次いで明るい1等星カノープスはよく見えますか。日本ではまず見えません。

投稿: カッキー | 2017年5月29日 (月) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「小満」を過ぎ、脳と身体の活動も早朝から | トップページ | アドールボーイ直仔×稚内モザイク直仔による雛 »