« 新弟子検査をパスした期待の星・・・大相撲 | トップページ | 冬来たりなば春遠からじ・・・いよいよ大寒 »

2018年1月15日 (月)

才能は遺伝より、親が子供に与える環境から

2【家の天井に設置できる雲梯】

 昔、城を攻めるとき長い梯子を横にして、ぶら下がりながら敵陣に侵入したことが雲梯=monkey barsの起源と推測できます。今では、梯子は大工さんが使うことが中心でも、実は私も梯子は時々使います。それは庭木の剪定や鳩舎の修理、柿や梅を捥ぐ時、また、屋根に登るときなどです。梯子がなければ次の仕事が成り立ちません。
 
 当初、私が梯子を用意した目的は防災のためであり、煙で二階から階段を使って一階へ逃げられなくなったとき外に梯子を下ろし、避難の手助けとして確保しました。
 
 梯子の利用は昔から人間にとって作業と命に密接に関連し、どれ程、便利であったか計りしれません。本格的な登山ルートには岩に梯子が設置してあります。
 
P1010072【夏季、サルスベリに梯子をかけて蟻の駆除】
 
 ところで、水泳女子日本のホープ池江選手は16才でリオ・オリンピックに出場という誠に優れた現役高校生です。彼女がこのように卓越した水泳選手になった基盤は「母が幼いときから雲梯を娘さんに取り入れた」話は有名です。母は幼児教育の専門家で、雲梯が身体に及ぼす効力と握力が増すことから脳に良いと、以前より雲梯の価値を見出してたといわれます。
 
 そして、池江選手が小さいとき、大工さんに家の中に雲梯を作ってもらい、彼女にとって雲梯することが生活の一部になり、結果的に手足が極めて長く、肩甲骨の柔軟性と強靭さ、肺の広がり、背骨がまっすぐに成長し続け、成長期に継続したことが水泳にとても有利な体型になったと考えられてます。
 
 彼女の身長は170㎝で両手を広げた長さは、実に184㎝とのことです。一般的に、この両方の数値はほぼ同じです。それが両手を広げて14㎝も身長より長いとは水をかく水泳にとってこれほど有利なことはないでしょう。
 
001
 
 私はこの話を知って、親とは、子供に対し「まじめにやりなさい、一生懸命やりなさい、もっと頑張りなさい」ではなく、【親自身が幼い子供の将来ために何がよいかを真剣に考え実践すること】こそ親としての役目と改めて感じました。小さな子供は環境的に恵まれれば思いのほか上達します。しかし、子供自身はそれができません。親とは子供の心身成長のため、頭を絞ってよい環境を作ることではないでしょうか。
 
 これは水泳に限ったことでなく、他のスポーツや英語、音楽、絵画など芸術はもとより、あらゆる分野で応用でき、自宅で、あるいは近くで常に鍛練できることがポイントと思います。
 
P1020495【階段の上】
 
 という私も、雲梯ではありませんが、自宅の中にぶら下がって身体を揺すれるところがあります。人間は生を授かって以来、重力によって身体の骨は常に圧迫され続け、高齢期には背骨、腰、膝の関節は曲がったり縮まる傾向です。これとは逆に重力に影響されない「ぶら下がり」は背骨と関節の健康にとても良く、副産物として姿勢の向上が期待できます。これは取りも直さず、アンティエイジングに結びつくのではないでしょうか。
 

|

« 新弟子検査をパスした期待の星・・・大相撲 | トップページ | 冬来たりなば春遠からじ・・・いよいよ大寒 »

親の役割」カテゴリの記事

コメント

水平、もしくは円弧状に張った金属管性の遊具が小学校の庭にありました。
読みは「うんてい」ですが、名称も知らずぶら下がりながら渡っていました。懐かしいものを思い出しました。       

投稿: 太田譲二 | 2018年1月15日 (月) 12時47分

譲二さま・・・コメントに感謝いたします。私は今日、これから倉賀野小学校の児童の下校指導があり、忙しく長くお返事が書けません。この続きはぜひ今宵「バク」でゆっくりアンティエイジング、及び、親の本当の役割について貴殿よりご教導を賜りたいと思います。

投稿: カッキー | 2018年1月15日 (月) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新弟子検査をパスした期待の星・・・大相撲 | トップページ | 冬来たりなば春遠からじ・・・いよいよ大寒 »