« 年越しに シリウス見つつ 蕎麦食くす  | トップページ | 2019年は平安な心で過ごしたい »

2018年12月31日 (月)

数々の思い出を胸に平成30年が終わります。

P1070140【鏑川の鷺】

 天文学的に見て、大晦日の午後12時の瞬間は太陽とシリウスを結ぶ線に地球が到着する時と私は考えてます。除夜の鐘が鳴るとき南の空を見てください。シリウスが一際光り輝いてます。
 
 この時、全天第一位の明るさを放つ太陽は北にあり、全天第2位の明るさを放つシリウスが南にあり、一年かけて公転してきた地球はこの両天体の間に入ります。両天体は巨大なため、この両天体を結ぶ線はかなりの幅があり、日本以外の国で見ても、北半球ではその国の1月1日午前0時にシリウスは南に輝きます。
 
 これは丁度、400m陸上競技場のゴールの両端に太陽とシリウスがあり、一周して来た地球がゴールに達したような状態です。 1月1日は天文学的に大きな意味があります。
 
P1020630 【鏑川の土手で撮った浅間山2568m】
 
 ところで、この一年、アクセス戴きました皆さまには大変に有難うございました。また、コメントを賜りました方々にも心よりお礼申し上げます。コメントを拝読するのも私の大きな楽しみでした。週2回、更新する普通のブログの他、最近は短いフェイスブック記事も掲載しました。
 
 日常の事象について、日本文で書いた事柄を英訳すことが私の趣味の一つであるので、これをフェイスブックで発信することで楽しみが増しました。ただ正確さが問われるところですが、海外の方がアクセスし、「いいね」やコメントもあると通じてるものと想像してます。より一層、研鑽を積み、英語らしい英作文に磨きをかけなくてはなりません。
 
 今後、アクセスされた方が各カテゴリーを読まれ、楽しくなることや私自身が新たな分野の開拓を心掛けます。浅学非才のため、あちこちに出かけ取材することで文章は書きやすくなります。新鮮な内容は私にとっても楽しいです。花木を中心に植物は庭にたくさん植えてあり、四季を通じた管理は、失敗体験も含め、より良い成長と開花した結果を画像も含め掲載したいです。
 
Dscf0189【懐かしい子持山山麓でレース鳩の訓練】
 
 今年、私は小学生時代から飼育してたレース鳩の趣味を終了しました。当初、鳩飼育の楽しみについて書くことを中心にしていたためブログのタイトルは柿沼鳩舎=Persimmon Marsh Loftになってます。最後はピジョンクレージー鳩舎に多くの鳩を引き取っていただき感謝しております。大変お世話になりました。
 
 私も年齢が嵩んだこともあり、今までとは異なる身体状況になりつつありますか、どうにか一人暮らしを続けてます。今年は親しかった元職場の同僚で友人・富所三郎さんの逝去は誠に悲しかったです。上信越国境に聳える四阿山【2345m】など県内外の山々に連れて行っていただき、よい思い出があります。前述の英語についてもニュージーランド滞在体験の彼から多くを学びました。今後のブログに反映させたいものです。
 
 私自身、来年こそはめざすものを実現したいです。皆さま、この一年間、アクセス戴き、誠に有難うございました。よい年をお迎えください。来年もよろしくお願い申し上げます。
 
 

|

« 年越しに シリウス見つつ 蕎麦食くす  | トップページ | 2019年は平安な心で過ごしたい »

ブログについて」カテゴリの記事

コメント

 シリウスについて勉強させていただきました。全天随一の明るい恒星。シリウスと太陽を結ぶ直線上に地球が差し掛かるときが1月1日午前0時。太陽暦も考えようによっては、シリウス歴と呼べそうですね。
 除夜の鐘を聴きながら、真南に青白色に光るシリウスを見上げて平安な心に浸りたいものです。
 よいお年をお迎えください。

投稿: 大星 | 2018年12月31日 (月) 13時29分

大星さんへ・・・1年間コメントを本当に有難うございました。お陰さまでブロガーの一方通行にならず、逆に日本語表現を学ぶことができました。また、「バク」では楽しく過ごせました。
 ところで、今宵、高崎は深夜まで晴れそうですから、一際明るい一等星シリウスが真南に見えるでしょう。太陽は見えませんが、反対方向にある筈です。地球はその間を通過します。1年に一度のことです。
 その後、再度、新たな公転が始まります。仰せの通り、平安な日々が到来する時代を望んでやみません。

投稿: カッキー | 2018年12月31日 (月) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年越しに シリウス見つつ 蕎麦食くす  | トップページ | 2019年は平安な心で過ごしたい »