« 日食で 浮いてる地球 感じよう  | トップページ | もうすでに 春への準備 君子蘭  »

2019年1月 7日 (月)

太陽高度は冬至より高くなってる小寒

P1020598【既に芽を出してる水仙】

 
 新年も早1週間経ち、昨日は小寒、今日は七草です。子供の頃、母が七草雑炊を振るまってくれたことが懐かしく思い出されます。お正月で飲み過ぎたり、食べ過ぎたりして疲れた胃を回復するための先人の知恵なのでしょう。
 
 寒冷の今朝、庭を観察したら、ご覧の通り、幾本ものスイセンが芽を出しており、私たちの季節到来とばかり、寒さに震える人間に早くも春の到来を知らせています。
 
 なるほど日没時刻に関しては12月7日辺りが最も早く、16時28分でしたが、1ヶ月経過した今日は16時44分と、既に16分も日が伸びてます。一方、日の出に関しては今日あたりが一年で最も遅くて6時56分です。【群馬県】
 
 それでも全体的に日照時間は伸びてます。また、太陽高度も高くなりつつあり、あるいは、地中の温度がほんの少し上がり、それを感知してか、スイセンのみならず、梅の蕾も膨らみ、日当りのよい廊下に入れてある10本の君子蘭はすべてに蕾が出始めてます。これらの植物にとって春はもう到来しているのです。
 
 因みに正午の太陽高度について冬至は30.2°、本日1月7日は31.2°、6月22日の夏至は77°となり【国立天文台】、夏至の太陽は冬至の2倍以上の高さになります。
 
Dscf0371【室内の君子蘭の蕾】
 
 この勢いでは君子蘭は大寒には咲くでしょう。おそらく今月末には花盛りと推測できます。人間にとって、これから厳寒の季節であるのに、これらの植物は春を先取りする強い気迫を啓示してます。
 
 「冬来たりなば春遠からじ」はイギリスの詩人Shelleyの一節で、原詩はIf winter comes, can spring be far behind? です。「冬が来れば、もう春は遠くない。」ですが、今は不幸な状況でも、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡って来るという教えです。まるで、現在の私の心境を歌ってるかの如くです。
 
 ところで、季節の移り変わりの原因は、地軸の傾きが23°26′21″であることに起因します。地球はこの角度で傾いたまま公転を続けることから、見かけ上、太陽高度が上下します。また、日の出、日の入りは時刻が変わるとともに、その場所の角度の差はおよそ46°です。
 
Photo【水沢山山頂からの日の出】・・・友人・故Samuel Toddさん撮影
 
 現在、地球から見た太陽の背景にある黄道十二星座は「射手座」です。日本でこれを確認するのは難しくても、広大な砂漠地帯であれば靄が無く、空気が澄み、太陽が昇る直前の東の空、及び太陽が沈んだ直後の西の空に、これらの星座が見えることから紀元前の人々は太陽の背景の星座を知り、季節がそれと結びついてることを把握してたと想われます。
 
 地球から見る現在の太陽の位置は赤経19hです。つまり19h×15°=285°で太陽は昨年の春分の日から黄道上を285°東へ移動しました。
 
 昨日は暫くぶりに部分日食がありましたが、今日はその太陽を隠した月が上弦の月として夕方西の空に細く出ます。
 
 ところで、今朝はブログを6時から書き始め、途中、地元倉賀野小学校で三学期が始まるので子供たちの安全を願い、登校時巡回パトロールをし、その後、矢中食堂で朝食をとり、ブログの後半を書いてます。皆さん、明日から日の出が一分ずつ早まります。日没も一分ずつ遅くなります。植物に比較して人間は寒さに弱い生物です。このため、夜間を温かくして過ごすことが健康につながります。
 
 

|

« 日食で 浮いてる地球 感じよう  | トップページ | もうすでに 春への準備 君子蘭  »

季節の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

冬たけなわの今日この頃、つい口に出るのが「冬来りなば春遠からじ」(If winter comes, can spring be far behind? )という言葉。「冬来(き)たりなば」を、「冬来(き)なば」という言い方をしていました。これだと「冬来(き)なば春遠からじ」となり、「冬来(き)なば春遠からじ君子蘭」と俳句になりやすい。正確には反語的疑問文を流麗な詩的な平叙文にしているのがすごい。
春よ来い!早く来い!!。

投稿: 福寿草 | 2019年1月 8日 (火) 10時50分

福寿草さんへ・・・コメントを戴いた頃、私は吾妻にいた時間になります。15年ほど前から吾妻の病院へ2ヶ月に1度行ってます。
医師が以前の生徒の保護者である関係でずっと診て戴いてます。
さて、昨日は楽しいひと時を過ごせました。感謝です。ずっとお世話になってることから、いつか奥様に直接お礼を申し上げます。

投稿: カッキー | 2019年1月 8日 (火) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日食で 浮いてる地球 感じよう  | トップページ | もうすでに 春への準備 君子蘭  »