« 英文音読は2~3語、先を見ながら | トップページ | シベリア北部より飛来するコハクチョウーに学ぶ »

2017年12月31日 (日)

除夜の鐘が鳴るときシリウスが真南に輝きます。

【フェイスブックより転載】

P1020411

 全天で最も明るい恒星・太陽と、全天で2番目に明るい恒星・シリウスは不動です。私たちの地球は太陽から約1億5千万㎞の距離【1天文単位】を保ちつつ、やや楕円形に、北極星側から見て反時計回りに公転してます。
 
 地球の公転は陸上競技場の400mコースのようであり、決勝線の左右には太陽とシリウスが並んでます。そこへ公転してきた地球が差し掛かるときが12月31日午後12時であり、1月1日午前0時です。除夜の鐘が響くとき、真南に一際明るく輝いてる星がシリウスです。
 
 人類の先達はこれをもとに現行の太陽暦1月1日を決定してくれました。後世に生きる私たちは、日々の生活でこの恩恵に浴してます。1月1日は天文学的に大きな意味を持ちます。
 
 The brightest star in all skies is the sun, and the second brightest star in all skies is Sirius. These fixed stars are immovable. Our earth keeps a distance of about 150 million kilometers from the sun [Astronomical Unit 1], while it is somewhat elliptical, it revolves counterclockwise as seen from Polaris.
 
 The revolution of the earth is similar to the 400 m course of athletics field, and the sun and Sirius are lined on the left and right of the finish line. When the Earth arrives at this line after revolving, It is 24 o'clock on December 31, at the same time, it is 0 hour am on January 1.  When the night bell echoes, Sirius is brightly shining in the due south.
 
 The human race precursor has decided the current solar calendar and January 1 based on this phenomenon. We who live in posterity, are taking advantage of this decision in our daily lives. January 1 has a big astronomical significance.
 

|

« 英文音読は2~3語、先を見ながら | トップページ | シベリア北部より飛来するコハクチョウーに学ぶ »

1月1日の天文学上の意味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英文音読は2~3語、先を見ながら | トップページ | シベリア北部より飛来するコハクチョウーに学ぶ »