« 引退3年生を感謝を込め紹介 | トップページ | 私たちは筋肉の中に生きてます »

2018年8月17日 (金)

今夜が昔からの七夕です・・しかも月の下に木星

今宵が大昔から伝統的に行われてきた七夕です。七夕の七は星のことでなく、月の満ち欠けが七日目であることを指します。今宵の月は舟の形をしてます。これに乗って彦星と織姫星が天の川で出逢います。今宵、この三者は比較的近くにあり、この条件は年に一回です。今宵は天文学的に七夕を眺める千載一遇のチャンスです。しかも、珍しく月の下に木星が輝いてます。

 

Tonight is real Vega festival that has been traditionally done since ancient times. Astronomically, the Vega Fastival "Tanabata's Seven" means the phase of the moon, not the stars. The moon of tonight is shaped a boat like a photo. On this boat, Altair of the Leo and Vega of the Lyre meet in Milky Way. Tonight these three celestial bodies are relatively close, and this condition is once a year. You have a one in a million chance to observe real Vega Festival tonight. And, unusually Jupiter shines under the moon.

71b39c0d3f6b5bca8e76279aa2987281_3
 

 

 

|

« 引退3年生を感謝を込め紹介 | トップページ | 私たちは筋肉の中に生きてます »

facebook」カテゴリの記事

コメント

今日は旧7月7日の七夕。
  胸の炎(ひ)が 君に焦がれる 七日月
秋の気配を感じつつ、七夕伝説を実感しながら夜空を見上げよう。

投稿: 絹の褥 | 2018年8月17日 (金) 11時18分

絹の褥さんへ・・・「胸の炎(ひ)が 君に焦がれる 七日月」は現在の私の心境のようです。彼女も今宵七夕を見てくれるでしょうか。
いずれにしても、現在、東京などで行われている太陽暦の七夕は、まず月の満ち欠けを無視してます。また、梅雨の最後で二つの星は見えないでしょう。見えたとしても東の空の低い位置で見難いです。ましてや満月であれば、より見えません。何の意味もない太陽暦7月7日の七夕だけは「月の満ち欠け」無視により旧暦に戻さなくてはなりませんね。

投稿: カッキー | 2018年8月17日 (金) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引退3年生を感謝を込め紹介 | トップページ | 私たちは筋肉の中に生きてます »