« 高崎駅前オーパのビアガーテンに行ってみたい | トップページ | Root competition対策が功を奏し、新芽が出る »

2018年5月19日 (土)

外来種カミキリムシ対策・・防護策の効果は出るか

P1030825

 
 以前にブログで記しましたが、昨年の今ごろ、サルスベリの根元がカミキリムシによって大きな穴が開けられショックを受けました。まるでドリルで開けたようでした。今年は未然に細かい金網で防護策を取りましたアリや虫も登れなくなました。カミキリムシはニュースで果物被害が報じられてる外来種かもしれません。
 
 As I have written about the article before, around this season of last year, the root of a crape myrtle was opened by a beetle. I was shocked due to the big hole, as if it was opened with a drill. This year I made protective measures with a wire mesh beforehand, so ants and any other insects can not climb. The beetle may be an alien species that has reported fruit damage throughout Japan on news.
 

|

« 高崎駅前オーパのビアガーテンに行ってみたい | トップページ | Root competition対策が功を奏し、新芽が出る »

facebook」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高崎駅前オーパのビアガーテンに行ってみたい | トップページ | Root competition対策が功を奏し、新芽が出る »