« 四七抜き音 日本の心を 掴みとる  | トップページ | 見晴るかす 赤城の裾野 濁世断つ »

2018年12月25日 (火)

筋肉維持 年をとっても 心掛け

P1070106_2 【有酸素運動は少々速めに歩く】


若いころの私は、年を重ねたら筋肉をつけても意味がないと考えてました。ところが、年をとった今、筋肉こそ健康の源と認識してます。ですから、日々筋トレとして、キャフレイズとダンベルは欠かせません。キャフレイズは脹脛の筋肉を鍛えて下半身の血液を上半身に上げることを目的にしてます。ダンベルは上半身の筋肉維持と増強をめざします。一方、無意識に伸び縮みする呼吸筋は有酸素運動により柔軟性をめざします。

P1070235【踵の上げ下げで脹脛を鍛えるキャフレイズ 

When I was young, I thought that it would be meaningless to train muscles for the elderly. However, as I became old now, I recognize that muscle is the source of health. Therefore, as a daily muscle training, such as calf-raise and dumbbells are indispensable for me. Calf-raise trains calf muscles so that I aim to raise the lower body's blood to the upper body. Dumbbell aims to maintain and strengthen muscles in the upper body. Meanwhile, the respiratory muscle that is unconsciously expanding and contracting aims flexibility by aerobic exercise.
 
P1070373 【上半身の筋肉に負荷をかける】
 

|

« 四七抜き音 日本の心を 掴みとる  | トップページ | 見晴るかす 赤城の裾野 濁世断つ »

健康的な冬の過ごし方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四七抜き音 日本の心を 掴みとる  | トップページ | 見晴るかす 赤城の裾野 濁世断つ »