« 体内年齢49才に驚く・・・健康フェアーで測定 | トップページ | 背骨の柔軟性と強靭性をめざし、棒を使う体操 »

2017年10月26日 (木)

霜降となり太陽は「乙女座」から「天秤座」方向へ

Photo【黄道十二星座の一つ・乙女座】・・・スピカが一等星

 二十四節気の「霜降」とは太陽が赤経14hの位置に来ており、ここは「おとめ座」と「天秤座」の間で、「魚座」近くにある春分点から210°の天空です。
 
 2017年も残すところ67日になりました。今年が終わる12月31日24時には、全天で最も明るい一等星「シリウス」が真南に輝き、一年の節目を伝えます。ぜひ、この現象を見落とさず、一年の終了と新たな年に入る瞬間を天体によって認識してください。この時、「太陽~地球~シリウス」と並び、地球の位置は1年に一度、両者の間に差し掛かります。ですから、一月一日は天文学的に大きな意味を持ってます。
 
 私たちが乗ってる宇宙船・地球号はおよそ9億4千万Kmの公転軌道上を北極星側から見て反時計回りに、太陽から平均1億5千万Km=AU1離れた位置を秒速約29㎞の速度で公転を続けてます。
 
 この結果、一年をかけ、たくさんの星座が日々少しずつ東から西に移動して見えます。中でも、地球から見て太陽の後方には黄道十二星座が、ほぼ一ヶ月ごとに現れ、次から次へと西へ移動し、そして新たな黄道十二星座が東からやって来ます。
 
 紀元前パピロニア人が命名したとされる黄道十二星座が21世紀に生きる私たちにそのまま同じ姿を見せ、季節が移り変わる目安になってることに深い感動を覚えます。
 
 ところで、黄道十二星座はそれぞれユニークな形を成し、一度確認できれば毎年、季節ごとにその姿との再会が楽しみになります。個人的には「さそり座」が地上を睨んでるかの如く、文字通り恐怖を与えてる姿を呈し感動します。しかし、この猛毒を持つサソリは通常、自然界において、日本に住む私たちは見ることはできません。インド、アフリカなど南方の国に生息します。
 
 また、ユニークな形を成す黄道十二星座は「魚座」です。現在、日本上空を午後9時から10時に通過し、インドの形に酷似してます。
 
284pxlibra_constellation_mapsvg 【天の赤道にある天秤座】・・・ウィキペディアより転記
 
 一方、今の季節に太陽が近づく「天秤座」は南半球と北半球を恰も天秤で計るかの如くその一部が天の赤道上に位置し、「おとめ座」と前述の「さそり座」の間にあります。
 
 現在、「おとめ座」と「天秤座」は太陽が輝く後方にあり、見ることができません。半年後の午前0時であれば、ほぼ真南に見えます。半年後、これらの星座は180°移動し、深夜に見えます。
 
 実はこの文章は10月26日午前2時から4時頃にかけて書いてます。ちょっと休憩して、外に出たら快晴のため「冬のダイアモンド」が日本上空を覆ってます。西側に黄道十二星座の「おうし座」が東側に「ふたご座」が、下方には「オリオン座」と「シリウス」が強い光を放ってます。
 
Hosizorawinter480 【冬のダイアモンド】
 
 秋が深まる今の季節、深夜から夜明け前にかけ、巨大な六角形が手に取るように見えてます。神秘な星団「スバル」も右上に見えます。秋の夜長は星座を見て自らの生命は宇宙に漂ってることを認識したい。
 

|

« 体内年齢49才に驚く・・・健康フェアーで測定 | トップページ | 背骨の柔軟性と強靭性をめざし、棒を使う体操 »

二十四節気」カテゴリの記事

コメント

   ね、ね、ね、ね、ね、ね、ね
「すばる」は、枕草子にも「星は すばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばひ星(流星)・・・」と紹介されていますね。
肉眼では六個の星に見えるので、六連星(むつらぼし)ともいうそうですね。
六個の星が統(す)ばって(統(す)ばる:まとまってる一つになる)一つの星団のように見えるのですかね。『神秘な星団「スバル」』。「すばる」を軽々にもオリオン座と同じく、星座だと思っていましたね。勉強になりましたね。
「SUBARU」の社名も、「すばる」に由来してるそうですね。
星空を眺めていればそれだけでご機嫌といういい趣味をお持ちですね。

投稿: Ape | 2017年10月26日 (木) 07時53分

Apeさま・・・早速コメントを賜り、有難うございます。さて、仰せの「スバル」ですが、私は子供の頃から何故星がかたまってるのだろうと寒い時季に不思議に思ったものです。それも見かけ上ほぼ頭上を通過です。しかし、調べてみると赤緯24度なので、日本では石垣島や宮古島の真上を1日1回通過です。星団としては1億年以内に誕生したらしく、地球が誕生した40億年前に比較するとずっと若い星になります。双眼鏡で見ると6から7個でなく、もっとたくさん見えるとのことでいつか見てみたいです。ガリレオは36個と確認したとのことです。
因みに、次女の旦那は「スバル」に勤務しています。英語ではPleiadesで発音はおよそプリーアディーズで、正式には本文にある「おうし座に含まれてるようです。それにしても今朝4時頃の冬のダイアモンドは巨大でした。秋間ならよく見えると思います。

投稿: カッキー | 2017年10月26日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体内年齢49才に驚く・・・健康フェアーで測定 | トップページ | 背骨の柔軟性と強靭性をめざし、棒を使う体操 »