« 飛来した 白鳥見た後 忘年会 | トップページ | 冬苦手 人も車も パソコンも »

2018年12月19日 (水)

干し柿は 祖先の知恵か 空っ風

P1070010【今年は豊作】

 
今年、庭の柿がよく生りましたので干し柿にします。きっと昔からの保存食なのでしょう。昨日、皮を剥き始めました。皮むき器は使いますが、手作業なので手間がかかります。宮城県・登米市の福泉さんの写真を参考に吊るしてみます。柿の木にはまだたくさん実が生ってますが、野鳥のために残しておきます。
 
P1070142 【実際はかなり大きい実】
  
This year, persimmon in the garden was born well so I will make it dried persimmon. It is probably a preserved food since the ancient time. I started peeling yesterday. I am going to use a peeler, but it takes time due to manual work. I will suspend it referring to Mr. Fukuizumi's picture of Tome City in Miyagi prefecture. Many fruits are still bearing in the persimmon tree, but I will leave them for wild birds.

Photo 【登米市・福泉家の干し柿】
 

|

« 飛来した 白鳥見た後 忘年会 | トップページ | 冬苦手 人も車も パソコンも »

健康食」カテゴリの記事

コメント

 覚悟して
 空っ風(かぜ)と向き合う
 柿簾(かきすだれ)
 

 
 


投稿: 俳人28号 | 2018年12月19日 (水) 08時38分

俳人28号さんへ・・・先日いただいた干し柿が思いの外すごく美味しく感じたので、早速、生れて初めて吊るし柿に挑戦します。ちょっと時期が遅いようですから、硬い柿のみを選んでこれから皮を剥いて吊るします。柿簾とは流石の表現です。

投稿: カッキー | 2018年12月19日 (水) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛来した 白鳥見た後 忘年会 | トップページ | 冬苦手 人も車も パソコンも »