« 倉賀野町のサポーター養成講座を受講 | トップページ | 精神を錆つかせず、魂を揺さぶられる体験こそ »

2018年8月26日 (日)

研究授業で扱った滝廉太郎の「秋の月」

今夜は満月です。しかし、中秋の名月【十五夜】ではありません。それは来月24日です。旧暦では七月八月九月が秋なので、八月【現在の九月】が中秋です。それでも、今宵は満月なので虫の音を聴きながら「秋の月」を眺めたい。また、有名な滝廉太郎作詞作曲「秋の月」を聴いてみたい。なお、月の右に橙色で光る星は火星です。

https://www.youtube.com/watch?v=_xO8cCkMjfE

It is the full moon tonight. However, it is not Mid autumn's moon [full moon]. That is the 24th of next month. In the lunar calendar, July, August and September are autumn, so current September will be Mid autumn. Still, because tonight is a full moon, I want to look at "the moon of the autumn" while listening to the sound of insects. And I'd like to listen to well-known composer Rentaro Taki's "Moon of the autumn" that words and music by him. On the other hand, the star shining in orange to the right of the moon is Mars. 

 

Photo

 

|

« 倉賀野町のサポーター養成講座を受講 | トップページ | 精神を錆つかせず、魂を揺さぶられる体験こそ »

facebook」カテゴリの記事

コメント

月の光にせめて秋の訪れを感じたいものです。秋の月は人に物思いを促し、人を内省的にする力を持っています。月は心を浄化し、思索を深めてくれる感じもします。月光に一晩中付き合ってくれるのは虫の音かもしれません。滝廉太郎作詞作曲「秋の月」を初めて聞きました。月・人・虫が一つになった時、曲が生まれたか。
  ことごとに 秋は悲しと 人の言ふ 
秋の心は 愁ひなりけり

投稿: 千里 | 2018年8月26日 (日) 05時53分

千里さんへ・・・今宵、倉賀野の諏訪神社では例大祭が行われます。ここは相撲の神様がいるようで、昔から土俵があり、地区の人たちは子供を中心に相撲をとります。ときには大相撲関係者が来ることもあり、以前に湊富士親方が来ました。
昔から、お諏訪様の祭りになると朝晩は涼しくなると母は言いましたが、今夏は例外のようです。果たして今宵、満月と火星が対比して見えるでしょうか。
現役時代は音楽部会の副会長をしてた関係で、自らも研究授業したことがあります。

投稿: カッキー | 2018年8月26日 (日) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究授業で扱った滝廉太郎の「秋の月」:

« 倉賀野町のサポーター養成講座を受講 | トップページ | 精神を錆つかせず、魂を揺さぶられる体験こそ »