« 今朝、一羽のツバメが飛来・・・フェイスブックより | トップページ | 今朝、国際宇宙ステーションから送られてきた映像 »

2018年3月31日 (土)

次女の長女を1日預かる

今日は初めて次女の長女を連れて高崎市のプラネタリウムに行きました。幼時の好きな「ドラえもん」を星座と結びつけて放映してました。それにしても、満天の星になると本物そっくりで驚きます。孫は楽しそうでした。
Today I took the eldest daughter of the second daughter for the first time and went to the planetarium of Takasaki city. It was broadcasting constellations associated with "Doraemon," of her favorite. Even so, I was surprised just like the real atmosphere when becoming full stars. My granddaughter looked like fun.

Image result for プラネタリウムの星写真 

|

« 今朝、一羽のツバメが飛来・・・フェイスブックより | トップページ | 今朝、国際宇宙ステーションから送られてきた映像 »

facebook」カテゴリの記事

コメント

早いお目覚めで精が出ますね。しんとした澄み渡った夜、星たちのひそやかな会話に耳を澄ますのもいいものですね。
 満天の星、天満星(あまみつほし)という言葉は辞書にありますが、最近「星晴れ」という言葉を目にしました。「星晴れのしたいい夜」「星ばれのした空の下」と使っています。
 夜道の広野をさまよえば実感できるのでしょうか。

投稿: ナルシス | 2018年3月31日 (土) 09時24分

ナルシスさんへ・・・星晴れは晩秋から真冬に、木枯らしが途絶えた頃にチャンスがあるようです。現在の春の宵では頭上の星々は見えても地平線近くは殆ど見えない状況です。おそらく大陸からの黄砂が関係してるのではないでしょうか。
「春は曙」と古代よりこの現象は偏西風の関係により続いていると考えます。
拙い体験ではネパールで見た澄み切った夜の星と、内モンゴルで見た手に届くような星空は今でも目に焼き付いています。どちらも標高がかなり高いからでしょう。日本でも星がよく見えるので有名な所に長野県の阿智村があります。この村は環境省に認定されてます。一方、我が群馬県では赤城大沼や日光白根の途中まで行けるロープウェイ山頂駅の広場がよく見えるといわれてます。私はいずれも行きましたが、昼間です。

投稿: カッキー | 2018年3月31日 (土) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今朝、一羽のツバメが飛来・・・フェイスブックより | トップページ | 今朝、国際宇宙ステーションから送られてきた映像 »