フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 太陽の背景は「おとめ座」である秋分の日 | トップページ | 今朝はニューサンピアでお風呂と朝食バイキング »

2018年9月24日 (月)

中秋の名月【十五夜】が毎年必ず仏滅である理由

 以下の記事は以前に発表したものです。今宵は十五夜なのでアーカイブスから掘り起こしました。

Aki4_2

 平成30年9月24日は「中秋の名月」です。最近は夜の時間も次第に長くなり、お月見には最適な季節です。月が見える東の窓際に月見まんじゅうやススキを飾った昔が思い出されます。どの家でもちゃぶ台にこれらのお供えをしたことから、子供たちは近所の月見まんじゅうを内緒で失敬する竹やりを作ったものです。近年は、そのような微笑ましい風習はなくなりました。

 ところで、カレンダーでお気づきの通り、十五夜である中秋の名月は毎年必ず仏滅です。これは未来もずっと変わりません。仏滅とは古代中国から伝わった陰陽道で万事に不吉とする日です。なぜ、中秋の名月を毎年、仏滅としたのでしょう。不思議なことです。彼岸に近いからでしょうか。

 ところで、六曜の順番については、月においても、日においても、先勝~友引~先負~仏滅~大安~赤口の順に決まってます。

 ですから、旧暦の1月1日は先勝から始め、2月1日は友引から、以下、3月は先負、4月は仏滅、5月は大安、6月は赤口から始まり、同様に、7月1日は先勝から始まり、8月は友引、9月は先負、10月は仏滅、11月は大安、12月1日は赤口から始まります。

 一方、旧暦で秋とは7月が初秋、8月は中秋、9月は晩秋であることから、中秋とは秋の真ん中を意味し、8月をさします。旧暦の8月1日は前述の通り、友引から始まるので、日を順に数えると十五夜は必ず仏滅になり、これは未来永劫、変わらぬことです。

 このように旧歴では年中行事について六曜が決まります。

 例えば、3月3日の旧ひな祭りは毎年・大安であり、旧七夕は毎年・先勝と決まり、この晩は彦星と織姫星が「七」日目の「夕」刻の半月に乗って天の川を渡り、1年一回会うことが許されます。恋は「先」手必「勝」なのでしょう。

ところで、東に上る「中秋の名月」をオーストラリアなど南半球で同時に見ると、日本で見るのと月の紋様の角度が70度ほど左に変わり、上の写真のように見え、ウサギが餅をつく姿とは異なります。地球が丸いので月を見る人の目の角度が変わります。

 世界の国々では高緯度と低緯度及び南半球では月の紋様が異なって見え、また、時間が経過すると地球の自転により、紋様は時計回りに変化します。

 太陽と地球と月の位置関係では、このような満月では月は公転する地球より外側にあることから、地球の公転スピードより速度を増すことになり、地球が秒速約29㎞であることから、月はおそらく秒速30km以上のスピードになるのではないかと推測します。

 それにしても、太陽と地球間の距離は約1億5000万㎞であるのに対し、地球から月までの距離は約38万Kmであるこから、太陽までの距離は月までの距離の約400倍ということになります。

« 太陽の背景は「おとめ座」である秋分の日 | トップページ | 今朝はニューサンピアでお風呂と朝食バイキング »

暦について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月【十五夜】が毎年必ず仏滅である理由:

« 太陽の背景は「おとめ座」である秋分の日 | トップページ | 今朝はニューサンピアでお風呂と朝食バイキング »

カテゴリー