« いつでもどこでもできるキャフレイズの勧め | トップページ | Audi TT Quattroで北関東道・高崎~水戸間往復 »

2017年7月27日 (木)

今後はピアノの音がある生活空間を楽しみたい

P1030062【45年弾いてるピアノは塗り替え新品の様】

 ピアノ販売の人に訊くと、現在、一般的に発売されてるピアノは軽量化と材質の仕入れ経費を抑えるため、周囲の木の厚さは従来のものより狭くなってるとのことですが、このピアノは一昔前に生産されたことから幅が3センチほどの厚いものです。このためでしょうか。音質に関しては、部屋の漆喰壁や硬いカリンの床ともマッチし、奥深く、落ち着いてると私は感じてます。

 
P1030179【黒枠が厚い】
 
 21世紀と共に家を建て直すとき、ピアノ業者に預かってもらい、その間、すべての弦を新品に張り替えたり、アクションを調整したり、全面的に再塗装してもらいました。このことは地方紙「キャッチ高崎よみうり」の音感倶楽部に掲載されました。
 
P1030180【拡大すれば読めます。】
 
 ところで、現役当時は仕事として必要なピアノであっても、現実は家に帰れば疲れのためバッタンキューの生活であり、ピアノ音楽を楽しむ余裕はなく、忙しい日々でした。
 
 それに引き換え、現在は時間がたっぷりあるので、いくらでも練習できる筈でもあまり弾きません。それは私が多趣味だからかもしれません。
 
 しかし、年齢を嵩むごとに内面の充実を求める傾向にあり、併せて、末端神経の鈍りが出る前にもう一度ピアノに真摯に向かう気持になってます。余りにも速い曲には挑戦せず、じっくり音色を味わう方法です。
 
 その点、ノクターンは歌のようであり、指は難しくても概して遅いので、昔弾いたことがある№1や、「遺作」嬰ハ短調や「遺作」ハ短調に再挑戦してます。テンペスト1楽章も生涯を通じて弾き続けたい曲の一つです。
 
 ピアノの良さは、クラシックでなければお酒が入ったときも弾けるので映画音楽「雪が降る」などは楽しさの極みです。いつの日か、バクの友人・ヒポクラテスご夫妻に聴いていただきたい。また、ピアノ演奏の良さは「私の心境」を親しい人に聴いたいただくことかもしれない。
 

|

« いつでもどこでもできるキャフレイズの勧め | トップページ | Audi TT Quattroで北関東道・高崎~水戸間往復 »

ピアノの練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつでもどこでもできるキャフレイズの勧め | トップページ | Audi TT Quattroで北関東道・高崎~水戸間往復 »