« 朝起きたら・・・先ず「がん」対策 | トップページ | 三寒四温を通じ存在感を増してきた「紅梅しだれ」 »

2018年2月12日 (月)

遥かなる南米チリ日本人学校へ派遣される先生へ

Parinacota6330m【チリとボリビアの間の6348mのパリナコタ山はまるで富士山のよう】

 日本から最も遠い国の一つであるチリ共和国は南アメリカ大陸の太平洋側に南北に細長く位置し、それは南緯およそ18度から南緯およそ55度に亘り、距離にして4000キロ以上の長さを有し、その位置は西経70度線に沿った国土で、南極に最も近い国です。
 
 このように地球の正反対にある地点を対蹠点=antipodesといい、日本の場合はアルゼンチン沖の大西洋です。しかし、南北に長いチリの対蹠点は広範囲に跨り、北部チリは中国、中部はモンゴル、南部はロシアのシベリアとそれぞれ地域によって異なります。
 
 概して、対蹠点では気候が互いに似てることになります。緯度が同じためです。チリ南部のマゼラン海峡やその南の南極との間にあるドレーク海峡付近の島々はツンドラといわれます。
 
 一方、私には羨望の的である天体の種類とその動きは北半球で眺めるそれとは雲泥の差があります。チリの場合、太陽や月は東から出ても、北側を通過し、西に沈み、三日月は日本で見る反対側が輝きます。最も大きな点は、例えば北半球の日本で見えない星座や恒星がいろいろ見られ、その代表格はシリウスに次ぐ光度を持つ1等星カノープスです。また、有名な南十字星は赤緯概略-60°のため、かなり南に位置し、ほぼ南極圏の真上を移動します。
 
 このようなことから世界の天文観測施設の40%がチリに集中してるといわれ、大自然に覆われ、空気が澄んでることから天体観測には誠に適する国でしょう。
 
チリ地図
 
 ところで、チリの面積は日本の約2倍、人口は1795万人、公用語はスペイン語、首都はサンチャゴです。16世紀以来スペインの植民地であったが、1818年独立し、現在は女性大統領でバチェレ氏です。
 
 国土はアンデス山脈の西側に位置し、太平洋に面し、すぐ沖は深いチリ海溝となり、同時に火山国であることから、地震が多く、昭和35年にはチリ地震【現地犠牲者約1800名】による巨大津波が22時間後に日本の東北地方沿岸に押し寄せ、この津波による日本人犠牲者は100名を超えました。
 
 ところで、本題です。この度、群馬県の教員1名が4月より、チリの日本人学校へ派遣されることになりました。この他、メキシコとアメリカ合衆国にも派遣されます。
 
 最初の勤務が海外日本人学校であった私は、前橋市で開かれる海外派遣教員壮行会に毎年、出席してます。それは一つの役割あるからです。派遣される先生方に任国国歌の楽譜と歌詞内容を贈呈することになってます。今回もこれらの国々の国歌を事前に用意し、壮行会でお渡しし、激励文も添えるつもりです。現地の方々との国際交流に役立てていただきたいです。
 
P1020624
 
 国歌とは不変なのでこの楽譜で間違いなく、このブログ右サイドにある世界の国歌にアクセスし確認しました。
 
 それにしても、考えられないほど遠方の国に住む日本人子弟の教育に携わることは、先生自身にとっても誠に貴重な人生の一時期になります。海外で暮らす小学生や中学生は将来、成人しても再び海外で活躍する人材になる可能性が高いことから、ぜひ、この千載一遇の歴史的な日々を南十字星の下、充実した教育に邁進してほしいです。
 
 給料の貨幣単位はペソです。海外のお金は使ってみてその価値が分かるものです。休日には仕事の疲れを癒し、有名なチリワインを飲みつつ遥かな国で充実した日々をお送りください。
 

|

« 朝起きたら・・・先ず「がん」対策 | トップページ | 三寒四温を通じ存在感を増してきた「紅梅しだれ」 »

海外日本人学校」カテゴリの記事

コメント

太陽は北半球だと南の空を通って西に沈み、南半球だと北の空を通って西に沈むと聞けば、北半球に住む迂生は、いっそのこと、逆だった方が分かりやすい。
 三日月も北半球の日本で見る反対側が輝やいているという。初耳でした。
 このようになるのはなぜでしょうか。

 
 

投稿: 迂生 | 2018年2月12日 (月) 12時54分

ヒポクラテスさんへ・・・人間の実社会でも同様ですが、第三者の立場から見ると、本人とは全く違って見えることは私たちの体験上、日常的にいくらでも起こりうることです。
私は北回帰線より南の地点で三日月が西の空に沈む光景を見ました。何と、そのとき驚きました。三日月が一休さんのお椀の舟にそっくりだったです。つまり、太陽に照らされた明るい部分が月の下の部分にありました。北半球の日本では夕方の三日月は太陽方向である右下が明るくなってます。南半球で夕方の三日月を見た場合、同様に太陽は北側を通過してから西に沈むので、その後から沈む三日月は太陽方向が輝くことになります。三日月は太陽と同じ道を通るので、おのずと左下が光ることになります。
同様に、満月は恰もウサギが餅をついてるかの如くですが、これを南半球から同時に眺めた場合、つまり、見る人間が逆立ちして見た場合です。ウサギが餅をついてるとは見えないのと同じです。

投稿: カッキー | 2018年2月12日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝起きたら・・・先ず「がん」対策 | トップページ | 三寒四温を通じ存在感を増してきた「紅梅しだれ」 »