« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

美味しくて 十割そばは 健康食  

P1070166【魅力がいっぱい10割そば】

 
 江戸時代中期より庶民にも普及したと伝えられる年越し蕎麦は、辛かった一年を忘れるためや、無事に一年が終わったことに感謝し、翌年も健康長寿を願う民衆の風習としてその起源があり、300~400年経過した現在でもなお、日本で継続されてる一つの習わしです。
 
 身の周りに起こる苦難を排除し「来年こそはと幸せな年を」祈り、それは時代がどんなに変遷しても変わらぬ人々の心情です。
 
 我が家でも私が子供の頃、12月31日には母が茹でた年越し蕎麦を家族8人で食べた記憶があります。その後、時代は大きく経過し、いつの間にか年を重ねた昨年の暮れに私は小さい頃を思い出し、暫くぶりに10割そばを見つけて一人寂しく食べました。
 
 平素、殆ど日本蕎麦を家で食べないですが、年齢が嵩んだためでしょうか、このときの味に新鮮な食感を覚えました。それはご飯やうどんと異なり、胃が持たれない感覚です。この理由は、もしかして塩分を殆ど含まないからでしょうか。また、コシがあり、歯ごたえもよく、脂肪がないため、さっぱり感でした。
 
 毎日、男の一人暮らしは三度三度の食事を用意するのが大仕事でも、この環境が14年も経つと健康維持を第一に考えるため、面倒と思うことはなくなりました。実は、年越し蕎麦を機にその後も、昼食に、あるいは夕食にしばしば用意するようになってます。
 
 私の場合、食べ過ぎることを避けるため平素、夕食に麺類、穀類などの主食を摂りませんが、先日も10割そばを軽く食べたところ、さっぱりし、しみじみとその良さを感じました。これなら夕食に食べても胃が持たれず、多種のミネラルを含み良いかもしれないと直感です。
 
Photo【蕎麦の実】
 
 ところで、蕎麦の効用について、改めて実践も通じて調べています。これは思いの外、健康食といえそうです。
 
 蕎麦の効用は、断然、食物繊維が豊富に含まれてることです。これが腸壁を刺激して腸内環境を整え、大切な便秘対策になります。また、含まれるルチンは毛細血管に弾力性を持たせることから、スムースな血液循環に効果が期待できます。同時に、コレストロールを抑制し、脳卒中、糖尿病など生活習慣病の予防に効果があると考えます。
 
 一方、蕎麦には、過剰に摂取した塩分を体外に排出するカリウムが含まれ、血圧安定につながり、また、男性の性機能に効果が期待される亜鉛も含まれ、これらは日々の生活に大切なミネラル類です。
 
 このように10割蕎麦は、概して塩分、脂肪分、糖分摂取の多い現代人にとって大切な健康食と言えます。私はこれからも10割蕎麦と共にある食生活を心掛けます。
 

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

下弦の月の右側の薄い光は太平洋の光の反射か

P1020608

 
1月も末となり日照時間が伸びてます。冬至の昼の長さは9時間41分でしたが、群馬県の今日は日の出が6時47分で、日の入りが17時07分ですから、昼の長さは10時間20分です。皆さん、春は確実に近づいてます。もう少しの辛抱です。お酒でも飲んで待ちましょう。
 
P1020358

It became the end of January, and the sunshine time is growing. The length of daytime of the winter solstice was 9 hours and 41 minutes, but today's sunrise was 6:47, and the sunset will be at 17: 07 in Gumma prefecture, so the length of the day became 10 hours and 20 minutes. Everyone, spring is surely approaching. We need a little more patience only. Shall we wait for spring with drinking booze?
 
P1070289
 
今朝5時の南東の空には、左から金星、木星、下弦の月が並んでます。これらはほぼ黄道にあります。恒星と異なり、惑星と月は常にその配置が刻々と移り変わります。下弦の月の右側が薄く白くなってます。これは太平洋に太陽光が反射してる光と考えられます。月を拡大してご覧ください。

In the southeastern sky at 5 o'clock this morning, Venus, Jupiter and waning moon are lined from the left. These are almost on the ecliptic. Unlike the fixed stars, planets and moon are constantly changing their placement. Would you please enlarge the moon. You will be noticed that the right side of the waning moon is slightly white. This is considered to be sunlight reflection of the Pacific Ocean.
 
P1070291
 

| | コメント (2)

2019年1月29日 (火)

日を追って 金星・木星 離れ行く

今朝5時に南東の空を撮影しました。左下の星が金星で、右上が木星です。1週間ほど前と高さが逆になりました。今後、二つの惑星はどんどん離れます。金星の公転周期(太陽の周りを回る時間)は約224日、一方、木星の公転周期は約12年で、因みに水星の公転周期は88日と言われてます。もちろん地球は365.24日です。

https://www.youtube.com/watch?v=RTozwmwMbYY

 I shot the southeastern sky at 5 o'clock this morning. The lower left star is Venus and the upper right is Jupiter. The height has reversed each other compared with about 1 week ago. In the near future, the two planets will be far away more and more. The revolution cycle of Venus (time around the sun) is about 224 days, while the revolution cycle of Jupiter is about 12 years, by the way it is said that Mercury's revolution cycle is 88 days. Of course our earth is 365.24 days.

 
P1070284【1月29日(火)午前5時】 
   
P1070256【1月22日(火)午前5時】
  

| | コメント (2)

2019年1月28日 (月)

見聞したこと、考えたことを英語にする鍛練

P1070282【今朝、私の家から見た浅間山】

 何の分野も真理探究において同様であっても、英語の勉強ほど無限なものはありません。英語界の重鎮・鳥飼久美子氏曰く「英語学習は、私たち英語圏以外で育った者はおそらく生涯を通じて学び続けるものです。」とのことで、ましてや一般の私たちは尚更、しっかり継続しなければなりません。今や、英語は英米人のもののみでなく、世界に共通する言語として、その通用力は断然他の言語を引き離してます。
 
 私の英語学習の中心は、新たなボキャブラリーとその発音です。発音についてはオーソドックスで世界で通じる発音を求めてます。このブログの右にセットしてあるVOA Learning Englishでも慣れることができます。こちらは通常の7割程度のスピードですが、場面が豊富で、話題も広く大いに活用する価値があります。しかし、可能であればチャンスある度に躊躇せず、ネイティブと実践的に対話する気構えが必要です。上手下手の観点から離れ、その態度が肝心です。
 
 ボキャブラリーについては、記憶力と密接に結びついてることから、忘れることを気にする必要はなく、忘れたようでも、改めて二度目にその単語に出くわすと初回より身近になるものです。忘れては、必ず発音し、書いて、使って、聞いて覚える五感を使った行動が、より脳に定着しやすいと考えられます。
 
P1070278【拙い単語帳】
 
 英語学習の9割は新たな語彙の習得ですから、脳に定着するためには、私は英作文が効果が絶大であると考えてます。学生時代には、どちらかというと英作文は隅に置かれた学習法でしたが、今考えるに英作文は英語習得に誠に有効な手段です。高校時代からでも、英作文を徹底して教育されてたら、もっと自由に英語を使いこなせていたでしょう。
 
 最近感じることの一つに、発音については第一アクセント、第二アクセントをきちんとつけることです。日本語のアクセントは高低です。逆に、英語は高低でなく、強弱です。相乗効果で、アクセントの音を強く発音すると不思議に単語の最後の音に母音が入らなくなります。多くの英単語の最後の発音は子音で終わります。
 
 私たち日本人はどうしてもk s t p b l v の後に母音をつけがちです。これは日本語が常に母音と共にある言語なため、その習慣が出てしまいます。単語の最後が子音で終わる単語について、しっかり子音のみで終わるだけでも英語発音に近づきます。また、母音について、原則的に英語には日本語のオの発音はありません。あっても、顎を大きく開けて発音し、Оの殆どは舌を巻くアです。
 
P1070283_2【愛用の英和辞典】
 
 学生時代から英語の辞書といえば英和辞典を指しましたが、和英辞典も同等の回数を、あるいは同等以上の回数を使いこなすことがボキャブラリー開拓に必要不可欠です。英和辞典を使うのは中心が外部の記事です。和英辞典を使うのは中心が自分であり、自ら知りたい内容です。ですから、英作文では和英辞典が正にindispensableな存在で、なくてはならない宝ものです。
 
 現代は、グローバルなネット時代です。蜘蛛の巣を張り巡らせたようなウェブに自らの英作文を載せることは、世界の多くの人の目に触れ、勉強の枠から出て、現実の英語社会に晒されます。ですから、より正確に伝わることに専念する姿勢が生じます。
 
 「人間の脳は、いくらでも入る余地が残ってる」と教えられた中学時代の今は亡き担任の言葉が忘れられません。一般的に、記憶力が減退する年齢になっても、「繰り返し使うこと」で脳に定着させたいものです。延いては、現代病であるsenile dementia を遅らせることにつながるのではないでしょうか。
 
 

| | コメント (2)

君子蘭 春遠からじ 教えてる

P1040766

 
一年で最も寒い時期なのに、君子蘭があちこちで咲き始めました。原産地がアフリカと言われることから寒さを嫌い、廊下の温かな所で冬を過ごしてます。君子蘭は種によって増えず、根から子供が生じてきます。2月1日にオカリナの新年会がここで予定され、この頃になれば10本以上が満開になる気配です。素朴な土笛オカリナの音とアフリカ原産の君子蘭は共通するかもしれない。

Although it is the coldest season of the year, Kaffier lily began to bloom here and there. She hates the cold because the original place is said to be Africa so that she is spending winter in a warm place in the corridor. Kaffier lily does not increase by seeds, but her children come out from the root. A new years party of ocarina will be held here on February 1, and there is a sign that more than 10 pots will be in full bloom at this time. The sounds of rustic ocarina and African native kaffier lily may be common.
 

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

寒いとき 無理して運動 プラスなし

有酸素運動は心肺機能を活動的にするために大切です。しかし、今の季節は寒いので午前11時頃の温かくなった時間帯に行ないます。血圧の性質上、朝は血管がこわばってるので運動しないことが賢明と考えます。


Aerobic exercise is indispensable for us to activate cardiopulmonary function. However, since the current season is cold, we should exercise after the temperature becomes warm around 11 am. Regarding hypertension, I think that it is prudent not to exercise in the early morning because blood vessels are stiff in this time zone.
 
P1000416
 

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

今夕は パトロール班で 新年会

14233149_991466380976428_3945569226 【夏季に撮ったもの】

 
今日の夕刻、新年会に参加します。年間を通じて小学生の登下校の安全を期して行うパトロールの会です。全員が退職した方々です。第二の人生を元気に生きるには積極的にボランティア活動に参加です。これにより交流の輪が広がります。高齢になるほど、栄養摂取、適度な運動、そして社会性が大切な三本柱と考え、これからも小学生の安全を見守ります。

I will participate in the New Year party this evening. It is a patrol meeting to make elementary school students safe from school throughout the year. Every volunteers retired already. In order to live vigorously the second life, it is very useful for us to participate in volunteer activities for spread the circle of interchange. Three indispensable pillars in life for the elderly are nutrition intake, moderate exercise and socialization. From now on, I will continue to watch safety of elementary school students.
 
P1040117

Different matter・・・ The gentleman in the photo is a Jewish conductor named Mr. Bernard Jacob of Calcutta Symphony Orchestra. And I was a disciple of him about conducting during stay in India.
 

| | コメント (0)

暗黒の 宇宙に輝く 太陽光

P1070276

 
国際宇宙ステーションは西から東へ毎秒7㎞で進んでいます。地上から400㎞上空を90分で地球を一周します。ですから、1日に地球を16周します。北極上空と南極上空は通過しません。この写真は南太平洋上から国際宇宙ステーションが撮影した南アメリカ大陸から出る日の出です。これを見ても宇宙は暗黒であることが分かります。せめて、地上は明るい世の中でありたい。なお、太陽の右に見える二つの星は金星(左)と木星です。

The International Space Station is advancing from west to east at a velocity of 7 km per second. It goes around the earth in 90 minutes over 400 km above the ground. So it makes 16 laps of the earth in a day. And it does not pass over the North Pole and the Antarctic. This photo is the sunrise on the south America continent taken by the International Space Station above the South Pacific ocean. By looking at this photo, we can understand that the universe is really dark. At least, we want the earth to be a bright world. And two stars on the right side of the sun are Venus (left) and Jupiter.
 
 

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

柑橘類 食欲そそる 八角形

P1070268

 関東地方はしばらく雨が降らず、空気が乾燥してます。このようなときウィルスは飛散しやすく、学校、高齢者施設などで集団風邪が蔓延してます。人混みを避け、栄養を摂取し、身体を動かし血流を良くしましょう。今の時季は柑橘類が豊富です。家の近くには昔ながらの八百屋があり、クエン酸を含む八朔が比較的安く手に入ります。八角形に並べると食欲をそそります。柑橘類は風邪予防に効果があると考えられます。

It does not rain for a while in Kanto region, and the air is dry. In such a case, virus is easy to scatter in the air, so that collective cold is prevailing in school, elderly facilities and so on. We should avoid crowds, ingest nutrition, move the body and improve our blood circulation. Citrus fruit is an abundant harvest in current season. There is an old-fashioned grocery near my home, and Hassuku of the photo including citric acid is available relatively cheaply. We have good appetite when arranging in octagon like a photo. Citrus fruits are considered to be effective in preventing cold.

 

| | コメント (2)

2019年1月24日 (木)

上毛新聞「ひろば」に掲載・・コメンテイターの文章

 度々、このブログに丁重にして明快なコメントを送って下さる友人TМさんの文章が、先日、群馬県の地方紙・上毛新聞の読者投稿欄「ひろば」に掲載されました。早速、私も拝読しました。
 
 厳寒の今の季節を詠った有名な詩について、ご専門の立場からお考えを伝えられ、季節の春と人生の春を待ちわびる私もワクワクして、味わい深い文章を読むことができました。以下は氏の投稿文です。
 

P1010924【庭の紅梅】・・・拡大してご覧ください。

 
 タイトル・・・・・「冬来たりなば、春遠からじ」・・・・・
 
 冬の寒さが身に染みる頃、「冬来たりなば春遠からじ」という言葉が口をついて出て来る。出典は英国の詩人シェリーの詩の一節、「If Winter comes, can Spring be far behind?」だそうだ。
 
 「winter」と「spring」が大文字になっている。末尾の?マークは 意外だった。文法に忠実に訳せば「冬が来たなら、春ははるか遠くにいることができようか。(いや、できない)」と反語の硬い訳となる。ちまたに流布されている「冬来たりなば春遠からじ」は昇華された流麗な見事な日本語訳だ。
 
P1020224【大塩湖の春】
 
 「冬来たりなば」には、冬をしっかり受け止めて、やがて来る春に向かって生きていく力強い精神力を感じる。
 
 別の訳に「冬来なば」というのがあった。この訳は、冬の先にある春の野を軽やかな足取りで飛ぶように進む春への強い憧れの気持ちが先行する。「冬来なば 春遠からじ」とつぶやくと「梅の花」が口を突いて出て駄句が完成した。「春遠からじ」の訳は、慎み深く落ち着いて春を待つ趣きがある。
 
 「冬来たりなば、春遠からじ」には、現在の苦境を耐え抜けば幸福の時を迎えられるという強い希望も込められている。春よ!早く来い!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
歌曲・・・モーツアルト作曲「春への憧れ
 

| | コメント (3)

2019年1月23日 (水)

寒中に 春を先取り 君子蘭

P1070270


私たち人間は寒さに震える毎日ですが、日照時間が僅かに伸びてることを察知してか、廊下の君子蘭が春を待てずに咲き出しました。花の少ない今の季節にあって希望を与えてくれます。やはり、春はもうすぐそこまで来てるのでしょう。最初、隣から一鉢貰った君子蘭は今では17鉢に増えてます。この調子では2月上旬ここで行なわれるオカリナ新年会では満開になるでしょう。
庭に野鳥、室内では音楽花のコラボいいですね。
 
Although we humans are trembling with cold, kaffir lily in the corridor perceives that the sunshine time is growing longer slightly, began to bloom without waiting for spring. She gives me hope in a season without flowers. After all, spring is coming soon. Originally the kaffir lily presented me one pot from the neighbor has increased to 17 pots now. In this condition, she will be in full bloom at the Ocarina New Year's party held here in early February. Many wild birds come in the garden and the collaboration between flower and music in the room will be nice beyond description.
   

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

日の出前 神秘漂う 太陽柱

P1070261


今朝の日の出前の光景は神秘的で、垂直に太陽柱が見えました。昔から朝焼けは雨が降るといわれ、その通り、1時間後にみぞれ混じりの雨が降りました。10時頃から回復しました。

The sight before sunrise this morning was mysterious, I saw the solar pillar vertically. It has been said since a long time ago that the morning glow will rain, as expected, it rained with sleet after 1 hour. It recovered from around 10 o'clock.
 

| | コメント (0)

比較して 分かる惑星 その動き

P1070256

 
今朝5時30分に撮影しました。4~5日前の写真と比較してみると、左上の金星と右下の木星の位置が変化しました。これにより、恒星とは異なり、惑星は軌道を持ち、独自の動きをしてることが分かります。25日頃には横に並ぶと予想します。それ以降は木星が上になるでしょう。これは地球から見るとです。現在の金星までの距離は1億5千万Km前後と考えられます。右の星は「さそり座」のアンタレスです。
 
I took the photo at 5:30 this morning. When comparing with the picture of 4 or 5 days ago, the position of Venus in the upper left and Jupiter in the lower right has changed considerably. This shows that, unlike fixed stars, the planet has an orbit and has their own movements. I guess to line up in a straight row on 25th. After that Jupiter will be on top. It is in case of seeing from our earth. The current distance to Venus is thought to be around 150 million Km. The right fixed star is Antares of Scorpio.

P1070236  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

揺れ動く世界経済・・・過去の亥年は良好だった

P1070248【膨らんできた花梅の蕾・・・思いのまま】・・・経済も膨らむか

 年末に乱高下した世界株価と為替レートの影響を受け、日経平均株価は一時暫くぶりに2万円を割りました。多くの投資家はハラハラドキドキの年末年始を経験し、これは大きな要因として、トランプ大統領の中国関税政策に対する警戒感が背景にあるでしょう。日経平均株価も亥年になって少々持ち直してきた感があり、現在は一息ついてます。経済はもとより、世界にとって明るい一年を願ってやみません。
 
 一方、現実の世界情勢は、アメリカのみならずヨーロッパ各国でも、EUからの離脱期限が近づくイギリスや、ドイツでは難民受け入れ政策への不満を背景に、メルケル首相の基盤が揺らいでおり、また、近年では珍しく、フランスでは燃料増税への抗議デモが日々激化し、マクロン大統領の支持は低下しつつあると伝えられます。イタリアでは、緊縮財政を求めるEUとの対立が続いてます。
 
P1070255【柊南天の蕾】・・・ 何故か、葉が紅色になってる
 
 2018年「ねじれ状態」になった米国議会において、トランプ大統領の追加減税案は下院民主党による反対が予想されるなか、実現困難な状態にあり、就任当初、良好であったが、米国経済の先行きに対する期待感がいつになっても高まりません。
 
 トランプ大統領は2020年の大統領選挙へ向けた目玉政策として、議会の承認なしに決定できる関税政策を推し進めようとしており、これによっても米国経済の不安が再び高まってます。
 
 対外的には、昨年末、開催された米中首脳会議は米国の追加関税の一時棚上げで合意され、続いて行なわれた米中通商会議は今後に向け進展が期待されても、米国側の要求を中国側がすべて受け入れる可能性は低く、今後も、両国の摩擦問題は続くと考えられます。
 
 また、三月にベトナムで開催予定の米朝首脳会談の成り行きも、非核化とその見返りなど、世界情勢を左右する要因になるでしょう。
 
P1070254【貴重な日本シャクナゲも今年は多くの蕾を持っている】
 
 今年の世界経済は暗雲立ち込める状態で始まり、今後の推移は見通しがつきません。ところが、先日、某週刊誌に目をやると、日本経済に限ってはマイナス要因があまり見当たらないと考える専門家もいます。
 
 それは、昨年末、「特定技能」の在留資格で外国人労働者を受け入れる出入国管理法の改正案が成立し、未だ雇用に対する問題点はあっても、この法律によって不足する雇用について外国人労働者が入りやすくなり、手が足りない多くの企業にとってどれ程かプラスになることでしょう。これは日本経済にとって大きな前進と言えます。また、前述の米中の経済対立の中、日本が漁夫の利となりうることも指摘されてます。
 
P1070252【アセビの蕾も膨らむ】
 
 2019年の日本経済を動かす要因は多くあり、10月に始まる消費税率の引き上げを筆頭に、7月の参議院選挙、その中にあって5月1日から新元号となり、国民は平和を求め、政治的に健康上も新たな前途に期待するものです。
 
 果たして元号名に国民の多くが期待する「安」の字が入るでしょうか。
 
 私個人としては先進医療が益々進み、人生100年時代が実現するよう医療革新と経済に注視すると共に、自らも健康は創るものとの考えから、日々身体を動かすことに邁進したい。一人暮らしを余儀なくされてる身として、人生の基盤は、先ず確実な経済と健康であり、それに加えて「人との愛」であることを今更ながらしみじみ思う大寒の日々です。
 

| | コメント (0)

人混み避け うがい手洗い 励行す

群馬県のある高校では風邪のため珍しく学校閉鎖になっています。多くの方が風邪を引き、病院は混んでます。また、三重県では「はしか」が流行ってると伝えられます。これらは伝染性であることから今の時期には人混みを避けた方が賢明でしょう。昨年、体調を崩した私は今のところ大丈夫です。最近は風邪対策としてクエン酸を含む柑橘類の金柑、八朔を毎日食してます。庭の金柑の木は大きくなり、実がたくさん生ってます。


One of high schools in Gumma prefecture, has closed unusually due to cold. Many people have caught cold, so the hospitals are crowded with patients. Also, in Mie prefecture it is told that "measles" is prevalent. Since these are contagious disease, it would be wise to avoid crowds at this season. Last year I was suffering from weakness, now I am OK. Recently I eat citrus fruits such as kumquat or hassaku everyday including citric acid as a measure against a cold. The trees of kumquat in the garden grew big, and a lot of fruits were born.
 
P1070245_2
 

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

今日は大寒・・・太陽太陰暦では年の瀬

P1070243


今日は二十四節気の一つ「大寒」です。最も寒い時季ですが、春はもうすぐです。公転してる地球から見る太陽は「やぎ座」の手前に達してます。そして、立春には太陽は「やぎ座」の真ん中に入ります。今日の太陽の位置は赤経20hです。つまり、春分点から東へ300°移動してます。私たちの地球は宇宙空間に浮いて秒速約29Kmで公転しています。地軸が23°26′傾いたまま公転することで季節が変わります。

Today is "Daikan=the most intense cold" that is one of the twenty-four solar calendar. It is the coldest season, but spring is surely coming soon. The sun as seen from our Earth is reached in front of "Capricorn". And at "Risshun=the beginning of spring", the sun enters the middle of "Capricorn". The position of the sun today is 20h in right ascension. In other words, it moves 300 degrees to east from the vernal equinox point. Our Earth is floating in outer space and it revolves at a velocity of about 29km per second. The season will change by revolving while the earth's axis leans 23 ° 26 '.

350pxcapricornus_constellation_maps
 

| | コメント (2)

2019年1月19日 (土)

寂しくも 充実してる 一人もん

参考に、一人暮らしの男の夕食をご覧ください。毎晩、似たかよったかです。刺し身、ヤキトリ、オクラ、コカブ、ヨーグルト、そして大切なワンカップです。結構、エネルギーがあります。野菜も摂取してます。糖尿防止のため夕食に穀類はありません。


Please see the dinner of a living alone man for reference. Every night, it is alike. Sashimi=sliced raw fish, Yakitori=chicken kebab, sticky Okra, Kokabu=sliced turnip, Yogurt, and indispensable one cup of sake. There are quite energy, but I consume vegetables as well. There is no cereal for diabetes prevention at evening meal..

P1070239
 

| | コメント (0)

早朝に 惑星二つ ランデブー

 最近、早朝の東の空に二つの星が並んでます。光度の強い上の星が金星で、もう一方が木星です。来週は一層近づき、特に25日(金)には横に並びそうです。27日から位置が逆となり、金星が下になります。その後、二つの惑星は次第に離れます。これにより、惑星は日々位置が変わることが分かります。なお、拡大して見ると右に「さそり座」のアンタレスがあります。早起きして窓を開け東の空を眺めましょう。

Recently, two planets are lining in the eastern sky early in the morning. The upper planet with high magnitude is Venus and the other is Jupiter. Next week both planets are getting closer, especially on the 25th (Friday), they are likely to line up in a straight row. Their position will be reversed from 27th, Venus will be down. After that, the two planets gradually leave. By this astronomical phenomenon, we can understand that the position of the planets change day by day. In addition, when you enlarge the photo, there is Antares (arrow) of "Scorpio" on the right. Get up early, open the window and let's see the eastern sky.
 
P1070236
 

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

今の時季 はっさく食べて 風邪知らず

P1070232

 
 これは全国の生産高の70%を占める和歌山県産の「はっさく」です。元来、八朔とは陰暦の8月1日のことです。この頃になると収穫できることから、この名がついたそうです。しかし、実際には、この頃では未だ食べられません。「はっさく」はビタミンCとクエン酸が豊富に含まれてることから風邪予防、疲労回復に効果があるといわれてます。私は昼食時に毎日1個分を食べることにしてます。でも、一人で食べるのは寂しい。
 
This is one of the fruits named "Hassaku" produced at Wakayama Prefecture in Japan where is occupying 70% of the nation's output. Originally, the "Hassaku" means August 1 in the lunar calendar. It might be gotten its name as it was harvested at this time. However, in fact, we can not eat yet at this time due to much astringent. The "Hasasaku" is rich in vitamin C and citric acid so that it is said to be effective for cold prevention and fatigue recovery. I will eat one hassaku at lunchtime everyday. However, it is lonesome to eat alone. If possible, I'd like to eat it with you in dream.

P1070230
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口永良部島の火山噴火・・・定点カメラより 

P1070229

 
気象庁定点カメラによる今朝6時40分の口永良部島の噴火の様子です。未だ噴火が起きています。ところで、私が中学生のとき浅間山が大噴火し、噴煙が5000mほど昇り、倉賀野でも夕立ちのように音を立て火山灰が降りました。これからも浅間山がいつかは噴火でしょう。
 
This is the photograph of current eruption of Kuchinoerabu-Island situated in Kagoshima prefecture at 6:40 this morning by the Meteorological Agency fixed point camera. The eruption is still occurring. By the way, when I was a junior high school student, the active volcano Mt. Asama erupted, the plume rose estimated 5000 m, and at that time even in Kuragano, volcanic ash fell like shower with sound. I guess that Mt. Asama will eventually erupt someday.

P1070123 【The active volcano Mt. Asama in Gumma prefecture.】
 

| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

口永良部島火山の噴火・・・現在の様子

鹿児島県口永良部島の爆発的噴火口について
An Active volcano named Erabu-Island in Kagoshima prefecture in Japan is erupting now. You are able to see the current situation.   
口永良部島を選択し、9時19分以降をご覧ください。
 

 
P1070222
 

| | コメント (0)

当舎生れ稚内モザイク号直仔が北海道へ九州へ

Photo【稚内モザイク号】稚内~高崎倉賀野間を翔破

 ホープGN号【林氏作翔】を父に持ち、スチール号【オランダ・プロンク鳩舎作翔・1000Kヨーロッパチャンピアン】を母方の祖父に持つ写真の稚内モザイク号は現在ピジョンクレージー鳩舎【吉田鳩舎】で第二の人(鳩)生を過ごし、春の作出にスタンバイです。
 
 未だ未だこれから暫くは種鳩として活躍できるでしょう。吉田さんのお考えでは、今春、この鳩にはそれに相応しい雌を交配し、国際鳩舎などへ委託を計画中とのことです。このため作翔者の私としても楽しみになってます。
 
 現在は全国では、猛禽の出現、近隣関係など諸般の理由で自宅で舎外やレースができない競翔家も多く、一方、自分の住む地区のみのレースに拘らず、全国のレース鳩や世界のレース鳩と優秀性を競いたいとの考えが基盤となって、八郷国際鳩舎や伊賀国際鳩舎、あるいは読売ランド鳩舎へ委託し、全国のレースマンとレースを楽しむ方が増えてます。レース日程は決まっており、その結果は瞬時にネットで流れるため自宅でのレースとは一味違うレース鳩飼育の楽しみ方が増えてます。
 
Photo_2【現在、北海道・大橋鳩舎に在舎してるカッキーチェ♀】
 
 ところで、平素ネットでお世話になってることから3~4年前に北海道在住の大橋鳩舎さんへ 稚内モザイク号直仔【カッキーチェ】をお送りしたところ、その子供が東舞鶴GNで総合7位になる快挙を遂げたとの連絡を戴いた時ほど嬉しいことはありませんでした。長距離血統が蘇ったと共に、大橋さんの日頃の管理の適格性、また、氏の配合鳩の優秀性がプラスしたことは間違いありません。
 
 こんなことから、昨年秋に私は全国に有名なピジョンクレージー鳩舎【群馬県・吉田鳩舎】に香山鳩舎作出鳩など多くの種と、谷川岳の新潟県側から山岳地帯を翔破し、性能検定済み選手鳩の飼育を秋にお願いしました。
 
 最近になって吉田鳩舎から、稚内モザイク号直仔が1羽ずつ九州の熊本県と大分県の鳩舎が導入されたと連絡を戴きました。ですから稚内モザイク号直仔は北海道や九州に行ってることになります。
 
P1020598【貴重号】
 
 また、彼からの連絡では、この貴重号【稚内モザイク号×茨城県・高塚鳩舎稚内ブルー号直仔】が最近、大分県の柴田鳩舎へ導入なったとのことです。作出者の私としても直系の今後の活躍が楽しみです。それにしても生れ故郷・群馬高崎から離れ、貴重号はずいぶん遠方で暮らしてることになります。
 
P1030243 【モザイク二世号】
 
 一方、同様に昨年末、モザイク二世号が熊本県・松井鳩舎へ導入なったとのことです。松井さんはこの拙いこのブログにアクセスされてるとのことで嬉しいです。このことは吉田さんから連絡が入りました。ぜひ、良い直系が生まれることを期待してます。この鳩も稚内モザイク号直仔で、目に輝きがあり、動作機敏であり、私にとって印象深い鳩です。母はサハリンブラック号孫です。
 
 一人暮らし故、無事に生活することに主眼を置き、昨秋、私は60年間に亘るレース鳩飼育を終了しました。しかし、これら遠方で生きる鳩の今後の活躍が楽しみです。熊本県の松井鳩舎さん、大分県の柴田鳩舎さん飼育を宜しくお願い致します。
 

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

ナビゲーション 最短距離は 的確だ

P1070272

 
今日はレース鳩の用事のため、富岡市の大塩湖付近から榛東村まで愛車を運転しました。こんなとき、最短の道を行くにはナビがとても役に立ちました。板鼻から沖町を通過することなどを頭でだいたい分かっていても、ナビは的確に近道を教えてくれので1時間ほどで目的地に着きました。私のナビは勉強のため英語版です。と言っても殆ど同じような言葉で案内してくれます。例えば、In seven hundred meters, make a right turn.などです。
 
P1070291

Today I drove my car from the vicinity of Lake Ohshio in Tomioka City to Shinto village near Mt. Haruna for an errand of mercy of racing pigeon. In such a case, the navigation was very useful to go via shortest route. Even if I know roughly the way that I pass through Oki town from Itahana, by the navigation, I arrived at my destination in about an hour because it taught me the shortcut precisely. My navigation is English version for my study. Even if it says it guides me with almost similar words. For example, In seven hundred meters, make a right turn. And you have arrived at your final destination.
 
P1070295
 

| | コメント (0)

よく見える 冬のダイヤモンド 今チャンス

皆さん、一年で最も寒い季節ですが、この世には、いやなことがあれば、逆にすごく良いこともあります。それが今の季節の星座です。特に深夜によく見えます。ぜひ、現在、日本上空に広がってる「冬のダイアモンド」を確認してください。この六角形が捉えられると、星座が一層、身近なものになります。

https://www.youtube.com/watch?v=AGqbhJ5nlI8

Everyone, it is the coldest season in the year here in Japan, In this world, there is disgust, and conversely there is something really good as well. That is the constellations of the current season. Especially at midnight it looks really nice. Please check "Winter Diamond" currently spreading over Japan. When this hexagon is visible, the constellation becomes more familiar with you. Please comment if you can confirm this huge hexagon. This huge hexagon is visible now in the Southern Hemisphere as well.
 
P1020328
 

| | コメント (4)

2019年1月15日 (火)

君子蘭 春を先取り 希望満ち

植物はすでに春の到来を知っているかの如くです。廊下の君子蘭は蕾がかなり膨らんできました。私は土の表面が乾いたら水を与えます。人間は寒さに震える毎日でも太陽高度は地平線から32.4°と確実に高くなりつつあり、それを察する君子蘭の生命力に驚きます。皆さん、立春まであと20日です。体調管理をお願い致します。

Plants are as if they already know the coming of spring. The buds of Kaffir lily in the corridor are bulging considerably. I give her water when the surface of the soil is dry. Although everyday human beings tremble in the cold, the sun's altitude is surely rising to 32.4 ° above the horizon in Gumma prefecture, Japan, and I am surprised by her vital energy to notice the natural phenomenon. Everyone, it is only 20 days until the beginning of spring. Please take physical condition management the same as kaffir lily.
 
P1030421
 

| | コメント (2)

2019年1月14日 (月)

ウォーキングもインターバルトレーニングで行なう

P1070204【高崎市木部町の鏑川の土手は私のお気に入り】・・・画面を拡大すると歩きたくなるでしょう。

 
Dear foreigners
  I have written a blog this morning as it is Monday. Although it is clumsy sentences, I am pleased to the core if you read it. I set the interpretation function on the blog's top right. You are able to use it conveniently. Not only English but the many tongues throughout the world are available. However I guess there may be a subtle difference from what I mean due to the machine translation. I appreciate your access. 
 
今の季節は年間で最も気温の低いときで、温かい時間帯にウォキングしてます。寒い時間帯のウォーキングは血管収縮の状態を考えると健康にマイナス要因です。
 
 写真の土手の右側には私の遠い先祖が建立したと伝えられる宮の森があり、そこには長命稲荷が祀られ、ここ木部町に住む親戚が管理してます。
 
P1070123
 
 それを横に見ながら、一礼し、また、遠望は浅間山や上毛三山、更に南西に連なる御鉾山の峰々を眺めつつ、空気の澄んだここは安全面からもウォーキングに適してます。地元の人々も時折、散歩してます。
 
 左側を流れる鏑川には、広い範囲で水の流れが緩やかであり、一部は湖のように溜まっており、水草が豊富なことから、ここは生活環境として適してるのでしょう。現在シベリアから飛来してる白鳥が羽を休めてます。昨日、正午前からウォーキングしたら50羽ほどが長閑な姿を見せてました。
 
 この中には昨春から夏にかけて、シベリアで生を受けた雛鳥たちも親に連れられて遥々高崎の地まで飛んで来ていることを考えると、その飛翔力と生命力に誠に驚愕です。
 
P1070208【人間が近くに寄っても逃げようとしない】
 
 60年間レース鳩を飼育してた私が、昨年末でその飼育を終了したことから、心の隅に今後は野鳥に興味が移行してるのでしょう。推定3000Kmを翔破した白鳥の飛翔力は先祖からの生命持続の知恵であり、おそらく、この渡りは石器時代以前から続いてる習性と考えられます。
 
 ところで、レース鳩に変わる私の今後の趣味の一つとして、野鳥を庭への呼び込みむ方法を計画してます。天敵である猛禽対策として比較的、大きな樹木を増やし、小鳥たちにとって安全な環境を作り、新鮮な水と小鳥が好む水浴場の設置です。また、餌を与える屋根つきの広い台を設置し、この屋根も上空から狙う猛禽対策の一つです。
 
 野鳥たちに、ここPersimmon Marsh Sanctuaryへ来れば餌と水があり、安全と教え込みます。その光景を家の中から眺められれば、第二の人生の楽しみがまた一つ増えます。高齢になるほど心の充足が肝心で、これが認知症回避の一つの道と考えるとき、本来、私が好きな鳥類に関する環境がまた身近になります。
 
P1070205【高崎~藤岡間に建設中の仮称・新鏑川橋】
 
 建設中のこの橋は私のウォーキングコースの途中にあります。完成の暁には、この橋も渡って藤岡側の土手も新たなウォーキングコースとし、今からワクワクしてます。
 
 読者の方々に笑われそうですが、ここからやっと本論です。
 
 ウォーキングは有酸素運動であって初めて効果があると考える私は、心拍数の増加を狙い、その数値は110程度です。併せて、全身の筋肉維持と増強が目的です。副産物として立ち姿のより良い矯正につながることです。
 
 前者について、最近はウォーキングもインターパルトレーニングが有酸素運動として効果があると気づいてます。その方法は、およそ200m前方に目安を付け、そこまでは【一心不乱に少々大股】で歩きます。腕は90°に曲げ、特に後方にしっかり振り、踵から着地です。これにより肺を取りまく呼吸筋が伸ばされ、平素、無意識のうちに伸び縮みしてる呼吸筋の柔軟性が促進されます。呼吸の中枢である呼吸筋がしなやかであれば、それだけ生命力につながると考えます。
 
 ですから、少々大股なインターバルトレーニングのため速度が上がり、歩くことに集中し、この時、あまり物事を考えません。何か考えてると結果としてスピードが落ちてます。この時は人と会話ができない状態であることが目安です。
 
 一方、その後は同様に200mほど、いわゆる散歩的に前進です。英語で言うstrollです。これは一時的に心拍数が下がり、呼吸数も少なくなり、歩いていても休息の時間で気持ちも楽なときです。このときは人と会話できる状態です。
 
 この繰り返しがインターバルトレニングであり、昨日は4K歩いたので、速足10回、ゆっくり歩いたのが10回程度です。不思議なことに、ゆっくり歩くときも足が大股に慣れてしまい、そんなに遅いスピードではなくなってます。
 
 早く歩くときも、スピードを上げる感覚でなく、あくまで大股で歩く感覚が肝要です。平素より、【せいぜい2~3㎝大股にするだけで全身の筋肉の動きが活動的になる】ことか感じ取れます。これで、後者の目的が叶えられます。
 
 皆さん、ウォーキングで必ず注意してください。それは血圧対策です。歩くのは気温が温かくなって、身体が無性に歩きたいと感じたときです。このときは身体の動きがそうでないときに比較して違います。週に2回はインターバルトレーニングが効果があると考えます。ウォーキング後はカルシャーム豊富な一杯の牛乳が筋肉維持を助けます。
 

| | コメント (2)

2019年1月13日 (日)

忘れてた 引き出し開けたら お宝が

何気なく机の中を整理してたら、中国のお金が出てきました。以前に私が飼育してた鳩が中国の内モンゴルに飛んで行ったとき、その鳩に会いに行った時のものです。当時、中国では国民用のお金と外国人用のお金を分けてました。ですから、これは外国人用のお金です。一方、昔インドに住んでいましたが、インドルピーのお札もどこかにしまってあるかもしれない。


I casually set the inside of the desk, the Chinese money came out. It was the time when one of my pigeons bred before flew to Inner Mongolia in China, and I went there to meet her beyond the Great Wall. At that time, in China, It was divided citizen's money and foreigners' money. So, these moneys are for foreigners. Meanwhile, I have lived in India a half century ago so that Indian rupee bills may be somewhere in my drawer.
 
P1070203
 

| | コメント (2)

2019年1月12日 (土)

ネバネバな 新鮮オクラは ミネラル豊富  

一人暮らしが14年続いてることから、三度三度の食事の用意はすっかり慣れました。最近は自ら炙るヤキトリとオクラに嵌っています。日本酒にはヤキトリが合います。また、ミネラル豊富なオクラも好物です。ネバネバするオクラには血圧安定と整腸作用があるといわれてます。年齢を重ねて大切なことは1、栄養摂取、2、筋肉維持、3、社会参加と考えられます。

 
Since I have been living alone for 14 years, I got used to prepare every meals. Recently I've been fascinated by Yakitori that I bake and raw okura. Yakitori matches Japanese sake. And okra that is rich in minerals is also my favorite. It is said that the effect of sticky okra has blood pressure stability and intestinal operation. The important things with age are considered such as 1, nutrition intake, 2, muscle maintenance, 3, social participation.

Photo
 

| | コメント (2)

2019年1月11日 (金)

オカリナの 素朴な調べ こだまする

今日の午後、倉賀野のオカリナの人たちによる練習会が私の家で行なわれます。お茶の時間は山小屋風の三階で開きます。時には雰囲気の異なる部屋で寛ぐのもいいでしょう。これから掃除して不足する椅子も運びます。


A practice session by Ocarina of Kuragano will be held at my house this afternoon. The time of the tea opens on the third floor of a mountain hut style. Sometimes it is good to relax in different room. From now on, I will carry the chairs that is shortage after cleaning.
 
P1070202
 

| | コメント (0)

吾妻峡 橋の建設 儘ならぬ

P1070183


先日、私は八ッ場ダム工事の進捗状況を見学しましたが、その前にダムの下流域にある吾妻渓谷を散策しました。この渓谷はかなり深いので橋桁が建てられません。このため、橋が崩落しないように片方の崖からご覧のように補強されてます。私はこの橋の上から遥か下の渓谷を覗いたり、対岸へ行きました。今夏は吾妻渓谷の素晴らしさをもっと知るため改めて散策したい。

The other day I observed the progress of the Yamba-dam construction, but before that I strolled around the Agatsuma Valley in the downstream area of the dam. This valley is quite deep so that it is impossible to build a bridge girder. For this reason, as you can see, the bridge is reinforced from one side of the cliff so as not to collapse. I looked down at the deep valley from the top of this bridge and went to the other side. I would like to take a walk again this summer to know more about the splendor of the unfathomable chasm.

P1070184
 
千尋の谷を跨ぐ橋の全貌です。拡大してご覧ください。付近には野生のサルがいるので橋の名は「さるはし」です。

This is the whole picture of the bridge straddling the unfathomable chasm. Please enlarge and see. Because there are wild monkeys in the vicinity, so that the name of the bridge is "Monkey bridge".

P1070182 
 

| | コメント (2)

2019年1月10日 (木)

八ッ場ダム 渓谷残し 胸なで下ろす 

P1070189【完成間近な八ッ場ダム本体工事】・・・拡大してご覧ください。

 
 一年ぶりに「八ッ場ダム」工事の進捗状況を見学するため、先日愛車を走らせました。実は15年ほど前から、私は吾妻脳神経外科のK医師と親交があり、血圧管理の指導を戴いてます。この日も、二ヶ月ぶりに診察を受けることから、折角、近くまで来ており、午後に診察を受ける予約をし、診察の前に八ッ場ダムの工事現場に行きました。
 
 先ず、遠方から眺めても、稀に見る巨大なダムであることに驚きます。一般人が工事を見学する場所は二か所あり、それは北側の高台と、今回、私が見学した南側の見学広場です。しかし、こちらは志賀草津への幹線から離れることから賑わいある対岸の北側に比較し、この日、見学者は私一人でした。
 
P1070193 【対岸・北側のダム見学地】
 
 カメラは望遠でズームアップし、対岸の見学地を撮りました。しかし、対岸まで推定1㎞程あり、肉眼では人の姿が見えないほどです。一方、深さは元々、吾妻峡の上流であることから、その様相は千尋の谷です。何と言っても深い底に驚きます。故に、ダムの高さは116mあり、もし、平地でこの高さを想像してみると高崎市役所より高く、その幅は比較になりません。
 
 ダム本体の設置場所は湖水予定地より、対岸同士が比較的近くに突き出ていてもダムの堤の長さは290mです。近未来の満水時には吾妻川上流の長野原方面まで水が溜まることから、もしかして榛名湖や赤城山の大沼より広大にして長い湖になるかもしれません。こうなれば群馬県一の人造湖です。
 
P1070191【八ッ場大橋】
 
 湖水予定地には既に大きな橋が三本架かっており、現在、対岸同士は自由に往来できる状況です。湖底には以前に川原湯温泉がありました。この付近の住民は既に両岸の高台に移住し、将来を見込んで民宿をしてる家も見受けられます。ダム完成の暁には雄大な湖水を眺めつつ、宿泊するのも楽しいのではないかと頭をかすめます。
 
 前述の通り、草津へ行く幹線が通ってる北側には蕎麦屋や道の駅があって賑わっていても、宿泊するには南側の方が静寂さが佇み、実は、JR川原湯温泉駅が南側にあります。ですから、電車で行けば高崎駅から直通で1時間20分ほどで到着し、車でなくとも便利でしょう。
 
P1020245【川原湯温泉駅】
 
 私が今回のダム工事見学で、最も安心したことは有名な「吾妻渓谷」の険しく美しい流れが下流域に推定4Kmほど自然のまま現存してることです。この景観は見事であり、群馬県民で、ここを歌った「耶馬渓しのぐ吾妻峡」という「かるた」を知らない人はいません。皆、小学生時代に習います。今回、私も時を遅くしてじっくり吾妻渓谷を高所より眺めましたが、正に千尋の谷でその自然美に惹きつけられます。夏のハイキングに秋の紅葉狩りに、次回は本格的に散策したいと思います。
 
P1070185 【吾妻渓谷】
P1070184
 
 ただ、谷に転落すれば命の保証はありません。それほど深く、また、両岸は鋭く切り立った岩の連続です。谷底の水の青さに自然が織りなす紅葉や楓が覆い被さり、ダム完成後のシーズンには見学者で賑わうでしょう。
 
 ダム建設否かに半世紀以上に亘る紆余曲折があっても、住民の移転はほぼ終了し、群馬が誇る「吾妻渓谷」の残存を確認し、為政者は群馬の自然を大切に残し、国民のため計画した一大事業であることに胸をなでおろします。
 
P1070200【高さ100mほどの八ッ場大橋を通過】
 
 歴史を振り返れば、戦後間もない時期に群馬県を襲ったカスリーン台風は県民の命を592人奪い、家屋の流失・倒壊は1936戸に達し、それは河川の氾濫によるものが殆どで、中でも利根川流域に多大の爪痕を残しました。この利根川の上流河川の一つが鳥居峠を水源とする一級河川・吾妻川です。その長さは76.1㎞。
 
 それ以来、国を挙げてのダム建設は一時、民主党政権時代に計画が倒れかけても、再度、建設の機運が高まり、今や完成は目前です。
 
 八ッ場ダム建設の目的は群馬県はもとより、関東一円の人々に1、洪水調節、2、流水の正常機能の維持、3、新規都市用水の供給(水道・工業用水)、4、一万七千kwの発電です。
 

| | コメント (2)

2019年1月 9日 (水)

日食の 後はすまして 三日月に 

P1070201

3日前に日食の原因を作った月が、今宵は三日月となって南西の空に出てます。月は1日に12°東に移動するので地球から見て太陽とは既に36°離れました。右下が光ってますが、南半球から見ると左下が光ります。インドあたりで見るとお椀の舟のように下が光って見えます。月までの距離は38万Kmあり、もし地球を月まで転がすと9.5回転です。次の新月は2月5日なので内モンゴルや中国などアジア各地ではこの日が旧暦のお正月です。

The moon that made the cause of the solar eclipse three days ago becomes crescent moon in the southwestern sky tonight. As it moves to east 12 degrees a day, it already got 36 degrees away from the sun as seen from the earth. The lower right glows, but the lower left glows when viewing from the southern hemisphere. Looking around in India, the bottom is lighting like a bowl of boat. The distance to the moon is 380,000 Km, so if we roll the earth to the moon, it will be 9.5 times rolled. The next new moon is February 5 so that the New Year's Day of lunar calendar is at this day in various parts of Asia such as Inner Mongolia and China.

 

| | コメント (2)

2019年1月 8日 (火)

吾妻峡 谷底深く 吸い込まれ

P1070184【耶馬渓しのぐ吾妻峡】

 
橋の上から青い水面までは70mほどの深さです。遥か下の谷底は想像絶する深さです。今日は八ッ場ダム工事の進捗状況を知るため黄色い車を走らせました。また、その下流の険しい吾妻渓谷を見学しました。群馬県民でありながら、きちんと見学したことが無かったので真っ青な渓谷の素晴らしさに驚くと共に、巨大なダムが完成しても吾妻渓谷が残存することを知りました。拡大してご覧いただくと臨場感が出ます。
 
It is about 70 m deep from the top of the bridge to the blue water surface. The far bottom valley is an unimaginable depth. Today I drove the yellow car to know about the progress of the Yamba Dam construction. Also, I went to see the steep ridge of Agatsuma Valley where is downstream of the huge dam. Despite being a person in Gumma prefecture, I was surprised by the splendor of a pure blue valley because I had never properly observed it, and I also learned that Agatsuma Valley remains even when the dam is completed. Enlarging the photo will give you a sense of realism.
 
P1070186 【Audi TT Quattro】

 関越自動車道をよく走りましたが、黄色で目立つからでしょうか、後ろからパトカーが近づいて来たので、捕まったかと思いましたが、無事に難を逃れました。

It ran well in the Kan- etsu highway. However, because this is a conspicuous yellow car, the police car approached from behind. At that time I thought I was caught, but fortunately I escaped the difficulties.
 
 

| | コメント (2)

もうすでに 春への準備 君子蘭 

君子蘭のルーツは南アフリカなので寒さに弱いです。南の廊下は日当りが良くて温室のようです。最初は隣から戴いた1本の君子蘭がご覧のようにたくさん増えました。土が乾いたら水をやります。既にすべての君子蘭に蕾が出てきました。1月末に咲く気配です。庭の梅「思いのまま」の蕾も膨らんでます。人間には寒い冬でも植物は着々と春へスタンバイしてます。

The ancestry of Kaffir lily is South Africa so weak in cold climate. The corridor in the south seems to be a sunny and greenhouse. At the beginning, the Kaffir lily was one pot presented from the neighbor has increased as much as you see. I will water when the surface of soil dries. All the kaffir lilies have already buds. It is a sign that blooms at the end of January I guess. Buds of red and white plum in the garden are swelling as well. For humans, even in the coldest winter, plants steadily prepare for spring the same as me. Oh, it is a meaningful remark isn't it!
 
Photo
 

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

太陽高度は冬至より高くなってる小寒

P1020598【既に芽を出してる水仙】

 
 新年も早1週間経ち、昨日は小寒、今日は七草です。子供の頃、母が七草雑炊を振るまってくれたことが懐かしく思い出されます。お正月で飲み過ぎたり、食べ過ぎたりして疲れた胃を回復するための先人の知恵なのでしょう。
 
 寒冷の今朝、庭を観察したら、ご覧の通り、幾本ものスイセンが芽を出しており、私たちの季節到来とばかり、寒さに震える人間に早くも春の到来を知らせています。
 
 なるほど日没時刻に関しては12月7日辺りが最も早く、16時28分でしたが、1ヶ月経過した今日は16時44分と、既に16分も日が伸びてます。一方、日の出に関しては今日あたりが一年で最も遅くて6時56分です。【群馬県】
 
 それでも全体的に日照時間は伸びてます。また、太陽高度も高くなりつつあり、あるいは、地中の温度がほんの少し上がり、それを感知してか、スイセンのみならず、梅の蕾も膨らみ、日当りのよい廊下に入れてある10本の君子蘭はすべてに蕾が出始めてます。これらの植物にとって春はもう到来しているのです。
 
 因みに正午の太陽高度について冬至は30.2°、本日1月7日は31.2°、6月22日の夏至は77°となり【国立天文台】、夏至の太陽は冬至の2倍以上の高さになります。
 
Dscf0371【室内の君子蘭の蕾】
 
 この勢いでは君子蘭は大寒には咲くでしょう。おそらく今月末には花盛りと推測できます。人間にとって、これから厳寒の季節であるのに、これらの植物は春を先取りする強い気迫を啓示してます。
 
 「冬来たりなば春遠からじ」はイギリスの詩人Shelleyの一節で、原詩はIf winter comes, can spring be far behind? です。「冬が来れば、もう春は遠くない。」ですが、今は不幸な状況でも、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡って来るという教えです。まるで、現在の私の心境を歌ってるかの如くです。
 
 ところで、季節の移り変わりの原因は、地軸の傾きが23°26′21″であることに起因します。地球はこの角度で傾いたまま公転を続けることから、見かけ上、太陽高度が上下します。また、日の出、日の入りは時刻が変わるとともに、その場所の角度の差はおよそ46°です。
 
Photo【水沢山山頂からの日の出】・・・友人・故Samuel Toddさん撮影
 
 現在、地球から見た太陽の背景にある黄道十二星座は「射手座」です。日本でこれを確認するのは難しくても、広大な砂漠地帯であれば靄が無く、空気が澄み、太陽が昇る直前の東の空、及び太陽が沈んだ直後の西の空に、これらの星座が見えることから紀元前の人々は太陽の背景の星座を知り、季節がそれと結びついてることを把握してたと想われます。
 
 地球から見る現在の太陽の位置は赤経19hです。つまり19h×15°=285°で太陽は昨年の春分の日から黄道上を285°東へ移動しました。
 
 昨日は暫くぶりに部分日食がありましたが、今日はその太陽を隠した月が上弦の月として夕方西の空に細く出ます。
 
 ところで、今朝はブログを6時から書き始め、途中、地元倉賀野小学校で三学期が始まるので子供たちの安全を願い、登校時巡回パトロールをし、その後、矢中食堂で朝食をとり、ブログの後半を書いてます。皆さん、明日から日の出が一分ずつ早まります。日没も一分ずつ遅くなります。植物に比較して人間は寒さに弱い生物です。このため、夜間を温かくして過ごすことが健康につながります。
 
 

| | コメント (2)

2019年1月 6日 (日)

日食で 浮いてる地球 感じよう 

今日の午前中に部分日食が起こると言われ、その時間は群馬県では8:42に始まり、10:04に最大となり、11:35に終わるそうです。日食とは太陽と地球の間に月が入る天体現象です。しかし、太陽までの距離は月の400倍も遠いです。日食は新月のときに起こりますが、両者の軌道は約5.1°異なるので、交点では皆既日食になり、交点に近いときは部分日食が起こります。目を傷めないようにして下さい。

It is said that a partial solar eclipse will occur in this morning in Japan, the time is as follows. it will start at 8:42 in Gumma Prefecture, will be the largest at 10: 04, and will end at 11: 35. A solar eclipse is a celestial phenomenon that the moon enters between the sun and the earth. However, the distance to the sun is 400 times remote than to the moon. Although the solar eclipse occurs at the new moon, but the orbit of the two differs by about 5.1 °, so that at the intersection it becomes a total solar eclipse and near the intersection, a partial solar eclipse occurs. Please do not damage your eyes.
 
P1070181_3拡大してください。】
  

| | コメント (2)

2019年1月 5日 (土)

誇るのは 先ずは温泉 群馬県 

P1020380


今年になって初めて「榛東温泉」へドライブを兼ね入浴してきました。お湯は焦げ茶色で伊香保温泉に似てます。ご覧の山は近くに聳える榛名山の水沢山で、フェイスブックの最初の写真も同じ山です。数年前、榛名山の「雌岳」からこの山を見たとき誠に感銘しました。この山は角度を変えてみると三角錐だからです。山頂からは榛名富士と共に本当の富士山も見えます。
 
P1040314

It is the first time for me to take a bath at "Sinto Spa" since the new year. Going to this spa gave me a pleasure as a drive as well. The hot water of the spa is dark brown so that it resembles Ikaho Spa in color. The photo as you see is Mizusawa mountain of Mt. Haruna where it stands near here. The first picture of this facebook is the same mountain. When I saw this mountain from the summit of "Medke" of Mt. Haruna in several years ago, I was deeply moved. Because we see this mountain from a different direction, it is a triangular pyramid. From the top, you can see Haruna-Fuji and at the same time the real Mt. Fuji is visible that is one of the symbols of our nation.
 
P1020381
 

| | コメント (5)

2019年1月 4日 (金)

ふくらはぎ 強靭めざし 日々鍛え 

P1020453


いつまでも健康な足を維持するには意識して脹脛内のヒラメ筋とアキレス腱を鍛えます。鍛えるとは伸縮の両方です。どちらも膝を伸ばしたまま行ないます。壁や椅子に掴まると伸ばしやすいです。1回は10秒ほどです。左右交互に数回します。縮めるには踵の上下運動です。これはキャフレイズといいます。比較的ゆっくり50回ほど行います。まとめとして階段の上り下りが同時に大腿部も鍛えられ効果的です。また、普段から少々大股で歩きます。

In order to maintain healthy legs forever, we must train the soleus muscle and the Achilles tendon inside the calf consciously. To train is both expansion and contraction with stretching the knees. It is easy for us to stretch it as we touch a wall or chair. One set is about 10 seconds. We alternate left and right legs several times. It is up and down heels movement for contraction. This is called "calf-raise". It is effective to exercise relatively slowly about 50 times. As a summary, Up and down movement using staircase as you see is effective at the same time for our thighs. When walking, it better to stride a little in daily life.
 

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

一年が12ヶ月あるのは何に起因するか考える

Photo【いて座】・・・地球から見た現在の太陽の位置

 
 新しい年2019年、平成31年を迎え、平素、静まり返ってた我が家も誠に賑わってます。娘たち家族が年末から泊りがけで実家である私の家に来て、連日連夜、祝杯を挙げてるからです。大晦日には私も含め全員で倉渕の相間川温泉で一年の疲れを癒しました。
 
 多くの外国ではクリスマスが盛大であっても、昔から日本人にとって、お正月は一年でも最も楽しく家族が憩う習慣が根づいてます。しかし、現在と異なることは一月一日の時季です。明治5年まで日本は太陽太陰暦を採用してたことから、現在の2月上旬から中旬にかけての頃が1月1日でした。この頃になると日の出が早まり、自然界でも日差しが高くなり、草花の芽が顔を出して伸び始め、小鳥のさえずりも幾分か活気を感ずるようになります。今年、旧暦の1月1日は現行暦で2月5日の新月の日です。
 
 元旦に戴いた年賀状にも、「迎春」、「新春のお慶び」などの挨拶が多く見られます。しかし、季節はこれから小寒、大寒と年間で最も厳しい寒さを迎えます。つまり、これから真冬が来るのに、何故、春という言葉が使われるのか、子供の頃より不思議に感じてました。
 
 私の想像では、これらは江戸時代から明治初めまで年頭の挨拶として使われた名残が145年経過した現在でも脈々と受け継がれている言葉です。しかし、これは時季外れになります。同様に、江戸時代の七夕は7月7日であったことが、日にちだけそのまま受け継がれ、これは大変な天文学的な間違いになってしまいました。
 
 こちらも現在の太陽暦のままで7月7日のみを受け継いでしまいました。これは本来「こと座」のベガ【織姫星】と「わし座」のアルタイル【彦星】が日本の頭上に来て、しかも、月の満ち欠けが7日目で「お椀の舟」の形となる1年に一回の巡り合わせの日です。それにもかかわらず、現在はその光景を一切無視し、太陽暦の7月7日に行うことから、あるいは地方によっては月遅れの8月7日に行なうことから、夜空はそのロマンチックな「天の絵巻」を成してません。こちらも145年経過しても変えようとする動きはなく、この分野の日本の指導者はどうなってるのか疑問に感じてしまいます。
 
P1030277【高崎市と遠望は武尊山2158m】牛伏山山頂より、拡大してください
 
 正月を迎え、私は暦について改めて考えてます。何故、人類の先達は今の時季を1年の始まりに決定したか、これについて私は最近も記述した通り、秒速およそ29㎞で反時計回りに公転してる私たちの地球が、全天第一位の明るさを放つ「太陽」と全天第二位の明るさを放つ「シリウス」を線で結んだ位置にゴールする日であり、再度、出発する日であることを認識してます。ですから一月一日は天文学的に大きな意味を持つと考えてます。
 
 一方、タイトルの如く、「一年が何故12ヶ月である」かについては、日常の社会生活ではあまりにも当たり前のことで、生来考えることもありませんでしたが、本当のところ、これは何に起因するかを正月であることから改めて考えます。
 
 紀元前、特に、中近東にいた人類の祖先は、常に天体の動きに一定の法則を見出し、その一つが太陽の軌道である黄道の遥か背景に個性ある姿をしてる星座たちに名前を付け、太陽がその星座の前を通過する度に、季節が変化し、毎年その星座が同じ季節であることを突き止めたのでしょう。現在と異なり、空気が澄んでいた紀元前では星は恰も降かの如く、星座たちが明瞭に見えていたと想像できます。拙い体験でも、ネパール・カトマンズ郊外で見た星空と内モンゴル高原で見た星座は誠に小さな星まで肉眼ではっきり見えます。このため、紀元前の人々は「星座の動きと季節の移り変わり」について、その結びつきを体験的に認識していたと考えられます。
 
 現在でも、地球から見て黄道上の遥か背景に並ぶ特異な形を成す星座は1、やぎ座、2、水瓶座、3、魚座、4、おひつじ座、5、おうし座、6、双子座、7、蟹座、8、獅子座、9、乙女座、10、天秤座、11、さそり座、12、射手座がほぼ等分に並んでます。
 
 この黄道十二星座は、地球の地軸の傾きが千年単位程の長期で多少変化することから、太陽の背景にある星座が変わり、時季がずれます。このため、当時と現在では多少異なってます。例えば、紀元前の冬至に太陽は「やぎ座」の方向にあったといわれます。しかし、現在の冬至に太陽は未だ「さそり座」近くにあります。これが原因で、現在でも南回帰線のことをthe Tropic of Capricornといわれるのは紀元前の名残と考えられます。私は現在でも一年が十二ヶ月に分かれてる起源は、これら黄道上の遥か彼方に季節を示す十二星座が並んでいることに起因すると考えてます。
 

| | コメント (3)

2019年1月 2日 (水)

山小屋風 浮世を離れて 憩う客

私の家は、一見、和風造りの二階家です。しかし、屋根が大きいことから天井裏に空間が生じ、内装を施したら山小屋風になりました。初日の出はここからよく見えます。西の窓からは浅間山や榛名山がよく見えます。今年はこの部屋を有効利用したいと考えてます。今まではレース鳩が長い時間飛ぶように窓から旗を掲げてました。今度はお客さんをここに通し、景色を見ながらお茶を入れ、歓談したいです。

 
At a glance, my house is a two-storied house with a Japanese style. However, there is a large space under the roof, so that a wide space was created behind the ceiling. And when the carpenter decorated the interior, it became a mountain hut style. The first sunrise this year was visible from here. I can see Mt. Asama and Mt. Haruna from the western window. I hope to make effective use of this room this year. Until now, I hoisted a black flag from the window so as to fly racing pigeons for a long time. Next time, I will invite visitors here from NZ to chat and give them some tea while watching the splendid mountainous scenery.
 
P1070178 【初日の出はここで見る】
 

| | コメント (4)

2019年1月 1日 (火)

2019年は平安な心で過ごしたい

P1070167_2【今朝7時55分に国際宇宙ステーションから送られてきた太平洋上の日の出です。】

 
皆さま、2019年、平成31年です。明けましておめでとうございます。昨年はブログを通じて楽しい交流を有難うございました。本年もお互いに健康をモットーとし、そして得意な分野をより発展させましょう。今年も交流をお願い申し上げます。
 
Everyone, 2019 year, Heisei 31 year has come. Happy new year. I appreciate your fun exchange through blog last year. Let's develop our health and further develop the special fields each other this year. Please exchange this year as well.
 
 
P1070177 【我が家の3階から見た初日の出です。】

1月1日午後4時より家の前の道を20往復ウォーキングしました。片道50mなので2㎞です。1000mを過ぎると背中が汗ばんできます。今年は散歩の感覚から抜け出し、スポーツウォーキングとして、あくまで有酸素運動を心掛けたい。

I walked back and forth twenty times on the path in front of my garden, from 4 pm on January 1. It is totally 2 km because it is 50m one way. My back sweats a little bit after 1000 m. This year, I will keep sports walking in my mind as aerobic exercise, getting out of the feeling of strolling. 
 
P1020981【1往復したら石を隣へ・端から端までで1000m】
 

| | コメント (6)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »