« シャクナゲに教わる「半年前からの準備」 | トップページ | 最新のニュース英語とフェイスブックから学ぶ語彙 »

2017年10月 2日 (月)

便秘とは縁のない生活を送ってます・・・目から鱗

P1000922【私のウォーキングコース往復4K】・・・思わず足が前に出てしまいます。

 私たち人間の行うすべての動作の中で最も自然な行為は排便です。私たちの遠い祖先が生きてた旧石器時代より、おそらく大自然の中で排便行為を行っていたのです。太古の時代も現在でも共通するこの排便行為がスムースに行えるかどうかは、健康に関しては言うに及ばず、「脳の働きに関係」すると私は考えてます。
 
 この点から現在の大きな社会問題である認知症対策としても、スムースな排便は健康生活を継続する過程で誠に中核と考えなくてはなりません。この排便機能を司る臓器は大腸の上行結腸~横行結腸~下行結腸~S状結腸~肛門です。
 
 私は今まで大腸の内視鏡検査を数回受けてます。検査後、医師が説明するとき、検査中に撮った動画画像を見せてくれます。大腸内は全体的にピンク色に近く、大きな皺があり曲がりくねり、意外ときれで、神秘的なトンネルの連続です。腸壁には無数の毛細血管が浮き上がって見え、初めて自分の大腸内の画像を見たとき、私の生命はこれで継続してると驚愕しました。
 
 前述の如く、幾日か便秘が続くと体調がよいとは言えず、重苦しい心境が続き、余り物事が思考できません。それが長いこと習慣化すると、あちこち体内の不具合につながり、害はあっても益はないでしょう。
P1010972
 
 1ヶ月前、拙いブログに記述した通り、近くの黒沢病院で前立腺がんの公開講座を受講しました。受講者の多くは現在この病気を患ってる人が多数のようでしたが、私は予防という観点から講師である院長先生の説明を聴き逃すまいとメモをとりました。
 
 大きなポイントとして、前立腺がん予防には、可能な限り【欧米化した食物を回避する】と共に【大豆製品、及びリコピンを含有するのでトマト】がよいと話されました。現在、前立腺がんを患ってない私は偶然この講習会の存在を知り、講義を受講し良かったと心底から思っています。
 
 その後は、これを実践してる日々です。時に便秘がちであったので、最近の私は「目から鱗が落ちた」感じです。
 
P1020080【抗酸化作用のリコピン豊富なトマトジュースを1日2杯】
 
 トマトジュースは食塩不使用のもので、リコピン1.5倍のものです。これを夕食後1杯、そして目が覚め、喉が渇いた早朝3時~4時頃に1杯です。講習会の翌日からこれを生活習慣にしてます。
 
 どうしたことでしょう。便秘の症状は全くありません。それとともに量が多くなりました。私の考えでは【排便後の爽快感こそ重要】で、理想は、毎日より2日に一度にしてます。
 
 その理由は前述の通り、大腸の最後に【S状結腸】があるからです。人間の身体は誠によく出来てます。これは腸から下がって来た便をこの捻くれたS状結腸が抵抗を生じさせ、わざわざ下へ下がらないようブレーキを掛けてるのです。
 
 私はこの役目を有効利用し、上から下がって来てもすぐに出さず、溜めてから一気に出すためのものと考えます。これにより、爽快感が得られ、心もさっぱりする原動力です。
 
 ところで、トマトに含まれる「リコピン」は赤い色素であり、強力な抗酸化作用を持ってると言われます。主な働きは血糖値を下げたり、動脈硬化を予防したり、anti-agingに効果的とされてます。その中の大きな一つがanti-constipationで、適度な運動を取り入れつつ、便秘に苦しまない生活を実感してます。
 
 

|

« シャクナゲに教わる「半年前からの準備」 | トップページ | 最新のニュース英語とフェイスブックから学ぶ語彙 »

anti-constipation」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャクナゲに教わる「半年前からの準備」 | トップページ | 最新のニュース英語とフェイスブックから学ぶ語彙 »