« 冬来たりなば春遠からじ・・・いよいよ大寒 | トップページ | 20年前に本白根山の鏡池を散策しました »

2018年1月22日 (月)

血液検査で暫くぶりに糖尿病でないといわれる

P1020090【群馬県・水沢山】

 私がウォーキングしてることは、時折このブログで書いてますが、50代より医師から糖尿病に近く、しかし、薬を飲むほどではないと診断され、いわゆる糖尿病予備軍だったからです。
 
 一般的には、糖尿病=diabetesになると身体を動かすことが億劫になり、次第に脳、眼、歯、血管、腎臓、泌尿器(ED)、足などに合併症として現れやすいと言われます。このため糖尿病は大変に怖い病気で、未然に避けなければなりません。そのためには、しっかり運動、しっかり栄養です。栄養は摂っても、運動はなかなかできません。心を強くしなくてはなりません。
 
 ところで、先日、かかりつけの病院で血液検査を受けました。長期にわたり、私が最も気にしてた項目は糖尿病でした。しかし、思いもよらない医師の言葉「カッキーに糖尿病はありません。」に一つの大きな壁を破った思いでした。医師の言葉に勇気をもらい、今後も糖尿対策をしっかりやる気持ちが高まりました。
 
P1010796 【お気に入り鏑川の土手】
 近年、お気に入りウォーキングコースを発見し、冬は温かな時間帯に、夏は涼しい時間帯に、どちらも「空腹のときを狙って」午前11時頃から、または午後4時頃から4Km鏑川の土手を歩きました。週2回平均です。
 
 一般的に言われることは、血糖値は空腹時に下がり、また、運動によって下がると知ったので、これを組み合わせた時間帯で歩いてみました。それが前述の時間帯です。一見、気持ちはよさそうでも早朝や、また寒いときは避けます。これは血圧が高くなりやすいからです。
 
 ところで、私たちは地球の重力に逆らって生活してます。故に、何をするにも筋肉が働かなくては動けません。筋肉は大切な臓器と思って年齢を重ねても落とさないことが、高齢者にとって動きが楽になります。年齢を重ねたら「貯筋」こそ最も大切と心したいものです。
 
 よく耳にすることで、宇宙飛行士が一定期間の業務を終え、国際宇宙ステーションなどから地上に帰還すると多くの場合、糖尿病に罹ってると言われます。これは重力がない空間で仕事することで筋肉が使われないからです。私たち地上に住むものは立ってるだけでも相当に筋肉を使ってます。
 
 私が考える糖尿病対策としては、あるいは健康長寿のためには、1日のうちでも座ってる時間を少しでも減らすことではないでしょうか。可能な限り、身体を動かし、いろいろ作業をすることが筋肉を使い、エネルギー消耗につながります。
 
 ウォーキングでは、散歩の感じより、ある程度スピードを心掛けたいものです。これで心臓に少々の負荷がかかり、同時に下半身の筋肉が発達することになります。最近、私は自分自身とは筋肉の中に生きてると実感するようになってます。
 

|

« 冬来たりなば春遠からじ・・・いよいよ大寒 | トップページ | 20年前に本白根山の鏡池を散策しました »

anti-diabetes」カテゴリの記事

コメント

健康の基本は必要な睡眠とバランスのいい栄養、すっきりした気分になる運動ですね。そして、早めの検診。
 健康管理をしっかりされてますね。
 朝のちょっとした日課をコツコツ実践され、身の丈に合った夢、目標をもっていると人生楽しくなります。月・木のブログの更新が終わると気持ちが軽くなり、前に進む力が生まれることでしょう。
 ブログの内容から総じて「自分自身で主体的に人生を送っている」なぁと感じます。

投稿: ヒポクラテス | 2018年1月25日 (木) 12時38分

ヒポクラテスさんへ・・・コメント有難うございます。
 寒さのため、ここ10日間ほど体調を崩し、大好きなお酒も飲んでません。このようなとき家族の大切さつくづく感じます。仕事を持ってる娘たちを呼べず、どうにもなりません。医者通いでした。
 体調を崩しても、仰せの通り、微々たるものですが、主体的に生きたいです。
 ところで、元白根の噴火について本日の午前中ブログを書きましたが、正午ころから校正に次ぐ校正でやっとどうにかなりました。お読みいただければ幸甚です。

投稿: カッキー | 2018年1月25日 (木) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬来たりなば春遠からじ・・・いよいよ大寒 | トップページ | 20年前に本白根山の鏡池を散策しました »