« 肩甲骨を上下左右に動かすことで快適に | トップページ | 倉賀野町のオカリナ練習会が開かれる »

2018年6月11日 (月)

石拾いと草むしりをして、より良い庭をめざす

P1030949【今朝咲いたサボテン】・・・拡大してご覧ください。

 私の土地は元々畑だったことから殆どの場所は良い土です。しかし、20~30㎝掘り起こすと、天明3年「浅間の大噴火」による火山灰が出てきます。灰といっても2ミリほどの黄土色した粒です。当時の農民は田んぼ一面に厚く降り積もった火山灰に悩み、それを集めて「灰塚」とし、そこは主に畑にしたと推測します。ですから私の土地は「灰塚」だったと推測できます。

 一方、これは植え木に好都合で、それは水はけがよいからです。たまたま私の趣味の一つは花木を中心とした植物を育てることです。多くの植物にとって水はけの良さはプラスになります。中でもシャクナゲにとって水はけの良さは基本です。

P1030876【庭は新緑・・・左は花梅、右はサルスベリ】

 ところで、生前の母が話してたことを思い出し、それは「地続きの土地は借金しても買え」というものでした。その後、30年が経過し、運良く隣の土地が売りに出たのです。私の土地の東側の境は南南東を向き、斜めだったことから私は南北にまっすぐにしたい思いがありました。

 3年ほど前、願ってもないチャンスが到来。母の教えを思い出し、これを逃したら生涯、隣の土地は買えないと思い、管地の払い下げも含め15坪ほど買いました。ここにお気に入りの塀を立て、長年の思いが叶いました。

P1030951【家の東側が広くなる】

 土地が広がったのはよいのですが、この土地は元々田んぼだったことから、以前の土地所有者が自ら埋め立てました。それはどこからか運んできた石混じりの土です。このため草むしりをしたくても石がゴロゴロしてして難く、毎年草ボウボウになり、手のつけようがなく困ってました。

 しかし、最近、思い切って石を集めたところ、ご覧のように少しはきれいに整地できました。次は梅雨の晴れ間に行います。仕事とは邪魔ものが一切なく、しやすいことです。これから草が繁茂する時期でも、今度はしっかり雑草を取ります。庭が広がっても、未だ有効利用してなく、リンゴの木2本、キンカン、ビワが植えてあるだけです。

P1030944【昨日、収穫したビワ】

 庭をどのように作るかはキャンパスに絵を描くようなもの。あちこち見て回りヒントを得て、独創的な庭にしたいです。これには結構、芸術的な発想力を要します。こんなことでも、毎日取り組めば、社会的に心配される脳疾患や認知症から脱出できるかもしれません。

 年を重ねたら本格的に運動するより、日々、ちょこまか体を動かすことが健康維持に効果があると最近は感じてます。

 

|

« 肩甲骨を上下左右に動かすことで快適に | トップページ | 倉賀野町のオカリナ練習会が開かれる »

庭作り」カテゴリの記事

コメント

 倉賀野には天明三年・浅間山の大噴火により田畑に一面に降った火山灰を集めて埋めてできた灰塚と呼ばれるものが多く現存してるとのこと。
 上毛かるたの読み札「浅間のいたずら鬼押し出し」の「鬼押し出し」は、広辞苑によれば「群馬県西端、長野県境の浅間山北斜面の溶岩流域地域とある。浅間山の噴火のことを、浅間焼け、浅間押しともいうようだ。「押し」とは火口を押し開いて噴火するという意味ですかね。
 自分が長年お世話になっている町内の歴史に迂闊であったことをふとふと反省した。
 近所にあるお地蔵様の祠。子育て地蔵と呼ばれ現在6名ほどの氏子さんが護持して、ささやかなお祭りをしている。その一角でかつて毎夏、子供相撲大会が行われていた。ゲストとして郷土出身の十両力士、玉風が行事で参加してくれたこともあった。
 昭和22年のカスリーン台風で町内の川が氾濫し2名の子供が亡くなり供養するために建立されたと聞いている。賽銭箱が置いてあるが、不届き者に壊されたこともあった。パチンコで熱くなった者の仕業と思われている。
 

 

 
 

投稿: 面小太郎 | 2018年6月11日 (月) 13時28分

面小太郎さんへ・・・体調が思わしくなく「バク」は休みます。若き日、浅間山山頂に4回登りました。庭の火山灰の吹き出し口を見てきました。
ところで、倉賀野は宿場町であったことから、今でも日曜日にはリュックをしょった団体さんや、2~3人のグループも街中を歩いてます。近年、倉賀野が歴史の町と認識されてるのでしょう。以前には見られなかった光景です。
江戸時代の参勤交代では、遠く九州や岡山から宿場町の倉賀野に宿泊したり通過したと伝えられます。これは東海道には大井川があって渡れないことが多く、中山道を通ったようです。子供の頃の思い出として、道路の真ん中に立派な松並木がありました。参勤交代の名残です。
時代はもっと古くなりますが、今度、面小太郎さんを大鶴巻古墳にご案内いたします。整備され高崎地区では最も立派な古墳です。この他、上毛新聞でお世話になりました烏川のほとりの大杉神社跡には今でも石の階段が残っており、これを彫ったり積んだ石屋の名が刻まれてます。

投稿: カッキー | 2018年6月11日 (月) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩甲骨を上下左右に動かすことで快適に | トップページ | 倉賀野町のオカリナ練習会が開かれる »