« 車検後、走りが力強くなったAudi TT Quattro | トップページ | 今年の真ん中は7月2日午後2時54分ころ »

2018年6月28日 (木)

暑い夏、体内から水分と塩分が排出される

P1030973_2 【玄関のハイビスカス】

 群馬県も梅雨が明けないうちから、連日猛暑です。梅雨が明けたらもっと暑い日の連続でしょう。
 
 私は拙い体験で、20代にインド・カルカッタ日本人学校に勤務してました。現地は北緯22度で、北回帰線より少し南に位置し、1年中いわば夏で、日本の学校と異なることは5月が夏休みです。
 
 この時の気温は午前11時に木陰で計って連日摂氏42度です。午後になると35度くらいに低くなります。10月~5月まで乾期なので雨は降りません。当時のインドでは生水が飲めないことから、お茶代わりにコカコーラを飲んでました。生水を飲むと下痢になります。どうしても飲みたいときはボイルしてから飲みます。
 
 このためインドで最も多く使った言葉は「ガラム」と「パニー」です。意味は「暑い」と「水」で、例えば、「今日は大変暑いです。水を下さい。有難う」はアジ、ボート、ガラムハイ、パニーラオ」、ダン二ャバードです。最近、日本でもインドカレー店の名に「ダン二ャバード」がありますが、有難うの意味です。
 
 お陰で帰国後、夏の暑さに強くなりましたが、年数が経過し、最近の私は体力が衰え、暑さは堪えます。喉の渇きは例年より頻度が多く、色々飲んでますが、ここで少し水分について考えてみました。
 
P1050358 【ねむの木】
 
 私たちの体内から放出される水分は一日当りどれ程の量でしょう。水分の放出個所は、先ず皮膚から汗、尿と便、呼気から蒸発するもの、そして意外なことに口の中の唾液が減ります。
 
 果たして、どれ程の水分が体内から出て、結局、蒸発するのでしよう。その兆候は喉が渇きます。この際、一般人について調べてみたところ、1日の汗は1ℓ~3ℓ、尿は1ℓ~2ℓ、呼吸による蒸発は400cc~600cc、更に唾液は1.5ℓほど毎日出るといわれてます。私にとって、これは驚きです。
 
 一日に体内から体外へ出る水分を合計すると「4リットル~7リットル」で、夏に外で動けば、これを上回ります。これでは脱水状態に陥ります。想像を超える水分排出量を知ると水分補給の重要性に気づきます。しかし、一般的にはかなり不足してるようです。冷房の部屋にいても体内の水分は減リつつあります。
 
P1030958 【鏑川・・・山名町の堰】
 
 一方、「忘れてはならないことは」体内から水分が排出されれば「塩分もカリウムも排出されます。」特に夏は相当の塩分が体外に排出=discharge されると考えられます。
 
P1030985【イオンウォーター】
 これを知ると、塩分摂取も大切で、夏季はただの水より少々塩分が入ってる水を飲む必要があります。ただの水は再度、喉が乾きます。
 
P1030986【一粒が口の中に30分ほど持ちます。】
 
 暑いこれからの季節では、熱中症=heat strokeや脱水状態=dehydrationを避けるためにも、野外運動は早朝や夕暮れの涼しい時間帯に行い、水分補給=rehydrationはこまめに行ない、用がなければ日中は室内で過ごすようにしたいものです。
 

|

« 車検後、走りが力強くなったAudi TT Quattro | トップページ | 今年の真ん中は7月2日午後2時54分ころ »

水分補給」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車検後、走りが力強くなったAudi TT Quattro | トップページ | 今年の真ん中は7月2日午後2時54分ころ »