フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

私のフェイスブック

日の出、日の入り時刻

現在の気象衛星映像

リアルタイム地球の姿

無料ブログはココログ

Persimmon Marsh  掲示板

« 久々に、心は青年教師に戻る | トップページ | 歯磨きの90%は歯ブラシを縦に使う »

2018年10月 8日 (月)

音色と快いビブラートに心掛ける

P1010766

 

クラシックソプラノサックスの独奏は声楽に似てるので暗譜での演奏が聴き手の心に伝わると考えてます。音を伸ばすときビブラートは生命で、その回数については曲の速さにより異なっても、一般的に私は十六分音符が快いと感じてます。先日の祝賀会では音質を第一に、そして快いビブラートです。「ジプシーの王女」では緩急など情熱さに心掛けました。

Since the classical soprano saxophone solo is similar to vocal music, I consider that the performance by memorizing scores will be transmitted to the listener's heart. Vibrato is the vital energy when we extend the sound. Regarding the number of vibration, it depends on the speed of the music, but in general I feel that sixteen notes are pleasant. In the celebration of the other day, the sound quality was the most essential and next was a pleasant vibrato. In "Gypsy's Princess" I aimed at passionate performance such as fast and slow.

 

« 久々に、心は青年教師に戻る | トップページ | 歯磨きの90%は歯ブラシを縦に使う »

facebook」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音色と快いビブラートに心掛ける:

« 久々に、心は青年教師に戻る | トップページ | 歯磨きの90%は歯ブラシを縦に使う »

カテゴリー