« 今春の開花を終えたシャクナゲにお礼肥を施す | トップページ | 久々に音楽会を楽しみます »

2018年5月11日 (金)

当舎作翔「稚内モザイク号」は健在です

P1040777

 
昨日は久しぶりにレース鳩のことを書きましたら反響が多く、多くの皆さまにお読みいただき感銘いたしました。写真の鳩は「稚内モザイク号」です。この鳩は日本の最北地から高崎へ帰還しました。私の家の鳩の殆どはその子供や孫たちです。このため羽色はモザイクが多いです。これらの鳩は目が輝いてます。近所の子供たちに見せるときれいと言い、鳩に対する認識が変わるようです。
 
Yesterday when I wrote a racing pigeon for the first time after a long interval, there were many responses so that I was deeply impressed. Most of the pigeons at my loft are children and grandchildren of the photo "Wakkanai mosaic" that flew from the northernmost place in our nation to Takasaki. For this reason, their feather colors are many mosaics. These pigeons have shining eyes. When I show her to my neighbor's children, they say it is marvelous. It seemed to be changed their perception of pigeon.
 

|

« 今春の開花を終えたシャクナゲにお礼肥を施す | トップページ | 久々に音楽会を楽しみます »

facebook」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今春の開花を終えたシャクナゲにお礼肥を施す | トップページ | 久々に音楽会を楽しみます »