« 年間の世話が実り、西洋シャクナゲ大輪ほころぶ | トップページ | 次女の長女を1日預かる »

2018年3月30日 (金)

今朝、一羽のツバメが飛来・・・フェイスブックより

今朝の源平しだれです。満開になりました。この源平しだれを眺めていたら1羽のツバメが上空を飛びました。

コハクチョウはすでにシベリアに帰りましたが、反対にツバメが日本にやってきました。日本はどちらの渡り鳥にとっても大切な国なのでしょう。

This is a Genpei weeping peach this morning. It was in full bloom. When I was watching this Genpei weeping, one swallow flew over the sky. Small swans have already returned to Siberia, but on the contrary, a swallow came to Japan. Japan will be an important country for both migratory birds.

P1020819

下の写真はしだれレンギョウです。しかし、何故、しだれるか不思議です。皆さんはどうお考えでしょう。それでも良く観察したら、あっと閃きました。
 
それは簡単なことです。理由は枝が2ミリ程度と細く、しかも、2mほどとあまりにも長いからでしょう。力学的に上には持ち堪えられないです。

This is a weeping forsythia in my front yard. However, why does it weep marvelously? How do you think about this natural habit? But when I observed it well, then, a splendid idea flashed across my mind. That is a easy reason. The branches are as thin as about 2 mm and it will be too long about 2 meters so that it can not lift its branches mechanically.
P1020798

|

« 年間の世話が実り、西洋シャクナゲ大輪ほころぶ | トップページ | 次女の長女を1日預かる »

facebook」カテゴリの記事

コメント

 上方向にまっすぐ伸びる立性(たちせい)の草木は背伸びの運動をしているようです。
 流れるような曲線を描くように咲く枝垂れ連翹は、重力に逆らわず、体を大きく回す運動をしているようです。
 

投稿: 太田譲二 | 2018年3月30日 (金) 12時21分

譲二さんへ・・・しだれの植物でも梅や桃は枝が硬く短いですが、しだれます。おそらく枝の上部に太陽光が当たるとそこが膨張し伸びるのではないかと推測します。フェイスブックにまでコメントを賜り、今宵のお酒は量が行きそうです。

投稿: カッキー | 2018年3月30日 (金) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年間の世話が実り、西洋シャクナゲ大輪ほころぶ | トップページ | 次女の長女を1日預かる »