« 4月から海外日本人学校へ派遣される先生へ | トップページ | 春近し いかにせよとの この頃か »

2019年2月22日 (金)

成長期 椅子での生活 有利でしょう

近年は生活様式がすっかり変化し、昔のように畳の部屋で正座したり、胡坐をかくことがなくなりました。先日、倉賀野町内で新年会があり、畳の部屋だったので長い足が疲れてしまい、お酒を美味しく飲めませんでした。足の健康のために、またロコモ対策として椅子を使う生活が正しいかもしれません。子供たちの背を欧米人のように高くするには正座でなく、椅子が良いと考えます。生活様式も子供たちの健やかな成長を第一に考えたい。

 
In recent years the way of life has changed completely in our nation, As in the past, sitting in a tatami room or sitting by cross legged is gone. The other day, there held a New Year 's party at Kuragano-town, it was a tatami room, as the result, my long feet got tired and I could not drink liquor deliciously. For the health of our feet, using a chair may be correct for the health of our legs and anti-locomotive syndrome countermeasure. Particularly In order to raise the children's stature high for the same level as Westerners, I think that the using chair life is more effective and healthy against sitting on tatami-mat.
 
P1020853
 
We should think about the children's healthy growth first.
 
P1070111
 
 

|

« 4月から海外日本人学校へ派遣される先生へ | トップページ | 春近し いかにせよとの この頃か »

生活様式の変化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月から海外日本人学校へ派遣される先生へ | トップページ | 春近し いかにせよとの この頃か »