« 研究授業で扱った滝廉太郎の「秋の月」 | トップページ | 明朝、住民で近くの公園を除草作業 »

2018年8月27日 (月)

精神を錆つかせず、魂を揺さぶられる体験こそ

P1030890【まだまだ盛んに咲き続ける庭の百日紅】

 私の町内の一地区(上四)でも50人いる一人暮らしの高齢者は年々増加の一途で、これは離婚、生き分かれ、死別、災害、子供の独立、今は数少ないが今後増える未婚などが原因と考えられます。
 
 懐かしい昭和時代と比べ家庭のあり方は予想を超えた変化を見せてます。子供の頃の私は8人暮らしでしたが、以前の大家族と異なり、現代社会においては誰でも共通に「人は生きてれば最後は一人暮らしになる宿命」が迫ります。
 
 こうなったとき「慌てず、その後、どういう精神で生きるべきか」は多くの人にとって身近に迫る共通の課題であり、拙い体験でも14年間、孤独な生活を強いられてる私が考えることは、先ず第一に、「他人に何かしてもらう癖を持たないことが精神の基盤」です。
 
 人にどこかに連れてってもらったり、人に話し相手になってもらったりしても根本的な解決にはならず、一人になったら、あくまで自分で自分を救済するしかありません。一度でもそのような楽な生活に陥ると、その後、自ら考え、努力し、解決しようとする「独立の精神」が凋落の道を辿ります。
 
 私たち人間も一つの生物なので、結婚してもどちらかが必ず先に逝き、一方の配偶者が残される運命にあります。場合によっては、これにより生活の基盤の金銭収入も減額になり、精神がいっそう落ち込むことになりかねません。しかし、人間には知恵があります。こうなっても人間的に楽しく生きられる道はあるものです。
 
P1030003 【群馬県・烏川の源流は太古より不変】
 
 妻の逝去、娘たちの独立により孤独な生活にすっかり慣れた(?)私は、このような環境は私だけではないことをしっかり頭に刻みつつ、今では、これは当たり前のことであると考えるようになってます。もっと辛い環境下にある人もいることを肝に銘じてます。
 
 私の近所や身近な人たちにも、最近一人暮らしがあちこちに増えてます。女性の場合は、盆正月に子供や孫が来ることから一見、賑やかな母の顔に戻って幸せを感じても、それは束の間、すぐに孤独な現実に戻ります。男性も同様ですが、私は覚悟が定着してることから、今では、娘たちが来ても来なくても精神にあまり変化がありません。これには寂しさを忘れさせるほど、独自に楽しみの場面がいくつかあるからかもしれません。
 
P1000931【国際宇宙ステーションから送られてきたナイル川とアスワンハイダム周辺の映像に驚く】
 
 さて、一人暮らしであろうとなかろうと高齢者は、親しい友の他界を繰り返し、年々孤独な環境を強いられます。しかし、私は思います。高齢になってからは「自分自身の喜びの開拓」こそ、平成の次の元号の時代に生きる最大の基盤ではないでしょうか。
 
 このためには、どんなことにもその意味を見出すことも一つです。老後の精神生活が豊かであるかどうかは、どれだけこの世で「人に会ったか」によってや、また、人間に限らず、天体、及び植物など自然の出来事、そして、最近では私は先達の気高い精神や思想に触れることが含まれつつあり、これには読書が大きな楽しみです。
 
 この高齢、孤独という現実の状況下において、精神にますます輝きを持たせるものは多面の芸術に勤しむこともその一つと言えるでしょう。タイトルの如く、精神を錆つかせず、ぞくぞくするほど魂を揺さぶる芸術との出合いは何でもよく、例えば、良い山岳写真が撮れたことも、その人にとっては一生の宝物になり、生きる喜びにつながります。
 
P1020763【群馬県・鬼押し出しから眺める浅間山・・・黄色い車は愛車・・・拡大して下さい。】
 
 ところで、最近はサボり気味ですが、私は音楽が好きなことからピアノを弾きます。古今に作曲されたピアノ作品数は無限であり、私のレベルに合った曲に挑戦しても、体力知力からして限界を感じますが、楽観的に向き合ってます。
 
 難しい曲がいいとは限らず、比較的やさしいソナタでも、幾らでも「音楽の喜び」は見い出せます。作品のあまりの多さと作品の素晴らしさに先達の創造力の偉大さを感じてやみません。私も同じ人間であると心に言い聞かせ、せめて先達が創造した美に触れる日常でありたいと思う。
 

|

« 研究授業で扱った滝廉太郎の「秋の月」 | トップページ | 明朝、住民で近くの公園を除草作業 »

anti-senile dementia」カテゴリの記事

コメント

 精神を錆つかせず、ぞくぞくするほど魂を揺さぶる体験は、持ち前の広範な好奇心、少しでも高みを求めようとするチャレンジ精神の中にあるような気がします。
 今、どのような思いで生きているか、未来に向けていかに生きて行こうかの思いが溢れ伝わってきます。
 昨晩は満月。皓皓と明るい月のまわりに3重の光の輪が見えました。何かいいことがありそうな気がしました。月光浴を楽しみました。

投稿: 栄寿 | 2018年8月27日 (月) 10時24分

栄寿さんへ・・・今朝は6時から、ない頭を絞ってブログを書き始め、途中、朝食を摂り、9時前には書き終わりました。上毛新聞「広場」を書き写す方が取り敢えず考えないので楽でしたが、私としては新鮮味に欠けるようでした。ブログは何を書くかテーマが決まれば、本文が書けますが、テーマ設定を広くしたいので、それを考えつくまで時間がかかります。
ところで、体調は以前より回復してます。しかし、ビールは缶の小さいのがやっと飲みきる程度です。秋になったら、もっと運動して体調を回復から向上させ、バクに行きたいです。ママは私のことをもう忘れたでしょう。

投稿: カッキー | 2018年8月27日 (月) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研究授業で扱った滝廉太郎の「秋の月」 | トップページ | 明朝、住民で近くの公園を除草作業 »